初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサス】東京モーターショーで自動運転を見据えた最上級コンセプトカーを世界初公開

レクサスが東京モーターショー2017にて、コンセプトカーである「LS+ Concept」を世界初公開しました。「LS+ Concept」はフラッグシップセダンである「LS」の将来像を示唆するモデルとなっており、最先端技術が搭載されています。

レクサスが東京モーターショーにて「LS+ Concept」を世界初公開

レクサス LSの将来像を示唆する先進的なデザイン

レクサス 「LS+ Concept」はフラッグシップであるLSの将来像を示唆するコンセプトカーであり、LEXUSのデザインフィロソフィー「L-finesse」に基づいた次世代デザインとなっています。

フロントには大型グリルシャッターが採用することで、冷却性能と空力性能を両立させています。
また、一部のライト類にレーザーを用いることでレクサスらしいデザインに仕上がっています。

最先端の自動運転技術

レクサス「LS+ Concept」には2020年の実用化を見据えた最先端の自動運転技術が搭載されます。
自動運転技術として「Highway Teammate」が採用されます。
「Highway Teammate」は自動車専用道路にて、入口のランプウェイから出口のランプウェイまで自動走行することを可能としています。
交通状況に応じて、車載システムが適切な判断をすることで、合流・車線変更・車線維持などを実現しました。

また、車と常にネットワークに接続することで、ソフトウェアを更新し機能の追加を図ることができます。
人工知能(AI)の採用により、高性能な自動運転を実現します。

東京モーターショー2017についてはこちら

新型レクサス LSについてはこちら

自動運転についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す