初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

自動車のナンバープレートの無駄な豆知識。使われていない平仮名とその理由!

ナンバープレートの数字の前にある、ひらがなです。レンタカーなどは必ず「わ」か「れ」を使う、などのルールがあるようですが、実はまったく使ってはいけないひらがながあります。そこで今回は、ナンバープレートで使ってはいけないひらがなについて紹介します。

使えない文字・その1「お」

とくに縁起が悪い言葉でもない「お」が使えないのはなぜか気になります。正解はこちらです。

「お」はすでに使われている「あ」にフォルムが似ていて見間違える可能性があるということなんです。

その代用として「を」が使われています。

使えない文字・その2「し」

なぜ「し」は使えないのか気になります。これはもしかしたら見当がつくかもしれません。

正解は死を連想させるので、縁起が悪いということだそうです。

使えない文字・その3「ん」

なぜ「ん」は使えないのか気になります。縁起も悪くなければ、他に見た目の似ている文字もないです。

正解は、読みづらいからです。

たとえば、「お車の移動をお願いします。ナンバーは“ん”」といったときに、読みづらいからということらしいです。

ラストの使えない文字「へ」

なぜ「へ」は使えないのか気になります。縁起も悪くないし、他に似ている文字もありません。かといって、読みにくくもないです。

正解は諸説ありまして、一つ目は「屁」を連想させて不潔である、二つ目は自動車名だけに「屁」は「排気ガス」をイメージさせるというものです。

この使用されない文字についての意見

「あ」と「お」より遠くから見ると、見づらいのに、「ぬ」と「め」は使用されていておかしいという意見があります。

使用禁止のひらがなは「お・し・へ・ん」なので、「推し変」と覚えておくことをおすすめします。

ひらがなも含めて語呂合わせを楽しめる

いろいろなtwitterを見ていると、ナンバーをひらがなも含めて語呂合わせしたい人もいるようです。

そういう人のなかには、お、し、ん、へ、を使いたかった人もいるでしょう。また、なにかの縁起を担いで、お、し、ん、へを使いたかった人もいたでしょう。

そういう人にとっては残念ですが、気を取り直してこの文字を使わないうまい語呂あわせを考えてみてください。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す