初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

新型アルテオン・シューティングブレークが2018年3月には発表?スペックや価格予想

フォルクスワーゲンの新型フラッグシップセダン「アルテオン」に、VWブランドで初のシューティングブレークが設定される可能性があります。2018年3月に発表されるという新型アルテオン・シューティングブレークのスペックや価格についての予想をまとめました。

フォルクスワーゲン新型アルテオンにシューティングブレークが登場か?

フォルクスワーゲン アルテオン

フォルクスワーゲン アルテオン 東京モーターショー2017_2

©MOBY

東京モーターショー2017において日本初公開された、フォルクスワーゲンの新型フラッグシップ5ドアハッチバッククーペ「アルテオン」に、同ブランドで初となるシューティングブレークが設定される可能性があるという情報を入手しました。

もともと新型アルテオンは、VWのフラッグシップモデルに相応しい広さの室内空間と荷室容量を持つ高級5ドアハッチバッククーペですが、今回新たに追加されるというシューティングブレークは、より機能性が向上したVW史上最も流麗なワゴンになるといいます。

シューティングブレークとは?

シューティングブレークとは、スポーツクーペチックなステーションワゴンのことを指します。
通常のステーションワゴンは、水平に伸びたルーフが特徴のステーションワゴンですが、シューティングブレークは、リヤに向かうに連れて絞り込まれたルーフラインが特徴の車です。

シューティングブレークについての記事はこちら

フォルクスワーゲン新型アルテオンについての記事はこちら

フォルクスワーゲン新型アルテオン・シューティングブレークのデザイン

フォルクスワーゲンはすでに、新型アルテオン・シューティングブレークに関する一枚の予告スケッチを公開しています。

レンダリングCGからは、リアに向かって絞り込まれたルーフラインと寝かされたCピラーによるクーペシルエットという、シューティングブレークとしての特徴が見て取れます。
なお、リアバンパーやテールライトのデザインは5ドアハッチバッククーペであるアルテオンと同様です。

参考:アルテオン ハッチバックモデルのボディサイズ

全長全幅全高
4,8651,8751,435
ホイールベース車両重量乗車定員
2,8351,700~1,7205
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

フォルクスワーゲン新型アルテオン・シューティングブレークのパワートレインスペックを予想

新型アルテオン・シューティングブレークのパワートレインは、ハッチバックモデルと同様に最高出力280psを発揮する2.0Lの直列4気筒「TSI」エンジンが搭載され、トランスミッションには湿式7速DSG(ダイレクト・シフト・ギアボックス)が組み合わされると予想されています。

参考:アルテオン セダンモデルのパワートレインスペック・燃費性能

エンジン種類直列4気筒DOHC直噴ターボ
排気量2.0L
最高出力206[280]/5,600~6,500
最大トルク350[35.7]/1,700~5,600
トランスミッション7速AT(DSG)
駆動方式4WD
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
JC08モード燃費13.3
実燃費8~10
[単位]km/L

トランスミッションに関連するおすすめ記事はこちら

フォルクスワーゲン新型アルテオン・シューティングブレークの安全装備・運転支援システム

渋滞時追従支援システム“Traffic Assist” イメージ

新型アルテオン・シューティングブレークには、ハッチバッククーペモデルと同様に歩行者への衝撃を緩和する「アクティブボンネット」が採用されるといいます。
また、渋滞時追従支援システム「トラフィックアシスト」などの運転支援システムも、セダンモデルと同様のものが搭載されることになるでしょう。

参考:アルテオン セダンモデルの安全装備・運転支援システム

安全装備

アルテオンのセダンモデルには、以下の先進安全装備が標準搭載されます。

・デイタイムランニングライト
・パークディスタンスコントロール(フロント/リヤ、前進/後退時衝突軽減ブレーキ機能付)
・リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)
・プロアクティブ・オキュパント・プロテクション(事故を予測し、乗員保護に備える)
・エマージェンシーストップシグナル/アクティブボンネット

運転支援システム

アルテオンのセダンモデルには、以下の先進運転支援システムが標準搭載されます。

アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)
・レーンキープアシストシステム
・渋滞時追従支援システム
・レーンチェンジアシストシステム

自動車の安全装備に関連するおすすめ記事はこちら

フォルクスワーゲン新型アルテオン・シューティングブレークの価格を予想

新型アルテオン・シューティングブレークの価格は、セダンモデルよりも30~50万円程度高くなり、570~650万円で販売されると予想されます。

参考:アルテオン セダンモデルの新車価格

フォルクスワーゲン ニューアルテオン
R-Line 4MOTION549万~
R-Line 4MOTION Advance599万~
[単位]円(消費税込み)

フォルクスワーゲン アルテオンとは?

フォルクスワーゲン アルテオン

アルテオンとは、フォルクスワーゲンが2017年10月25日から日本販売を開始したフラッグシップ ハッチバッククーペです。
フォルクスワーゲン「CC」の後継車種であるアルテオンは、低価格で購入できる高級ハッチバッククーペとして開発されており、同クラスのライバル車よりも手頃な価格帯に設定されています。

ボディは機能性とスタイリッシュさを兼ね備え、パワートレインには2.0Lの直列4気筒ターボエンジンが搭載されています。

フォルクスワーゲン CCとは?

新型アルテオン・シューティングブレークの発表は2018年3月のジュネーブ!

フォルクスワーゲン アルテオン

新型アルテオン・シューティングブレークに関する最新情報と、スペックや価格の予想についてお伝えしました。

新型アルテオン・シューティングブレークのワールドプレミアは、2018年3月にスイスで開催されるジュネーブ・モーターショー2018で行われると予想されています。
このことから、日本での発売は2018年の夏頃になるでしょう。

ハッチバッククーペモデルが発売されたばかりですが、よりダイナミックかつ機能性が増したモデルになるという新型アルテオン・シューティングブレークの日本発売が今から楽しみですね。

MOBYでは、今後も新型アルテオン・シューティングブレークに関する最新情報を追っていくので、どうぞご期待ください!

フォルクスワーゲンの新型車に関する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!