初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【軽トールワゴン 徹底比較】スズキ新型スペーシア VS ハスラー

新型スペーシアとハスラー、スズキの軽自動車である両車を徹底比較します。フルモデルチェンジにより、2代目となった新型スペーシア。軽トールワゴンとSUVのクロスオーバーとして、高い人気を誇るハスラー。あなたなら、どちらのスズキ車を選びますか?

スズキ新型スペーシアが発売!

2代目スペーシア

2代目スペーシアカスタム

スズキは、軽ハイトワゴンのスペーシアおよびスペーシアカスタムをフルモデルチェンジし、12月14日より販売を開始しました。
2代目となる新型スペーシアでは、内外装の変更や安全装備のアップグレード、マイルドハイブリッドの全車標準搭載などが行われ、よりファミリー層に嬉しい軽ワゴンとなっています。

スペーシアとは?

初代スペーシア

スペーシアとは、スズキが製造・販売している軽トールワゴンです。
2008年から販売されていたスズキ・パレットの後継車種として、2013年に発売されました。
スペーシア(Spacia)という車名は英語の「SPACE(空間)」を由来としており、大人4人が余裕を持って座ることができる、広い室内空間を特長としています。

スペーシアについての記事はこちら

スズキ ハスラーとは?

ハスラーとは、スズキが製造・販売している軽クロスオーバーSUVです。
軽トールワゴンとSUVの融合という、新ジャンルの軽自動車として、2014年に発売されました。

軽トールワゴンの積載性能とSUVの走行性能を併せ持ち、パワートレインにはマイルドハイブリッドを搭載することで、ターボ車でも27.8km/Lという優れた燃費性能を発揮します。
また、ハスラーのポップで可愛らしいデザインは、女性層からの支持も集めました。

ハスラーについての記事はこちら

新型スペーシアvsハスラー 新車価格を比較

新型スペーシアとスペーシアカスタムの新車価格は、ハスラーよりも高めに設定されています。

新型スペーシアとハスラーの価格
スペーシアNA:127万~159万
スペーシアカスタムNA:152万~181万
ターボ:173万~191万
ハスラーNA:110万~163万
ターボ:136万~172万
[単位]円(消費税込み)

新型スペーシアvsハスラー 燃費性能を比較

新型スペーシアとスペーシアカスタム、ハスラーの燃費性能を比較すると、カタログ上の数値ではハスラーが最も低燃費となっています。

スペーシア/スペーシアカスタムハスラー
JC08モード燃費NAハイブリッド:26.4~30.0
ターボハイブリッド:24.0~25.6
NAガソリン:24.2~26.6
NAハイブリッド:30.4~32.0
ターボハイブリッド:26.2~27.8
実燃費--
[単位]km/L

新型スペーシアvsハスラー パワートレインを比較

新型スペーシアのモーター機能付き発電機

新型スペーシアのパワートレインには、モーター機能付き発電機の高出力化とリチウムイオンバッテリーの大容量化を施したマイルドハイブリッドが、全車標準搭載されます。
このマイルドハイブリッドは、最長10秒間のEVクリープ走行が可能です。

また、新型スペーシアカスタムには、マイルドハイブリッドのターボ車も用意されています。
スペーシア、スペーシアカスタムともに、ミッションはCVT、駆動方式はFFと4WDの設定です。

ハスラーのパワートレインには、マイルドハイブリッドの「Sエネチャージ」を搭載したNAエンジンとターボエンジン、Sエネチャージを搭載しないNAエンジンの3種類が用意されています。
トランスミッションはCVTと5速MT、駆動方式はFFと4WDの設定です。

新型スペーシア/スペーシアカスタムのパワートレインスペック

スペーシア/スペーシアカスタム
NAエンジン
スペーシアカスタム
ターボエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHC直列3気筒DOHCターボ
排気量660cc660cc
最高出力38[52]/6,50047[64]/6,000
最大トルク60[6.1]/4,00098[10.0]/3,000
モーター最高出力2.3[3.1]/1,0002.3[3.1]/1,000
最大トルク50[5.1]/10050[5.1]/100
トランスミッションCVTCVT
駆動方式FF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

ハスラーのパワートレインスペック

ハスラー ターボエンジン
Sエネチャージ
ハスラー NAエンジン
Sエネチャージ
ハスラー NAエンジン
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ直列3気筒DOHC直列3気筒DOHC
排気量660cc660cc660cc
最高出力47[64]/6,00038[52]/6,500
38[52]/6,500
最大トルク95[9.7]/3,00063[6.4]/4,00063[6.4]/4,000
モーター最高出力1.6[2.2]/1,0001.6[2.2]/1,000-
最大トルク40[4.1]/10040[4.1]/100-
トランスミッションCVTCVTCVT/5速MT
駆動方式FF/4WDFF/4WDFF/4WD
使用燃料レギュラーレギュラーレギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

エネチャージとは?

新型スペーシアvsハスラー エクステリアデザイン(外装)を比較

新型スペーシア/スペーシアカスタムのエクステリアデザイン(外装)

新型スペーシア

新型スペーシアカスタム

新型スペーシアとスペーシアカスタムは、新プラットフォームの「HEARTECT(ハーテクト)」を採用することで、燃費性能を向上させるとともに、軽量・高剛性のボディを実現しました。

新型スペーシアのエクステリアは、見た目にも室内の広さを感じさせる、遊び心とワクワク感のある個性的なデザインとなっています。
ボディカラーはモノトーン10色、ツートーン4色の全14色が設定されました。

新型スペーシアカスタムのエクステリアは、大型のメッキフロントグリルやLEDヘッドランプにより、精悍で迫力あるデザインとなっています。
ボディカラーはモノトーン9色、ツートーン5色の全14色です。

ハスラーのエクステリアデザイン(外装)

ハスラーのエクステリアは、ワゴンとSUVを融合させて軽自動車にまとめたような、独創的なデザインを特徴としています。
ボディカラーはモノトーン5色、ツートーン6色の全11色です。

新型スペーシアとハスラーのボディサイズ

スペーシアスペーシアカスタムハスラー
全長3,3953,3953,395
全幅1,4751,4751,475
全高1,785~1,8001,7851,665
ホイールベース2,4602,4602,425
車両重量850~930880~950750~870
乗車定員444
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

新型スペーシアvsハスラー インテリアデザイン(内装)を比較

新型スペーシア/スペーシアカスタムのインテリアデザイン(内装)

新型スペーシア 運転席

新型スペーシアカスタム

フロントガラス投影式 ヘッドアップディスプレイ

新型スペーシアのインテリアは、水平基調のインパネ形状によって広い視界を確保し、開放感のある広々とした室内空間を演出しました。

また、新型スペーシアカスタムでは、本革巻きのシフトノブやステアリングホイール、レザー調の専用シートなどを採用しています。

さらに新型スペーシアとスペーシアカスタムの両車で、軽自動車初となるフロントガラス投影式ヘッドアップディスプレイを採用しました。
このディスプレイには、車速や警告表示、進入禁止の道路標識などがカラーで表示されます。

ハスラーのインテリアデザイン(内装)

ハスラーのインテリアには、汚れが拭き取りやすいラゲッジスペースや、電源供給用のアクセサリーソケットなど、山や海でのレジャーに嬉しい装備が備えられています。
また、シートアレンジも多彩なので、普段使いからレジャーまで幅広い活用が可能です。

新型スペーシアとハスラーの室内サイズ

スペーシア/スペーシアカスタムハスラー
室内長2,1552,035~2,160
室内幅1,3451,295
室内高1,4101,250
[単位]mm

新型スペーシアvsハスラー 安全装備を比較

新型スペーシア/スペーシアカスタムの安全装備

新型スペーシア 後退時ブレーキサポート

新型スペーシアとスペーシアカスタムには、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルセンサーブレーキサポート」や誤発進抑制機能など、先代モデルから引き継いだ先進安全装備が搭載されます。

また、後退時に作動する「後退時ブレーキサポート」や、進入禁止標識などを認識して警告する「標識認識機能」、車両の周囲360°を確認できる「3Dビュー」といった、軽自動車初の安全装備も採用されました。

ハスラーの安全装備

ハスラーには、衝突被害軽減ブレーキの「デュアルカメラブレーキサポート」や誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能など、昨今の自動車として標準的な先進安全装備が搭載されます。

新型スペーシアとハスラー スズキの軽ならどちらを選ぶ?

新型スペーシアとスペーシアカスタムの魅力は、充実した先進安全装備と、より開放的かつ、機能的になったインテリアにあるといえます。

対するハスラーは、優れた燃費性能と、軽自動車でも随一のレジャー性が魅力です。

スズキの軽として、甲乙つけ難い魅力を持つ新型スペーシアとハスラー。
あなたなら、どちらの軽を選びますか?

スズキの軽自動車に関する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す