初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシア VS 三菱 ekワゴン

12月にスズキ新型スペーシアがデビューしました。ライバル車として、10月に一部改良が実施された三菱 eKシリーズのeKワゴンとの徹底比較を行っていきます!軽自動車のトップN-Boxに迫る、新型スペーシアとeKワゴンの実力とは?

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】徹底比較!

スズキ スペーシアとはどんな車?

スズキ新型スペーシア

スズキ新型スペーシアの発売日

スズキ スペーシアとは、2013年3月にパレットの後継としてデビューした軽ハイトワゴンです。
2017年12月14日より、2代目となる新型スペーシアと、スポーティモデルである新型スペーシアカスタムが発売を開始しました。

スズキ新型スペーシアの開発コンセプト

スズキ新型スペーシアは、「見ているだけで、みんなでお出かけしたくなる」クルマとして、「わくわく」と「楽しさ」を追求して開発されました。
従来のスペーシアとスペーシアカスタムの違いをさらに明確にしつつ、安全で快適な、そして何よりも楽しく乗れる新しいスタイルの軽ハイトワゴンとして、普通車からの乗り換えユーザーの獲得を狙います。

スズキ新型スペーシアの特長

・スズキの予防安全技術「スズキ セーフティ サポート」
・衝突被害軽減ブレーキ「デュアルセンサーブレーキサポート(DSBS)」
・ 軽自動車で初めて後退時の衝突被害軽減ブレーキ「後退時ブレーキサポート」
・ 周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」を軽自動車で初めて採用
・ フロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイを軽自動車で初採用
・ 経済産業省や国土交通省などが普及を推進する「セーフティ・サポートカー」の「サポカーS ワイド」
・ 軽量で高剛性の新プラットフォーム「HEARTECT(ハーテクト)」
・ 発進時にモーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車に搭載し、30.0km/Lの低燃費を達成
・ 低床とスライドドアの開口部を拡張

三菱 ekワゴンとはどんな車?

三菱 ekワゴン T Safety Package コーラルピンクマイカ

三菱 ekワゴンの発売日

三菱 ekワゴンは、eKシリーズの原点として2001年にデビューし、現在の3代目まで販売されている軽自動車です。
eKワゴンは2006年に2代目へ、2013年に3代目へとモデルチェンジが実施され、最新の動向としては2017年10月に一部改良を受けています。

三菱 ekワゴンの開発コンセプト

開発プロジェクトのコンセプトは「eK(いい軽)」を造ることであり、eKシリーズ全車種に共通しています。
3代目のeKワゴンは、気軽に長く付き合えて、自分らしいカーライフが送ることができるようなパートナーとしての軽自動車を目指し「Joy Your Partner」というコンセプトのもと開発されました。

三菱 ekワゴンの特長

・日産 デイズとしてOEM供給している
・快適な居住スペースと使い勝手のよいラゲッジスペースを両立
・視界を確保するためのフロント設計
・三菱軽自動車初の「マルチインフォメーションディスプレイ」を設置
・三菱軽自動車初の「エンジンスイッチ+キーレスオペレーションシステム」を搭載
・軽自動車で初めて水冷クーラー付EGRを搭載
・エンジン全体で約15kgの重量低減を実現
・立体的なフロントにより空気抵抗低減(Cd値は0.32)
・届出日から1年以内、最大5万円まで修理費用が保証される「ぷりリペア保証」サービス
・リヤドアなどにプライバシーガラスを採用

スズキ新型スペーシアと三菱 ekワゴン違いは?

軽自動車という商品の区分で考えると、細かい部分を見ないと違いが見えてきませんが、まず飛び込んでくるのは外観の雰囲気の違いです。
スペーシアは丸みがありつつ定型的なワゴン車のボディ形状をしており、eKワゴンはルーフからフロントにかけるラインが流れるデザインをしています。
また、両車の特徴から見てもわかりますが、様々なベクトルで細かい部分でユーザーに気を使う設計がされていることは共通しています。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】エクステリア(外装)比較

スズキ新型スペーシア

スズキ新型スペーシア HYBRID X シフォンアイボリーメタリック

スズキ新型スペーシア HYBRID X オフブルーメタリック

新型スペーシアの外装は、直感的に「広さ」を感じさせるシンプルかつ個性的なデザインです。
スクエアデザインでありながら、ヘッドライトを筆頭に丸みのあるパーツを取り入れ、親しみやすさや愛らしさが演出されています。
新型スペーシアの外装全体のコンセプトは、スーツケースをモチーフとしており、あちこち出かけたくなる気持ちを表現し、さらに乗員の安全を守る思いが込められています。

三菱 ekワゴン

三菱 ekワゴン T Safety Package ホワイトパール

三菱 ekワゴン T Safety Package ホワイトパール

eKワゴンの外装の特徴は、ボディサイドのダイナミックな3本のキャラクターライン「トリプルアローズライン」と、流れるようなルーフラインを特徴とした、伸びやかで躍動感あるデザインです。
「トリプルアローズライン」のフロント正面中央のスリーダイヤを基点にヘッドランプからフロントフェンダーへと続くラインがワイド感を表現しています。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】インテリア(内装)比較

スズキ新型スペーシア

スズキ新型スペーシア HYBRID X 内装

スズキ新型スペーシア HYBRID X 内装

スズキ新型スペーシア HYBRID X 内装

スズキ新型スペーシアの内装は、ゆったりした快適な居住性を重視した設計となっています。
四隅までスペースを惜しみなく使った室内空間や、背もたれの柔らかいリアシートなど、乗る人を気遣う温かみのある作りに、インパネ周りの先進的で「ワクワク感」を意識したデザインが特徴です。

三菱 ekワゴン

三菱 ekワゴン

eKワゴンは、上質で洗練されたイメージのブラック&アイボリー内装としつつ、シート生地には温か味を持たせるアクセントカラーを施したソフトファブリックを使用しています。
インストルメントパネルは、上質なピアノブラック調のセンターパネルを配し、軽自動車初となる、先進的で操作性に優れるタッチパネル式オートエアコンを採用しています。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】ボディサイズ比較

スズキ スペーシア三菱 ekワゴン
全長3,3953,395
全幅1,4751,475
全高1,7851,620
ホイールベース2,4602,430
車両重量850~920820~900
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

軽トールワゴンであるeKワゴンと、軽ハイトワゴンのスペーシアを比較したときに、車高に多少の差が生じています。
それ以外は、ボディスペックは両車ともほとんど同じ数値です。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】エンジンスペック・パワートレイン比較

スズキ 新型スペーシア三菱 ekワゴン
エンジン種類水冷4サイクル直列3気筒水冷直列3気筒インタークーラーターボ
排気量660cc660cc
最高出力38[52]/6,50047[64]/6,000
最大トルク60[6.1]/4,00098/3,000
モーター最高出力2.3[3.1]/1,000-
最大トルク50/100-
トランスミッションCVTCVT
駆動方式4WD4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

スズキ新型スペーシアにはターボエンジン搭載のモデルが存在しないので、eKワゴンの方が若干パワフルです。
しかし、スズキ新型スペーシアには、パワーアシストとなるマイルドハイブリッドシステムが搭載され、従来のモーター最高出力2.2PSから3.1PSにパワーアップされていることにも注目です。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】燃費比較

スズキ新型スペーシア eK三菱 ekワゴン
JC08モード燃費26.4~28.230.6
実燃費16~1914~20
[単位]km/L

燃費の違い

記憶に新しい2016年の三菱自動車の燃費不正問題で、eKシリーズが対象となった後、燃費向上の取り組みが行われたeKワゴンですが、新型のスペーシアにはあと一歩及ばないというところです。
しかし、乗り方次第では、実燃費に大きな差は生じないでしょう。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】予防安全装備・先進技術比較

  スズキ 新型スペーシア 三菱 ekワゴンカスタム
予防安全技術 後退時ブレーキサポート
ハイビームアシスト
デュアルセンサーブレーキサポート
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
リヤパーキングセンサー
予防安全機能「e-Assist」
マルチアラウンドモニター
オートマチックハイビーム
アクティブスタビリティコントロール
フロントスタビライザー
ヒルスタートアシスト
ブレーキアシスト
先進技術 ヘッドアップディスプレイ
360°3Dビューカメラ
先行車発進お知らせ機能
マルチインフォメーションディスプレイ
タッチパネル式オートエアコン

予防安全装備・先進技術の違い

自動車メーカー全体が予防安全技術を強く意識する時代、軽自動車である両車においても例外なく安全装備が充実しています。
先進技術に関しても、インパネ周りにハイテク感を持たせる装備が共通します。
eKワゴンには軽自動車初となる技術が目立ち、ユーザーの快適性を追求する姿勢が見られます。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】ボディーカラー比較

スズキ スペーシア三菱 ekワゴン
全14色(HYBRID Gには2トーンルーフの設定はありません)全9色
ツールグリーンパールメタリック
オフブルーメタリック
チアフルピンクメタリック
ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール3
フェニックスレッドパール
シフォンアイボリーメタリック
シルキーシルバーメタリック
アーバンブラウンパールメタリック
ブリスクブルーメタリック
ツールグリーンパールメタリック ブラック2トーンルーフ
オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ
チアフルピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ
ピュアホワイトパール ブラック2トーンルーフ
ホワイトパール
ホワイトソリッド
ブラックマイカ
ウォーターブルーメタリック
シトラスイエローソリッド
レッドメタリック
ポピーレッドメタリック
コーラルピンクマイカ
チェリーブラウンパール

ボディーカラー・ラインナップの違い

ファミリー層の中でも女性をターゲットに占めるニュートラルな軽自動車のスペーシアとeKワゴンはパステルカラーや穏やかな色合いが多いラインナップとなっています。
スペーシアの方が、2トーンのバリエーションを含み、eKワゴンよりも選べるカラーが豊富です。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】グレード構成比較

スズキ 新型スペーシア三菱 eKワゴン
グレード数35
グレード名HYBRID G
HYBRID X
E
M
M e-AssistG
G Safety Package
T Safety Package

グレード構成の違い

スペーシアはグレード名からわかる通り、マイルドハイブリッドシステムがデフォルトの設定です。
オプションのバリエーションがある分、eKワゴンの方が選択肢は多くなっています。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】新車車両価格比較

新車車両価格 比較
スズキ新型スペーシア124万~160万
eK三菱 ekワゴン105万~150万
[単位]円(消費税込み)

新車車両価格の違い

スタンダードな軽自動車であるeKワゴンは、ベースグレードは非常に手頃となっています。
安全装備などが充実した新型スペーシアは、十分安価ですが、比較すると少し高めの設定です。

【スズキ新型スペーシア VS三菱 ekワゴン】人気はどちらに?

2017年1月〜9月新車販売台数比較

スズキ スペーシアシリーズ三菱 ekシリーズ
2017年1月7,8353,090
2017年2月10,9253,507
2017年3月15,0427,218
2017年4月7,4571,967
2017年5月7,7472,698
2017年6月8,7573,541
2017年7月8,1733,107
2017年8月6,6992,705
2017年9月9,5735,528
合計72,63527,833

eKワゴンを含むeKシリーズは、燃費不正からの復帰から間もない時期ということもあり、販売台数、すなわち人気はスペーシアシリーズに大きく遅れを取っています。
一方でスペーシアシリーズは、12月の新型デビューに伴い、ホンダ N-BOXの喉元に食い掛かる勢いを見せ、12月の目標販売台数は12,000台と強気に出ます。
しかしeKワゴンは黙って上位争いを見ているわけではなく、10月のeKシリーズ一部改良によってフロントデザインの一新、安全装備の充実などの要素で、追い風が吹くチャンスもまだまだ残っています。

他車種との比較記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す