車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型EV(電気自動車)最新情報!開発事情やマツダとの競合から発売日予想まで

トヨタもEV開発に本腰を入れだした!HVやFCVの印象が強いトヨタは2020年に向け、マツダと連携して新型EV開発を進めるようです。東京モーターショーに登場のコンセプトEVを紹介しながら、トヨタ新型EVの発売日・価格予想を含めた最新情報を紹介!

最新情報!トヨタが新型EVを開発中

ハイブリッドカー」のトヨタの新型EV開発最新情報を紹介します。

ルロワ副社長は東京モーターショー2017のプレスカンファレンスにて、「トヨタは全固体電池に関する特許出願件数において世界トップです。現在、200名を超える技術者とともに、2020年代前半の実用化を目指して、開発を加速しています。これは、燃料電池車FCV)への我々の取り組みが後退するという意味ではありません。」と述べており、EVの開発だけでなく、FCVの開発にも意欲的であることを明らかにしました。

また、EV開発はマツダと協力することも決定、マツダのあの技術を搭載するかもしれないと言われています。
東京モーターショー2017に出展のEVコンセプトカーを紹介しながら、発売日・価格も大胆予想します!

東京モーターショー2017についてはこちら

トヨタが東京モーターショーにて発表した新型FCVについてはこちら

トヨタ開発の新型EVの最新情報は東京モーターショー2017で!

トヨタといえばプリウスを始めとしたハイブリッドカーや、最近ではミライのような燃料電池自動車FCV)も注目を集めました。

EVのイメージはあまりない方もいるかもしれませんが、東京モーターショー2017では新型EVコンセプトカーを発表予定です。

新型EVを紹介する前にこれまでトヨタが発売したEVを紹介します。

トヨタ i-ROAD

超コンパクトサイズの小型モビリティのトヨタ i-ROADは、3輪タイプの電気自動車です。バイクのような手軽さでありながらもヘルメットは不要。雨の日でも気軽に運転できます。
また、2017年のジュネーブモーターショーではi-ROAD の進化版、i-TRILも発表されました。
主にカーシェアリングに使われることが多いでしょう。

トヨタ eQ

トヨタの4人乗りコンパクトカー「iQ」をベースに開発されたeQは、コロンとしたデザイン、限定100台という販売数も記憶に残っている方も多いでしょう。
2012年に発売されたときは、まだまだEVの普及は難しいとのことでこの数量になりましたが、今発売したら人気が出そうなモデルです。

RAV4 EV

小型SUV「RAV4」をベースに開発されたRAV4 EVは、2012年9月からアメリカ カリフォルニアで販売、しかし、残念ながら2014年に発売終了となってしまいました。
走行距離は160km程度と、他社のEVよりも短めです。

このように、HVやPHVFCVで注目を集めるトヨタは、EV開発も粛々と進めていました。

提携したマツダとの関係は?

マツダとの業務資本提携調印式

トヨタのEVの開発スピードに少し物足りなさを感じているという方も多いでしょう。

しかし、2017年8月にトヨタはマツダと業務資本提携し、それぞれの技術、事業基盤強化など、協力して成長することを決めました。

そして、2017年9月には、トヨタとマツダ、自動車部品メーカーのデンソーの3社でEV開発の新会社を設立することになりました。
EV投入計画は、マツダが2019年、トヨタが2020年となっており、それに合わせて基本技術や制御システムの開発を進めるようです。

トヨタ1社だけでEV開発を進めるよりも、マツダやさまざまなメーカーと協力することで、よりよいEV(レンジエクステンダーEV)を開発することできるでしょう。

マツダ RX-8

また、トヨタはマツダの持つロータリーエンジンの技術を使ったレンジエクステンダーEVの開発をするのではないか、とも言われています。
ロータリーエンジンは小型で振動も少ないことが特徴で、発電用に使えばEVの航続距離を伸ばす方法の1つとなります。

現在、EVの購入を躊躇する理由に航続距離と充電ステーションの数があります。BMWのi3や、日産 ノート e-POWERのようなレンジエクステンダーEVは、それらの不安を解消してくれます。

具体的なEVの登場にはもう少し時間がかかりそうですが、東京モーターショー2017ではEVのコンセプトカーの展示があります。
どのような車なのか、じっくり確認してみましょう。

マツダ RX-8についてはこちら

レクサスもEVを開発中?新型ハッチバックについてはこちら

トヨタのEV コンセプト-愛i を紹介

トヨタは東京モーターショー2017でEVコンセプトカー「TOYOTA コンセプト-愛i」を出展します。近未来を感じさせる丸みを帯びたデザインは、「愛」という言葉のとおり、優しさを感じます。
初めての発表は2017年1月にラスベガスで開催の「International CES」でした。

コンセプトは「more than a machine, a partner」。ドライバーを理解して共に成長する、大切なパートナーのような存在として、「新しい時代の愛車」となることを目指している、という考え方で開発されました。

シリーズ展開として、小型モビリティ「コンセプト-愛i RIDE」と歩行領域のモビリティ「コンセプト-愛i WALK」があります。

「人を理解する」技術を搭載

近年ではEVの開発も急ピッチで進められていますが、それと同時にAI技術や自動運転技術も向上しています。
コンセプト-愛iは、人工知能技術を搭載することで「人を理解する」パートナーとしての車を目指しています。例えば、ドライバーの表情や動作、会話などのその場の情報を収集することはもちろん、web上のニュースなどの情報、位置情報、SNS発信情報などで嗜好を分析してくれることが「人を理解する」ということにつながります。
この技術をベースに、自動運転技術との組み合わせで「安全・安心をサポート」、エージェント技術との組み合わせで「新しいFun to Drive」が生まれます。

ドライバーの好みに合わせた運転、周囲の環境に合わせた安全な運転、そして車に乗ることが楽しくなる運転。より人間に近い「愛」のある車になっているといえるでしょう。

トヨタが発表した「愛iシリーズ」についてはこちら

トヨタ コンセプト愛i 外装デザイン

未来を感じる白く丸いシルエット、継ぎ目の少ないシンプルなデザインは、現行のプリウスに近いサイズ感です。
コンセプトカーのため、現在市場にある車と比べると目新しい印象ですが、市販車の場合は、今後のトレンドに合わせたデザインになって発売されるしょう。

コンセプト-愛i プリウス(グレードA)
全長4,5104,540
全幅1,8301,760
全高1,4751,470
ホイールベース2,700
2,700
車両重量-
1,360
乗車定員45
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ コンセプト愛i 内装デザイン

内装も外装と同様、なめらかな曲線が特徴的です。足元のブルーのデザインもおしゃれですね。
ハンドルの形状もユニークな点、メーターやボタンがあまりないことも特徴です。スッキリしたデザインですが、さまざまな機能が搭載されていることが予想できます。

トヨタ コンセプト愛i 航続距離

航続距離は「300km」となっています。
2017年10月に発売された日産リーフの航続距離が400kmということを考えると、少し物足りなさを感じます。しかし、そこは今後のますますEV関連の技術が向上することを考えると、市販車は少なくとも400kmになるのではないでしょうか。
また、マツダのロータリーエンジンで発電できる可能性もあり、航続距離の延長が期待されます。

日産 リーフについてはこちら

トヨタ 新型EV 発売日【予想】

コンセプト-愛iは、残念ながらコンセプトカーですので、このまますぐに発売というわけではありません。
ただし、2020年にトヨタは量産型EVを市場投入するという計画があります。まずは2020年を楽しみに待ちましょう。

コンセプト-愛iについては、 2020年頃に、日本で公道実証実験を開始することから、同等の性能を持つモデルはもっと先の発売となるでしょう。

2017年以降も国内外多くの自動車メーカーが競い合うようにEVを開発・発売を予定しています。
2020年頃にはトヨタの新しいEVも、選択肢の1つとなると考えられます。

トヨタ 新型EV 価格【予想】

トヨタがEVを販売する場合、「価格が気になる!という方も多いでしょう。
まずは参考に、トヨタの代表的なエコカーと国内のEVの人気車種 日産 リーフの価格を比較してみます。

車種
価格
トヨタ プリウス (HV)
242万円~
トヨタ プリウスPHV
326万円~
トヨタ ミライ (FCV)
723万円~
日産 リーフ (EV)
315万円~

一般的に購入できそうな金額として、トヨタ プリウス、プリウスPHV、日産 リーフの250~350万円が目安と言えそうです。
すでにEVを発売していた経緯もあるので、FCVのミライのような500万円を超える価格になることは今のところ考えにくいです。

今後のトヨタ 新型EV開発の最新情報もお楽しみに!

車 ロゴ エコ ハイブリッド

©Shutterstock.com/ Ermak Oksana

これまでHVやFCVのような世界初のエコカーを発売してきたトヨタですが、EVに関してはこれまで大きな動きはなかったように感じます。

しかし、マツダなど他の自動車メーカー・関連会社との連携、東京モーターショーにコンセプト-愛iを出展するなど、今まで以上のペースでEV開発を進めていくことでしょう。

プリウスやミライのように、私達を感動させるEVの登場に期待しましょう。

電気自動車(EV)に関する最新情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す