初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ベントレー新型コンチネンタルGTC 2018年中にフルモデルチェンジか!価格やスペックと発売日は?

ベントレーの高級スポーツカー「コンチネンタルGT」のオープンモデル「コンチネンタルGTC」が、2018年内にフルモデルチェンジを行うという情報を入手しました!新型コンチネンタルGTCは開閉式ソフトトップを採用しているようですが、デザインはコンチネンタルGTを引き継いでいます。ベントレー新型コンチネンタルGTCのスパイショットやスペック、価格、発売日などの予想と最新情報をまとめています。

【最新情報】ベントレー コンチネンタルGTCが新型へフルモデルチェンジか!

ベントレー コンチネンタルGTCの新型プロトタイプ

英ベントレーの高級スポーツカー「コンチネンタルGT」のオープンモデル「コンチネンタルGTC(コンチネンタルGT コンバーチブル)」が、フルモデルチェンジを計画しているようです。
3代目となる新型コンチネンタルGTCのベースには、2017年12月に日本初公開された、3代目の新型コンチネンタルGTが用いられています。

ベントレー新型コンチネンタルGTCのスパイショットやスペック、価格、発売日など、予想と最新情報をまとめました。

ベントレー 新型コンチネンタルGTについての記事はこちら

ベントレー新型コンチネンタルGTCのエクステリア(外装)

ベントレー新型コンチネンタルGTCのフロント

ベントレー新型コンチネンタルGTCのサイド

ベントレー新型コンチネンタルGTCのリア

画像は、極寒の北極圏でスクープされた新型コンチネンタルGTCのプロトタイプです。
ボディはほとんどカモフラージュされておらず、青と黒のシンプルなカラーに包まれています。

全体的なデザインは、開閉式ソフトトップを採用しているという点以外、3代目の新型コンチネンタルGTとほとんど同じだといってもいいでしょう。

ベントレー新型コンチネンタルGTCのインテリア(内装)

新型コンチネンタルGTの内装

スパイショットでは、新型コンチネンタルGTCの内装は撮影されていません。
海外報道によると、新型コンチネンタルGTCの内装には、希少で高価なウッドパネルなど、厳選された最高級の素材が用いられるといいます。

ベントレー新型コンチネンタルGTCのスペックは?

ボディサイズ

新型コンチネンタルGTCのボディは、現行型よりも大きくなり、新型コンチネンタルGTとほぼ同じサイズになることが予想されます。
参考までに、新型コンチネンタルGTのボディサイズは全長4,850mm、全幅1,954mm、全高1,405mm、ホイールベース2,851mmです。

エンジン・スペック

新型コンチネンタルGTCのパワートレインには、6.0LのW型12気筒ツインターボエンジンが搭載されるといいます。
現行型も6.0LのW12ツインターボを搭載していますが、新型に搭載されるエンジンは、新型コンチネンタルGTと同じものなので、出力・トルク共に大きくパワーアップしているはずです。

その最高出力は635PSを発揮し、フルタイム4WDシステムと組み合わさることで、0-100km/h加速は約4秒(現行型4.5秒)というタイムを記録するでしょう。

参考:新型コンチネンタルGT、現行型コンチネンタルGTCのボディサイズ・エンジンスペック

新型コンチネンタルGT現行型コンチネンタルGTC
全長4,8504,820
全幅2,187(ミラー開)
1,954(ミラー閉)
1,945
全高1,4051,400
ホイールベース2,8512,745
車両重量2,2442,530
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
新型コンチネンタルGT現行型コンチネンタルGTC
エンジン種類W型12気筒DOHC
ツインターボ
W型12気筒DOHC
ツインターボ
排気量6.0L6.0L
最高出力467[635]/6,000434[590]/6,000
最大トルク900[91.8]/1,350~4,500720[73.4]/1,800
トランスミッション8速DCT8速AT
駆動方式4WD4WD
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ベントレー新型コンチネンタルGTCの価格は?

新型コンチネンタルGTCの価格は、現行型コンチネンタルGTCおよび新型コンチネンタルGTよりも高くなることが予想されます。
参考までに、現行型コンチネンタルGTCは2,650万円、新型コンチネンタルGTは2,568万円の値段設定(税込)で販売されています。

ベントレー コンチネンタルの中古車情報

最新「コンチネンタル」中古車情報!

本日の在庫数 135
平均価格 939.5万円
本体価格 329.3〜3350万円
Pick up!
Pick up!

ベントレー コンチネンタルGTCとはどんな車?

現行型コンチネンタルGTC(コンチネンタルGT コンバーチブル)

コンチネンタルGTC※とは、ベントレーが製造・販売している高級2ドアオープンクーペです。
初代モデルは、2003年から販売されている2ドアクーペ「コンチネンタルGT」のオープンモデルとして、2006年に発売されました。
2代目となる現行型コンチネンタルGTCは、2代目コンチネンタルGTのオープンモデルとして2011年から販売されています。

コンチネンタルGTCの基本的なデザインやメカニズムは、開閉式のソフトトップであること以外、コンチネンタルGTとほとんど変わりませんが、オープン化に伴う補強材などの追加により、車両重量は増加しました。

パワートレインもコンチネンタルGTと同様に、6.0L W型12気筒ツインターボエンジンと4.0L V型8気筒ツインターボエンジンの2種類が用意されており、トランスミッションは8速AT、駆動方式は4WDのみの設定となります。

※現行型コンチネンタルGTCの正式な販売名称は「コンチネンタルGT コンバーチブル」です。

ベントレーのラインナップはこちら!

ベントレー新型コンチネンタルGTCの発売日は?

カモフラージュがほぼ外されたプロトタイプの状態からも、新型コンチネンタルGTCのワールドプレミアは、間近に迫っていると予想されています。
3月のジュネーブモーターショー2018では公開されませんでしたので、ニューヨークモーターショーやパリサロンなど2018年内の自動車ショーに期待しましょう。

MOBYでは、今後も新型コンチネンタルGTCの最新情報を追っていきます!

ジュネーブモーターショー2018についての記事はこちら

ベントレーの新型車に関連する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!