初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディ新型A6アバントがフルモデルチェンジで発売!レベル3の自動運転とMHEVを採用

2019年3月12日、アウディ新型A6 アバントが日本国内で発売されました。フルモデルチェンジによりマイルドハイブリッドとハンドル支援によるレベル3の自動運転も搭載しています。

【最新情報】アウディ新型A6アバントがフルモデルチェンジして発売

2019年3月12日、アウディ新型A6セダンおよび新型A6アバントが日本国内で発売されました。「A6アバント」はA6のステーションワゴンタイプです。

欧州では昨年2月にA6セダンが新型へフルモデルチェンジして発表。アバントもセダンのフルモデルチェンジ内容を踏襲するかたちで、デザインの変更やマイルドハイブリッドの搭載が行われました。

アウディ新型A6セダンについての記事はこちら

アウディ新型A6アバントのエクステリアデザイン(外装)

アウディ新型A6アバントは、ステーションワゴンでありながらクーペらしさも感じさせる、長いボンネットと緩やかに流れるルーフラインが特徴です。
エレガントかつスポーティで洗練されたデザインが表現されています。

シャープな形状のLEDヘッドライトや、ワイドになったフロントグリル、セダンモデルとは異なる専用デザインのテールライトを採用。細かい部分では、大型化したリップスポイラーや新デザインのエアダクトの採用、サイドミラーの位置変更が行われました。

また、新型A6セダンとは異なる専用デザインのテールライトなどが確認できます。

アウディ新型A6アバントのインテリアデザイン(内装)

アウディ新型A6アバントのコクピット

アウディ新型A6アバントには最新の12.3インチアウディバーチャルコックピットが採用されています。
ステアリンク奥の大型ディスプレイでは、メーター類や経路などが確認できます。

また、センターコンソールとインストルメントパネル内にもディスプレイが2つ搭載されています。
上部の10.1インチディスプレイはインフォテインメントおよびナビゲーション機能、下部の8.6インチディスプレイはコンフォート機能の操作やテキスト入力時に使用します。
この直感操作システム「MMIタッチレスポンステクノロジー」は、スマートフォンのような操作性とメニューが特徴です。

さらにアウディ独自のコネクテッドシステム「アウディコネクト」によりスマホと車を接続し、車の解錠や施錠も可能です。

アウディ新型A6アバントの前席

アウディ新型A6アバントの後席

アウディ新型A6アバントのインテリア(内装)は、新型A6セダン同様にシンプルさと使いやすさが追求されたデザインです。
後部座席にも十分なスペースが設けられており、十分なゆとりがあります。

基本バージョンに加えて、スポーツ、デザイン、デザインセレクション、Sラインスポーツパッケージの4つの仕様が選択できます。

アウディ新型A6アバントのボディサイズ

全長全幅全高
4,9401,8901,470
ホイールベース車両重量乗車定員
--5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

アウディ新型A6アバントのボディサイズは以上のデータの他は発表されていませんが、室内スペースは先代モデルよりも広くなっています。
また、新型A6アバントはホイールベースが延長されています。

ラゲッジスペースについては積載幅が1,050mm、容量は565~1,680Lと、十分な大きさです。

参考:先代A6アバントのボディサイズ

全長全幅全高
4,9551,8751,495
1,465(S line)
ホイールベース車両重量乗車定員
2,9101,740~1,890
1,770~1,920(パノラマサンルーフ装着車)
5
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

アウディ新型A6アバントのマイルドハイブリッドエンジンスペック・パワートレイン

アウディ新型A6アバントには、48Vのマイルドハイブリッドエンジンが搭載されています。
このマイルドハイブリッドシステムは、制動時に最大12kWのエネルギーを回生することができ、55〜160km/hの速度域でエンジンを停止した状態で走行可能です。
エンジンのスタート/ストップ機能も、22km/h以下の速度で作動します。

オリジナルのエンジンラインナップは、ガソリン(TFSI)とディーゼル(TDI)の2種類となりますが、日本に導入されるのは現時点ではガソリンのみ。

3.0L TFSIはターボチャージャー付きV6エンジンで、最高出力は250kW(340hp)、最大トルクは500Nmとなっています。
ちなみに、3.0L TDIは最高出力が210kW(286hp)、最大トルクは620Nmとなります。

また、トップグレードとして、ポルシェ「パナメーラターボ」の4.0L V型8気筒ツインターボエンジンを搭載する「RS6 アバント」の登場も期待されています。

アウディ新型A6アバントにはPHEVモデルも登場?

発表前、アウディ新型A6アバントにはPHEV(プラグインハイブリッド)モデルが登場するという予想が出ていました。
アウディのPHEVやEVラインナップ「e-tron」が、新型A6セダンやA6アバントに今後導入される可能性は高いでしょう。

ステーションワゴンとしては、A3 スポーツバックにe-tronがラインナップされていますので、新型A6アバントにも期待しましょう。

e-tronモデルのあるA3についてはこちら

アウディ新型A6アバントのカタログ燃費・実燃費

アウディ新型A6アバントの燃費は公開されていません。
エンジンラインナップの詳細が不明なため、新型A6セダンと同じエンジンが採用されると仮定すると、燃費は以下の通りです。

3.0TFSI3.0TDI
複合モード燃費14.0~14.9km/L17.2~18.1km/L
実燃費--

アウディ新型A6アバントの予防安全装備・先進技術

アウディ新型A6アバントには、通勤および長距離ドライブに適した広範囲のドライバーアシスタンスシステムが搭載されています。

標準装備として、エマージェンシーブレーキアシスト「アウディ プレセンスフロント」や、ナローロードアシスト付きアダプティブクルーズアシストを採用。
アダプティブクルーズアシストは前車との車間距離キープおよびレーンキープ、0km/h~250km/hではストップ&ゴー機能も利用できます。

また、新型A6セダンにはレベル3の自動運転が可能な自動運転機能「アウディAIトラフィックジャムパイロット」が搭載されることが発表されたため、新型A6アバントにも採用となるか注目です。

アウディ新型A6アバントのグレード構成と新車車両価格

アウディ新型A6アバント
55 TFSI quattro S line1,041万
55 TFSI quattro デビューパッケージ955万
[単位]円(消費税込み)

アウディ A6アバントの中古車価格

最新「A6アバント」中古車情報!

本日の在庫数 172
平均価格 300.2万円
本体価格 10〜778万円
Pick up!
Pick up!

【おさらい】アウディ A6アバントとは?

アウディ A6アバント(2016年)

A6アバントとは、アウディが製造・販売しているステーションワゴンです。
同社の高級4ドアセダン「A6」をベースとしており、初代モデルは1994年に発売されました。

新型A6アバントは5代目で、4代目アバントは日本国内で2012年から販売されていました。
4代目の日本仕様車のグレード構成は、標準のA6アバントが3種類に、ハイパフォーマンスモデルの「S6アバント」が1種類の全4種類のラインナップでした。
さらに、S6アバントをチューニングした最高峰モデルとして「RS6アバント」も登場しました。

4代目A6アバントに搭載されるパワートレインは、1.8L 直列4気筒ターボエンジンと2.0L 直列4気筒ターボエンジン、3.0L V型6気筒直噴スーパーチャージャー付きエンジンの3種類でした。

アウディ新型A6セダンについての記事はこちら

アウディ S6アバント/RS6アバントについての記事はこちら

この記事の執筆者

MOBY編集部この執筆者の詳細プロフィール

三度の飯より車が好きなMOBY編集スタッフは、新型車の最新情報から各種イベントの取材記事まで幅広く皆さまにお届けしていきます!...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!