初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサスLS vs アウディA6セダン】ライバル車徹底比較!

レクサス新型LSとアウディA6セダンをスペックや燃費、価格などを徹底比較。スポーツ性に評価が高いアウディA6セダンとフルモデルチェンジされたレクサス新型LSがどれほど違うのか紹介していきます。

レクサス新型LS発売!アウディA6セダンと徹底比較

レクサスLS500h バージョンL

レクサスは、2017年10月19日にレクサス新型LSを発表しました。
フルモデルチェンジされた新型LSは、2017年1月8日のデトロイトモーターショーで新型が初お披露目され、それ以降世界中のメディアが注目しています。
レクサスファンのみならず、ライバル車となるドイツの高級自動車3メーカー(メルセデスベンツ、BMW、アウディ)の高級セダンに乗る方も、新型LS発表は気になるでしょう。
そこで、ドイツ高級車自動車メーカーの中でもスポーツ性が高いと評価されるアウディA6セダンとレクサス新型LSを徹底比較してお伝えします。
また、エンジン・スペックと燃費に関しては、価格が近いレクサスLS500の標準グレード(以下:LS500)とアウディA6 3.0TFSIクワトロ(以下:A6 3.0TFSI)を比較対象とします。

新型レクサスLSについてはこちら

レクサスLSとは

レクサス新型LS500 Fスポーツ

レクサスLSは、トヨタが展開する高級車ブランド「レクサス」から販売される大型セダンです。
日本では2005年までトヨタブランドの「セルシオ」として販売されていました。
初代レクサスLSは1989年に登場し、4.0L V型8気筒DOHCエンジンを搭載していました。
同クラスのライバル車と比べ圧倒的な静粛性と乗り心地の良さで、世界中の自動車メーカーや自動車メディアを驚かせました。
新型LSは、3.5L V型6気筒DOHCツインターボを搭載した「LS500」と 3.5L V型6気筒DOHCとモーターのハイブリッド「LS500h」があります。

トヨタ セルシオ・レクサス旧型LSについてはこちら

アウディA6セダンとは

2017年モデル アウディA6セダン

アウディA6は、アウディが1994年から販売しているEセグメントセダンです。
搭載するパワートレインは、1.8L直4ターボ、2.0L直4ターボ、3.0L V6ターボの3種類です。
また、1.8L 直4ターボ搭載のモデルは、ドイツ高級3メーカーのEセグメントセダンでは、珍しく駆動方式がFFとなっており、それ以外はすべて4WDです。
今回紹介するA6セダン以外のモデルに、ステーションワゴンの「アバント」、A6のハイスペックモデルではアウディS6セダンとS6アバント、さらに、A6やS6よりハイパワーなRS6アバントパフォーマンスがあります。

アウディA6・S6についてはこちら

レクサスLSとアウディA6セダンのエクステリア(外装)で比較

レクサス新型LSのエクステリア(外装)

レクサス新型LS500 エグゼクティブ

新型LSは、GA-Lプラットフォームを搭載し、低く構えたクーペシルエットのスタイリングになりました。
ボディサイズは、旧型LS460Lのようなロングホイールベースサイズのみで、歴代モデルの中で最も大型のものになります。
フロントマスクは、レクサスのデザインアイコンとなるスピンドルグリルが大型化されています。
また、グリルカバーはコンピューターのCAD設計により、線一本、面一つひとつに至るまで綿密に全体のバランスがとられたデザインです。

アウディA6セダンのエクステリア(外装)

2016年モデル アウディA6セダン

A6セダンのフロントマスクは、グリルが大きく、ヘッドランプが細くつり目になって、スポーティーな雰囲気を出しています。
A6セダンはEセグメントサイズのため、Fセグメントの新型LSよりもボディが一回り小さく、全長でみれば300mm以上も違います。
しかし、ホイールベースは2,940mmもあり、新型LSの2,910mmより30mm長くなっています。
ドイツ車らしく高速走行での安定性を重視した設計になっています。

レクサスLSとアウディA6セダンのインテリア(内装)で比較

レクサス新型LSのインテリア(内装)

レクサス新型LS500エグゼクティブ

内装は、レクサスらしいゲストの「おもてなし」を感じさせるスタイルです。
レクサスは、新型LSを日本の美意識と工芸品のような精緻な造り込みを意識して設計しており、欧州車にはないデザインのインテリアです。
インパネのセンターディスプレイは、サイズが12.3インチで、センターコンソールの操作パネルからパソコンのタッチパッドのように操作できます。
メーターパネルは、8インチTFT液晶式メーターを搭載し、ドライビングモード「Normalモード」、「Ecoモード」、「Sport S/Sport+モード」で背景色が変わります。

アウディA6セダンのインテリア(内装)

2016年モデル アウディA6セダン

A6セダンは、新型LSに比べてシンプルなデザインの内装です。
インパネやセンターコンソールは、オーク材の本木目やダッシュボード上面のレザー風の表面素材を使用し、重厚な質感を実現しています。
そして、新型LSよりもシンプルなデザインのためスポーティーな印象を受けます。

メーターパネルは、7インチディスプレイが搭載されており、標準装備でMMI(マルチナビゲーション・インターフェイス)ナビゲーションを見ることができます。
ナビゲーション機能はアウディコネクトが使用でき、SIMカードを使用することで携帯電話の通信回線が使え、ナビゲーションの地図にGoogle Earthの航空写真地図、目的地確認にGoogleストリートビューの街路写真など、ネット情報を見ることも可能です。
新型LSにはない、Android AutoやApple CarPlayもオプションで用意されています。

レクサスLSとアウディA6セダンのエンジン・スペックで比較

新型LS500のパワートレイン

レクサス新型LS500の3.5L V型6気筒ツインターボエンジン

新型LS500のパワートレインは、3.5L V型6気筒ツインターボエンジンとDirect Shift10ATトランスミッションの組み合わせです。
エンジンは、旧型モデルが4.6L V型8気筒エンジンだったため、近年のトレンドに伴いダウンサイジングターボとなりました。
ダウンサイジングエンジンの効果は、排気量が1.0L以上小さくなっても最高出力・最大トルクは大きくなり、新開発の10速ATを搭載したことでJC08モード燃費値も向上しました。

A6 3.0TFSIのパワートレイン

プラットフォームは、VWグループ共通で搭載されているMLB(フレキシブル)プラットフォームを採用しています。
MLBプラットフォームは、アルミ材を多用したスチールとのハイブリッド構造となっています。
パワートレインは、3.0L V型6気筒DOHCスーパーチャージャーエンジンが搭載されています。
トランスミッションは、手動でシフトチェンジする際、MTのようなダイレクト感のあるシフトチェンジが可能なSトロニックが搭載されています。

レクサスLSとアウディA6セダンのスペック

レクサス新型LS500アウディA6 3.0TFSIクワトロ
全長5,2354,945
全幅1,9001,875
全高1,450(1,460)1,465
ホイールベース2,9102,940
車両重量2,160(2,250)1,840
乗車定員55
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人 ( )内は4WD
レクサス新型LS500アウディA6 3.0TFSIクワトロ
エンジン種類V型6気筒DOHCツインターボV型6気筒DOHCスーパーチャージャー
排気量3.5L3.0L
最高出力310[422]/6,000245[333]/5,500~6,500
最大トルク600[61.2]/1,600~4,800440[44.9]/2,900~5,300
トランスミッション10速AT7速AT
駆動方式FR、4WD4WD
使用燃料ハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

レクサスLSとアウディA6セダンの安全装備で比較

新型LSの安全性能は、「Lexus Safety System +A」が加わり、機能数が増え性能が向上しました。
安全性能や自動運転技術はドイツ高級車メーカーが早い段階で開発に取り組んできましたが、新型LSのほうが上回るほどです。
A6セダンの安全機能・自動運転技術は、新型LSよりも機能数は少ないですが、他のドイツ高級車メーカーのセダンと比べても引けを取らない性能です。

レクサス新型LSとアウディA6セダンの安全性能一覧

レクサス新型LSアウディA6セダン
安全機能一覧●大型カラーヘッドアップディスプレイ
●Lexus Safety System +
・歩行者検知付きプリクラッシュセーフティ(PCS)
・レーダークルーズコントロール
・レーンディパーチャーアラート
 (LDA)/レーンキーピングアシスト(LKA)
・オートマチックハイビーム(AHB)

●Lexus Safety System +A
・Lexus CoDrive(レーダークルーズコントロール/LTA/LCA)
・レーントレーシングアシスト(LTA)
・ドライバー異常時停車支援システム(LTA連動型)
・上下2段式アダプティブハイビームシステム(AHS)
・フロントクロストラフィックアラート(FCTA)
・ロードサインアシスト(RSA)

●パーキングサポートアラート(PKSA)
●パーキングサポートブレーキ(PKSB)
●パノラミックビューモニター
(サイドクリアランスビュー/コーナリングビュー付)
●デジタルインナーミラー
●ドライブスタートコントロール
●後席自動リクライニング機能
●デジタルインナーミラー
●LEDコーナリングランプ/マルチウェザーライト
●後方車両への接近警報
●タイヤ空気圧警告表示
●ランフラットタイヤ
●運転席・助手席イージーアクセスバックル
●アウディプレセンスプラス
●カメラ/ディスタンスセンサードライバーアシスタンスシステム用
●アダプティブクルーズコントロール
●アウディサイドアシスト
●アウディアクティブレーンアシスト
●盗難防止ホイールロックナット
●タイヤプレッシャーモニタリング
●マトリックスLEDヘッドライト
●アクティブセーフティシステム
●ナイトビジョン
●ヘッドアップディスプレイ
●サラウンドビューカメラ
●パークアシスト

2018年アウディA6のフルモデルチェンジについてはこちら

レクサスLSとアウディA6セダンを燃費で比較

新型LS500は発売間もないため、実燃費値に関する情報はありません。
予想するのであれば、旧型がカタログスペックから約2割落ちだったため、パワートレインの変更はあるものの、新型でも2割落ちとして実燃費7.0〜9.0km/Lと予想できます。
A6 TFSI3.0は、口コミによると実燃費6.0〜8.0km/Lです。
A6セダンが欲しいものの燃費でネガティブになってしまう方は、2.0Lエンジン搭載のA6 1.8TFSIをおすすめします。

新型LS500とA6 3.0TFSIの燃費比較

新型LS500A6 3.0TFSI
JC08モード燃費10.2(9.8)12.9
実燃費【予想値】7.0~9.0(6.5~8.5)6.0〜8.0
[単位]km/L ( )内は4WD

レクサスLSとアウディA6セダンの新車価格で比較

2台の新車車両価格は、レクサス新型LSがFセグメント、アウディA6がEセグメントであるため、新型LSが高くなるのは当然でしょう。
A6セダンは628〜888万円で購入できますが、A6の派生モデルでは、A6セダンよりハイパフォーマンスなS6セダンで1,308万、最もスポーティーなRS6アバント パフォーマンスで1,805万円があります。
A6セダンの派生モデルでこれだけハイパフォーマンスモデルを用意するあたりは、アウディがスポーツモデルのセダンやステーションワゴンに定評がある理由でしょう。
一方で、新型LSは980万~1,680万円ですが、A6セダンにはない低燃費なハイブリッドがあり、ガソリン車とあまり変わらない価格で買えることから、お買い得感もあります。

レクサス新型LSとアウディA6セダンの新車車両価格一覧

レクサス新型LSアウディA6セダン
ガソリン車LS500:980万(1,020万)
LS500“I package”:1,042万(1,082万)
LS500“F SPORT”:1,200万(1,210万)
LS500“version L”:1,320万(1,360万)
LS500“EXECUTIVE”:1,500万(1,540万)
1.8 TFSI S tronic:628万
2.0 TFSI quattro S tronic:680万
3.0 TFSI quattro S tronic:888万
ハイブリッドLS500h:1,120万(1,160万)
LS500h“I package”:1,180万(1,220万)
LS500h“F SPORT”:1,310万(1,350万)
LS500h“version L”:1,460万(1,500万)
LS500h“EXECUTIVE”:1,640万(1,680万)
[単位]円(税込)( )内は4WD

レクサスLSとアウディA6セダンのどちらが好み?

新型LSはガソリンエンジンとハイブリッドエンジンを揃え、パワフルな走りと高いレベルの低燃費、そしてドライバーやゲストをもてなす究極の乗り心地を追求した車といえます。
アウディA6セダンは、高級車としてドイツ車らしいスタイリッシュで高級感ある内装ですが、走行性能はスポーツセダンとして一級品であり、走りを楽しめるスポーツセダンです。
S6やRS6を用意しているあたりも、スポーツカー好きの好奇心をそそられます。
快適性なら新型LS、スポーツ性ならA6セダンをおすすめといえるでしょう。

レクサスとの他の車種比較記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す