初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX

2017年12月14日にモデルチェンジしたスズキ新型スペーシア。それを迎え撃つは軽トールワゴンで販売台数トップを独走するホンダ N-BOX。どちらも新規プラットフォームを採用し、本気で作り上げた軽トールワゴンです。今後、トップの座をかけて激しい争いを繰り広げるであろうこの両車を徹底比較していきます。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】徹底比較!

スズキ新型スペーシアはどんな車?

新型スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ

スズキ新型スペーシアの発売日

新規プラットフォームを採用し、軽量化と衝突安全性を高め、室内空間のさらなる拡大させた2代目スペーシアは、2017年12月14日に発売されました。
ハイブリッドシステムと予防安全装備にも改良が加えられ、大きく進化したのがスズキ新型スペーシアです。

新型スペーシアの開発コンセプト

「空間」を意味するスペーシからとった車名のとおり、スペース効率を優先し、家族で使える軽自動車を目指して開発されたスペーシア。
スーツケースをモチーフとして、一貫的かつ遊び心溢れるデザインコンセプトになっています。
2代目となる新型スペーシアではさらに、家族で使えることはもちろんのこと、開発コンセプトを「わが家のワクワクマシーン」として、遊び心溢れるデザインと、乗員対する細かな心配りが印象的な車に仕上がっています。

新型スペーシアの特徴

・高剛性、軽量化、衝突安全性の向上とともに、低床化による室内空間の向上させた新型プラットフォームの採用。
・乗員全員の快適性と利便性を向上させた優れたパッケージング。
・後退時のブレーキサポートやヘッドマウントディスプレイなど、軽自動車初となる充実した予防安全装備。
・モーターのみで走行できるようになり、飛躍的に性能を増したマイルドハイブリッドシステム。

ホンダ N-BOXはどんな車?

G・EX Honda SENSING モーニングミストブルー・メタリック

ホンダ N-BOXの発売日

ホンダ N-BOXは、成長著しい軽自動車市場のラインナップ拡大のために投入された軽トールワゴンです。
2017年9月1日に発売された2代目となるN-BOXは、事前受注ですでに2万5,000台の予約を受け付けており、月間販売計画は1万5,000台とされています。
その実力ある人気ぶりから2017~2018日本自動車殿堂カーオブザイヤーを受賞しています。

ホンダ N-BOXの開発コンセプト

初代N-BOXはホンダのミニバン技術を軽自動車に取り入れた「ミニ・ミニバン」を目指し、ホンダが持てる技術を軽自動車という小さな車体に凝縮して誕生した車です。
2代目となる現行型のN-BOXもその基本コンセプトを引き継ぎ「日本の家族のしあわせのために」ファミリーカーの新たなスタンダードとなるべく進化しました。

ホンダ N-BOXの特徴

・先進の安全支援システム「Honda SENSING」をホンダの軽自動車として初めて採用。
・先代N-BOXのコンセプトを継承し、さらに広い室内空間、存在感のあるデザインに進化。
・スライド量57cmのスーパースライドシートなど、人を中心とした使いやすい快適装備。
・新型プラットフォームの採用と、80kgもの軽量化。
・新開発のパワートレインによる優れた走行性能と省燃費性。

新型スペーシアとN-BOXの違いは?

新型スペーシア、N-BOXともに、軽トールワゴンの中でもスーパーハイトワゴンとして、軽自動車の限界までスペース効率を追求した車です。
両車とも2017年下期にモデルチェンジし、あらゆる面で改良が施され、これ以上ない快適性と経済性と走行性能が与えられた最新の軽トールワゴンの代表といえるでしょう。
非常に拮抗した性能を誇る両者の違いを挙げるとすれば、スペーシアはスズキが作った車で、N-BOXはホンダが作った車だということです。
つまり、「軽トールワゴンの完成型」をスズキとホンダのそれぞれのアプローチで造り上げたらこうなるということを形にしたのが、本記事でご紹介するスズキ スペーシアとホンダ N-BOXという車です。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】エクステリア(外装)比較

新型スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック

新型スペーシア

新型スペーシアは、初代スペーシアとは一転して、可愛らしい外観へと変更されました。
たくさんの人と荷物を積めるようにスーツケースをモチーフとした外観は、角を丸めた四角で構成される愛くるしいデザイン。
見た目からでも、その室内の広さを連想し、どこへ出かけようかとワクワクするような個性的なデザインに仕上げられています。

N-BOX

G・EX Honda SENSING プレミアムホワイト・パールII

G・EX Honda SENSING プレミアムホワイト・パールII

N-BOXの外観は、シンプルかつ、誰にでも受け入れられるデザインが与えられます。
初代ですでに完成されたデザインを与えられていたため、モデルチェンジでも外観を大きく変えることなく、ひと目でN-BOXとわかるよう軽いブラッシュアップに留められました。
しかし、中身を含めて、その構成部品の90%が新規開発というのですから、落ち着きのある外観とは裏腹に、その気合の入れようが伝わってきます。

より洗練されたデザインになったヘッドライトとリアコンビネーションランプはフルLEDで全車に標準装備となります。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】インテリア(内装)比較

新型スペーシア

HYBRID X 全方位モニター用カメラパッケージ装着車 ブラック内装

HYBRID X ベージュ内装

新型プラットフォームの採用で低床化と四隅まで実現し、広大な室内空間を実現したスペーシアは乗全員にゆとりのスペースを与えるよう配慮されています。
配置されるシートはまるで大きなソファーが二列並べているよう。
限り有る軽自動車の車内スペースに、極力圧迫感を廃した開放的な空間設計がなされています。
新型スペーシアのデザインの象徴ともいえる、スーツケースそのままの形をしたグローブボックスと、スーツケースの取っ手を模したドアグリップは、溢れんばかりの遊びごころを表現した部分です。
風量調整機能付きのエアコンルーバーや、上位グレードのHIBRID Xのオプションで選択できるスリムサーキュレーターといった快適装備は、広くなった車内の空調を整え、乗員全員が快適にすごすための嬉しい配慮がなされています。

車内の至るところに収納スペースが用意され、小物の収納場所に困ることはないでしょう。
広大な室内空間は大きな荷物も楽に飲み込めるうえ、使い勝手にも配慮されています。

N-BOX

G・L Honda SENSING

G・L Honda SENSING

「メカは小さく、人のための空間は大きく取る」とはホンダの車づくりの原点。
その思想にもとづいて造られるN-BOXの室内空間は全座席でくつろげる空間を有し、シートフレームにはセダン用のものが使用され、長距離運転でも疲れにくい快適な環境が整っています。
乗っているすべての人が気持よく過ごせる空間を目指したN-BOXのインテリアカラーは、ベージュとブラウンでまとめられ、落ち着きのあるリラックス&リフレッシュできる空間を演出します。

また、さまざまなシートアレンジで自転車もベビーカーも折りたたむことなく乗せられるユーティリティースペースを確保し、日常の使い勝手も考慮しています。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】ボディサイズ比較

スペーシアN-BOX
全長3,3953,395
全幅1,4751,475
全高1,7851,790
1,815(4WD)
ホイールベース2,4602,520
車両重量870〜920890〜1,000
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

両車ともに、軽規格を限界まで使い果たしたトップレベルのスペース効率を実現した軽トールワゴンだけあって、ボディサイズに大きな違いはありませんが、室内寸法はわずかにに違いが出てきます。
スズキの新型プラットフォームの低床化の恩恵で、スペーシアはN-BOXに対して室内高で10cmのアドバンテージ。
ホンダの「メカは小さく、人のための空間は大きく取る」M・M(マン・マキシマム/メカ・ミニマム)思想により、スペーシアよりもホイールベースがわずかに長いN-BOXはスペーシアに対して室内長に余裕があります。

新型スペーシアN-BOX
室内長2,1552,240
室内幅1,3451,350
室内高1,4101,400

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】エンジンスペック・パワートレイン比較

新型スペーシアN-BOX
NAエンジン
N-BOX
ターボエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHC
マイルドハイブリッド
直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc660cc
最高出力38[52]/6,50043[58]/7,30047[64]/6,000
最大トルク60[6.1]/4,00065[6.6]/4,800104[10.6]/2,600
モーター最高出力2.3[3.1]/1,000--
最大トルク50[5.1]/100--
トランスミッションCVTCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

スペーシアに搭載される、改良されたスズキのマイルドハイブリッドシステム「S-エネチャージ」は大容量のリチウムイオンバッテリーの採用と、出力が強化された発電機一体の駆動モーターにより、加速アシストトルクの向上と、アシスト時間が拡大し、よりパワフルな走行性能が与えられます。
さらにその改良により、モーターの力だけでのクリープ走行が可能になり、市街地や渋滞時などでの優れた省燃費性能を手に入れました。

N-BOXには、ハイブリッドシステムこそ装備されませんが、NAエンジンとターボエンジンのモデルが用意されます。
ターボエンジンは先代や他のNシリーズと共通で、電動化されたウェイストゲートで過給圧をコントロールし、ターボエンジンのネガティブ部分を感じさせないレスポンスの良いターボエンジンです。
そして、NAエンジンにはバルブリフトとタイミングを可変させるi-VTECを搭載しています。
ホンダの懐刀であるi-VTECを、ホンダの軽自動車初めて搭載する2代目N-BOXは、全回転域でのパワーアップを果たし、ターボエンジンと遜色のないドライバビリティを手に入れました。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】燃費比較

新型スペーシアN-BOX
NAエンジン
N-BOX
ターボエンジン
JC08モード燃費26.4〜30.024.2〜27.023.4〜25.6
実燃費---
[単位]km/L

燃費の違い

スペーシアとN-BOXの燃費性能はほぼ互角ですが、そのアプローチが違います。
スペーシアは出力が低めのエンジンをマイルドハイブリッドシステムで補うかたちを取ります。
かたやN-BOXはエンジン単体での効率を高めるためにi-VTECターボチャージャーを使用します。
どちらもアイドリングストップや徹底した軽量化をおこない、660ccの排気量規格内で最高レベルの燃費性能を発揮するように仕上げられています。
スペーシアでターボエンジンが搭載されるのはスペーシアカスタムのみですが、そのJC08モード燃費は24.0〜25.6km/L。
ターボエンジンでもスペーシアとN-BOXは互角の燃費性能を誇ります。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】予防安全装備・先進技術比較

新型スペーシアN-BOX
予防安全装備・デュアルセンサーブレーキサポート
・後退時ブレーキサポート
・ハイビームアシスト
・誤発進抑制機能
・車線逸脱警報機能
・ふらつき警報機能
・リヤパーキングセンサー
・衝突軽減ブレーキ
・誤発進抑制機能
・後方誤発進抑制機能
・歩行者事故低減ステアリング
・車線逸脱抑制機能
・アダプディブ・クルーズ・コントロール
・車線維持支援システム
・オートハイビーム
・標識認識機能
先進技術・ヘッドアップディスプレイ
・先行車発進お知らせ機能
・3Dビューカメラ
・標識認識機能(進入禁止のみ)
・先行車発進お知らせ機能

予防安全装備・先進技術の違い

両車ともに政府が交通事故防止策として啓発する「サポカーSワイド」に該当しています。
新型スペーシアは単眼カメラと赤外線レーザーレーダーによる予防安全装備「スズキ セーフティサポート」をサポートを搭載し、軽自動車初となる後退時の衝突被害軽減ブレーキを採用。
また、運転中の視線移動を極力減らすためのフロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイ、車の周りを360°確認できる3Dビューにより運転中の死角を減らす全方位モニターも軽自動車で初めて採用しています。

N-BOXは、ホンダの普通車にも搭載される「Honda SENSING」をN-BOXで軽自動車に初採用しました。
ブレーキのみならず、ステアリングやアクセルまで自動制御する「Honda SENSING」により、N-BOXは自動運転レベル2に該当し、2017年度自動車アセスメントの予防安全性能評価において、最高ランクの「ASV++」を獲得しています。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】ボディーカラー比較

新型スペーシアN-BOX
ラインナップ数モノトーン:10色
ツートーン:4色
モノトーン:10色
ツートーン:4色
ボディカラー・ツールグリーンパールメタリック
・オフブルーメタリック
・チアフルピンクメタリック
・ピュアホワイトパール
・ブルーイッシュブラックパール3
・フェニックスレッドパール
・シフォンアイボリーメタリック
・シルキーシルバーメタリック
・アーバンブラウンパールメタリック
・ブリスクブルーメタリック

・オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ
・チアフルピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ
・ツールグリーンパールメタリック ブラック2トーンルーフ
・ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ
・プレミアムホワイトパールⅡ
・ルナシルバーメタリック
・クリスタルブラック
・プレミアムピンクパール
・プレミアムアイボリーパール
・プレミアムアガットブラウンパール
・プレミアムイエローパールⅡ
・ブリリアントスポーティブルーメタリック
・モーニングミストブルーメタリック
・ブリティッシュグリーンパール

・プレミアムピンクパール×ホワイト
・プレミアムアガットブラウンパール×ホワイト
・プレミアムイエローパールⅡホワイト
・プレミアムアイボリーパール×ブラウン

ボディーカラー・ラインナップの違い

今回のモデルチェンジで、可愛らしい外観になった新型スペーシアには、そのキャラクターに合わせたカラフルなカラーラインナップが与えられます。
上級グレードのHYBRID Xの4色に限り、ルーフの色をホワイトかブラックのツートンカラーから選択できます。

N-BOXのボディカラーは、先代からのキャリーオーバーを含む13色に、爽やかな朝の空気を思わせる新色、モーニングミストブルー・メタリックを追加した計14色のラインナップ。
都会的で洗練されたカラーバリエーションが用意されます。
カラーネームに「プレミアム」と名付けられた色は、オプションカラーとなります。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】グレード構成比較

新型スペーシアN-BOX
グレード数25
グレード名G
X
G
G・L
G・EX
G・Lターボ
G・EXターボ

グレード構成の違い

スペーシアのグレード構成はシンプルな2種類。
エントリーグレードの「G」と、充実した装備とオプションの選択肢が広がった「X」のどちらにも改良されたマイルドハイブリッドシステムが搭載されます。

N-BOXはエントリーグレードの「G」と、装備を充実させた「G・L/G・Lターボ」に加え、さらに快適装備を追加した「G・EX/G・EXターボ」の3種類のラインナップとなります。
全車にHonda SENSINGが搭載されます。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】新車車両価格比較

新型スペーシアN-BOX
新車車両価格(税込)127万~159万円139万〜188万円

新車車両価格の違い

両車の価格を比較すると、圧倒的にN-BOXが高価格に設定されています。
パワフルなターボエンジン搭載車は価格が高くなるのは当然として、NAエンジンにもi-VTECが搭載されたことで、価格の底上げがなされています。
しかし、全車に自動運転レベル2のHonda SENSINGが標準装備されていることを考えると、納得の価格ともいえます。

新型スペーシアはHonda SENSINGに及ばないとはいえ、クラストップの予防安全装備を搭載しています。
さらに改良されたマイルドハイブリッドシステムと、新型プラットフォームを採用し、N-BOXと同等の快適性と経済性と走行性能を備える新型スペーシアがこの価格で販売できるというのは驚くべきことです。

【スズキ新型スペーシア VS ホンダ N-BOX】人気はどちらに?

初代スペーシア 初代N-BOX
2017年1月 7,835 17,641
2017年2月 10,925 26,124
2017年3月 15,042 12,265
2017年4月 7,457 13,118
2017年5月 7,747 13,118
2017年6月 8,757 17,653
2017年7月 8,173 14,503
2017年8月 6,699 10,079
2017年9月 9,573 26,983
2017年1〜9月合計 82,208 157,795
単位:台

2017年1月〜9月新車販売台数比較

発売したばかりの新型スペーシアはもちろん、N-BOXもモデルチェンジしてからさほど時間が経っていないため、両車の新型の販売台数データが出ていないため、表は両車ともに初代の販売数です。

ホンダ初代N-BOXの人気ぶりは凄まじく、軽自動車部門1位の販売台数を売上げ、6位の先代スペーシアに対して2倍近くの販売台数を誇っています。
新型N-BOXでは、先進の自動運転システムであるHonda SENSINGに加え、i-VTECが搭載されたNAエンジンのパフォーマンスアップと引き換えに、車両価格の大幅な上昇がネックとなります。
対する新型スペーシアの進化ぶりはめざましく、N-BOXとあらゆる面で同等の性能を持ちながら、遥かに低い販売価格を実現しています。
両車の月あたりの販売目標台数はスペーシアが12,000台、新型N-BOXは15,000台と軽自動車の販売台数のトップクラスとなる数字が掲げられているとおり、モデルチェンジを果たした新型スペーシアとN-BOXは、どちらも快適性と経済性を重視した軽トールワゴンとして、非常に優れた車へと進化しました。
新型では、両車の高い完成度から、先代での順位が入れ替わる可能性も十分にありえると予想します。

新型スペーシアVSライバル車徹底比較の記事はこちらから

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す