初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン ライバル車徹底比較】スズキ新型スペーシア VS ダイハツ タント

新型スペーシアとタント、軽トールワゴンとしてライバル関係にある両車を徹底比較します。発売されたばかりの新型スペーシアと、ダイハツの軽自動車として圧倒的な人気を誇るタント。あなたなら、どちらの軽トールワゴンを選びますか?

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】徹底比較!

スペーシアとはどんな車?

新型スペーシア・HYBRID X・全方位モニター用カメラパッケージ装着車・オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ

新型スペーシアの発売日:2017年12月14日

スズキは12月14日、軽トールワゴンのスペーシアおよびスペーシアカスタムの新型を発売しました。

スペーシアは、スズキが2013年から販売している軽トールワゴンです。
今回のフルモデルチェンジで2代目となります。
スペーシアカスタムは、スペーシアのドレスアップモデルです。

スペーシアの開発コンセプト

スペーシアは「広くて便利、軽くて低燃費の軽ハイトワゴン」をコンセプトに開発されました。

新型スペーシアの特長

・軽自動車初の後退時ブレーキサポートなど安全装備の充実
・遊び心とワクワク感のある個性的なデザインを採用
・広い室内空間とスライドドアによる利便性に優れたパッケージング
・乗員全員が快適に過ごせるさまざまな装備
・モーターのみで走行できるマイルドハイブリッドを全車標準搭載

タントとはどんな車?

タント・G "SA Ⅱ"・ファイアークォーツレッドメタリック

現行型タントの発売日:2013年10月3日

タントとは、ダイハツが2003年から販売している軽トールワゴンです。
現行型の3代目タントは、2013年に発売されました。
ドレスアップモデルのタントカスタムも設定されています。

タントの開発コンセプト

タントは「しあわせ家族空間」をコンセプトに、新しい価値を持つ新ジャンルの軽自動車として開発されました。

現行型タントの特長

・ミラクルオープンドアの使い勝手を追求した「ダントツの使い勝手」
・室内の広さを感じさせる「軽No.1の広々開放感」
・外板樹脂化による空力性能と歩行者保護性能の向上
・ユーザーが満足する「基本性能・安全装備」
・28km/Lの低燃費で全車エコカー減税「免税」レベルを達成
・「広さ」「使いやすさ」「親しみやすさ」の三拍子が揃っている

スペーシアとタントの違いは?

スペーシアとタントは、どちらも軽自動車としての室内空間の広さを最大限追求し、低燃費にもこだわって開発されています。
メーカーとデザインこそ違いますが、その本質は非常に似通っていると言えるでしょう。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】エクステリア(外装)比較

新型スペーシア

新型スペーシア・HYBRID X・オフブルーメタリック

新型スペーシアは、新プラットフォームの「HEARTECT(ハーテクト)」を採用することによって、軽量・高剛性を両立しつつ、優れた低燃費性能も実現しました。

見た目にも広さを感じさせるエクステリアは、スーツケースをモチーフとしたドアなどにより、旅に出かける際のワクワク感と遊び心を感じさせる、個性的なデザインに仕上がっています。

タント

X"SA Ⅱ"・コットンアイボリー

X"SA Ⅱ"・シルキーブルーパール

タントのエクステリアは、誰にでも受け入れられるシンプルなデザインを特徴としています。
そのシンプルさゆえの機能美は、2013年のグッドデザイン金賞も受賞しました。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】インテリア(内装)比較

新型スペーシア

HYBRID X・全方位モニター用カメラパッケージ装着車・ブラック内装

HYBRID G・ブラック内装

新型スペーシアのインテリアは、水平基調のデザインとしたインパネ形状により、運転席の視界を広く確保し、開放感のある室内空間を演出しています。
また、スーツケースをモチーフとしたカラーパネルを採用することによって、インテリアとエクステリアのデザインの一体感を高めました。

タント

X"SA Ⅱ"

X"SA Ⅱ"

ミラクルオープンドア

タントは、シンプルにして使い勝手のいい室内空間を備えています。
また、タントを象徴する装備としては、「ミラクルオープンドア」の存在が挙げられます。

「ミラクルオープンドア」は、センターピラー(ボディ中央の窓柱)を排することによって、乗降性を飛躍的に向上させており、傘を差したまま乗車したり、自転車を丸ごと車の横から入れることも可能です。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】ボディサイズ比較

スペーシアタント
全長3,3953,395
全幅1,4751,475
全高1,785~1,8001,750
ホイールベース2,4602,455
車両重量850~930920~1,040
乗車定員44
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

ボディサイズの違い

新型スペーシアとタントのボディサイズは、ほとんど変わりません。
車両重量はタントの方が重くなっています。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】エンジンスペック・パワートレイン比較

新型スペーシアタント NAエンジンタント ターボエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc660cc
最高出力38[52]/6,50038[52]/6,80047[64]/6,400
最大トルク60[6.1]/4,00060[6.1]/5,20092[9.4]/3,200
モーター最高出力2.3[3.1]/1,000--
最大トルク50[5.1]/100--
トランスミッションCVTCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エンジンスペック・パワートレインの違い

新型スペーシアのパワートレインには、直列3気筒エンジンにモーター機能付き発電機を組み合わせたマイルドハイブリッドが、全車で標準搭載されています。
このマイルドハイブリッドは、最長10秒間のEVクリープ走行が可能です。
トランスミッションCVT、駆動方式はFFと4WDになります。

タントのパワートレインには、直列3気筒のNAエンジンとターボエンジンの2種類が用意されており、トランスミッションはCVT、駆動方式はFFと4WDになります。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】燃費比較

新型スペーシアタント
JC08モード燃費26.4~30.024.6~28.0
実燃費--
[単位]km/L

燃費の違い

スペーシアにはマイルドハイブリッドが搭載されているので、タントよりも燃費性能が上です。
しかし、タントはガソリンエンジンのみで、この燃費性能を実現しているという点において、非常に優秀な車だといえます。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】予防安全装備・先進技術比較

新型スペーシアタント
予防安全装備デュアルセンサーブレーキサポート
後退時ブレーキサポートハイビームアシスト
誤発進抑制機能
車線逸脱警報機能
ふらつき警報機能
先行車発進お知らせ機能
リヤパーキングセンサー
スマートアシストⅢ
衝突警報機能(対車両・対歩行者)
衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
車線逸脱警報機能
誤発進抑制制御機能(前方・後方)
先行車発進お知らせ機能
オートハイビーム
先進技術ヘッドアップディスプレイ
3Dビューカメラ
標識認識機能
パノラマモニター

予防安全装備・先進技術の違い

新型スペーシアの予防安全装備には、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめとする、先代モデルから引き継いだ安全装備が搭載されます。

また、軽自動車初の装備として、後退時に作動する「後退時ブレーキサポート」や、進入禁止標識などを認識して警告する「標識認識機能」、車両の周囲360°を立体的に確認できる「3Dビュー」なども採用されました。

タントの予防安全装備には、衝突被害軽減ブレーキの「スマートアシストⅢ」や誤発進抑制機能など、近年の自動車として標準的な安全装備が採用されています。
これにより、予防安全性能評価で最高ランクの「ASV++」をダイハツ車で初めて獲得しました。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】ボディーカラー比較

新型スペーシアタント
ラインナップ数モノトーン:10色
ツートーン:4色
モノトーン:10色
ツートーン:2色
ボディカラーツールグリーンパールメタリック
オフブルーメタリック
チアフルピンクメタリック
ピュアホワイトパール
ブルーイッシュブラックパール3
フェニックスレッドパール
シフォンアイボリーメタリック
シルキーシルバーメタリック
アーバンブラウンパールメタリック
ブリスクブルーメタリック

オフブルーメタリック ホワイト2トーンルーフ
チアフルピンクメタリック ホワイト2トーンルーフ
ホワイト
ディープブルークリスタルマイカ
シルキーブルーパール
コットンアイボリー
パールホワイトⅢ
ライトローズマイカメタリックⅡ
ブライトシルバーメタリック
ブラックマイカメタリック
プラムブラウンクリスタルマイカ
ファイアークォーツレッドメタリック

ホワイト×ライトローズマイカメタリックⅡ
ホワイト×シルキーブルーパール

ボディーカラー・ラインナップの違い

新型スペーシアのボディカラーはモノトーンが10色、ツートーンが4色の全14色が設定されました。
タントのボディカラーはモノトーンが10色、ツートーンが2色の全12色が設定されています。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】グレード構成比較

新型スペーシアタント
グレード数27
グレード名X
G
G “SA Ⅲ”
X “SA Ⅲ”
X
Xターボ “SA Ⅲ”
L “SA Ⅲ”
L
X “ホワイトアクセントSA Ⅲ”

グレード構成の違い

新型スペーシアはシンプルな2グレード構成です。
タントは選択肢が豊富な7グレード構成となります。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】新車車両価格比較

新型スペーシアタント
新車車両価格(税込)127万~159万円122万~166万円

新車車両価格の違い

新型スペーシアの新車車両価格は、タントの同等グレードと比較すると若干高めです。

【スズキ 新型スペーシア VS ダイハツ タント】人気はどちらに?

2017年1月〜9月新車販売台数比較

新型スペーシアタント
販売台数-101,060台

新型スペーシアとタントの徹底比較を行いました。

タントは、2017年1月から9月までの販売台数が10万台を突破しており、軽自動車ではホンダのN-BOXに次ぐ高い人気を誇っています。

対する新型スペーシアは、まだ発売されたばかりなので、販売台数のデータはありませんが、月間販売目標台数はスペーシアカスタムとの合計で12,000台に設定されています。

満を持して発売された新型スペーシアは、今後タントの人気に追いつくことができるのでしょうか?

関連するおすすめ記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!