初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタのマークXを買うならベストグレードは「250G」!

トヨタのマークX(プレミアム、スタンダード、スポーツ)は上級セダンとして知られています。 そんなマークXの250Gはスタンダードなモデルです。そこで今回は250Gの魅力やグレードの違いや、エンジンについてまとめてたのでこれから購入予定の人はぜひ参考にしてみてください。

マークXのスタンダードがベスト!

マークXには大まかにプレミアム、スタンダード、スポーツがあります。

なぜ250Gがベストかというと、上位モデルの内装やアルミホイルはほぼ変わらずに燃費も若干いいというポイントがあります。トルクの面では劣りますが、燃費はリッターあたり11.8Kmなので上位モデルよりも1.8Kmの差があります。

250Gが2,777,143円なのに対してプレミアムは4,011,429円と値段も大きく異なります。

ラインナップやグレード

マークXはスタンダードの「250G」、4WDの「250G FOUR」、これらをベースとして一部工程を端折った「Fパッケージ」があります。

スポーツタイプの「Sパッケージ」、3.5L搭載した「350S」など250Gをベースしたタイプと、2.5L/3.5Lを搭載したゴージャスな「プレミアム」と4WDの「プレミアム Four」、GAZOO Racingが作る工程に参加した「Gs」のプレミアムタイプがあります。

プレミアム・スポーツ・スタンダードのグレードがあり、それぞれの個性や大人な雰囲気を醸し出すゴージャスな仕様です。

エンジンは2.5Lが売れ筋

2.5Lと3.5Lのエンジンがありますが、3.5Lのエンジンはプレミアムグレードのみ適応となっていてプレミアムガソリン仕様です。

また、2.5Lエンジンではレギュラーガソリン仕様で、トルクは劣るもののレギュラーガソリン仕様なところはかなり評価できます。

エンジンやスペック

レギュラーの203馬力仕様の2.5L V型6気筒DOHC「4GR-FSE」エンジン、ハイオクの318馬力の3.5L V型6気筒DOHC「2GR-FSE」エンジンの2種類のエンジンがあります。

スーパーインテリジェント6速オートマチックを装備し、最近では少なくなったFR(後輪駆動)を組み合わせています。それにより加速と変速フィーリング、燃費は抜群にいいです。

シーケンシャルシフトマチックを全車に装備しているので、まるでマニュアル車に乗っているような感覚を味わえます。

グレード「プレミアム」との違い

違いはほぼないといっても過言ではありません。大きな違いは内装の装備が違う点です。

プレミアムにあるのは、ナノイー、ブレーキ制御、木目調のシフトノブ、木目調のハンドルです。

プレミアムはエンジンが2.5Lと3.5Lの2種類あるので、3.5Lを選べばプレミアムガソリンを入れることになり馬力もその分違います。

250Gはおすすめ

内装も馬力もプレミアムのほうがいいという人はプレミアムを選ぶほうがいいですが、スタンダードの250Gでも十分ゴージャスな内装を備えています。

また、馬力に関しても普通の街乗りであれば250Gでいい走りができます。

このことを踏まえて250Gを選ぶことを検討してみてください。

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す