初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツ発売!価格や性能、GRシリーズについても

ついにトヨタから新スポーツカーシリーズ「GR」が登場しました。発表で多くのGRモデルが登場しましたが、その中でも注目したのがGRシリーズに新たに加わった新型プリウスPHV GRスポーツです。プリウスPHV GRスポーツのスペックや価格などを解説します。

GRシリーズにトヨタ新型プリウスPHV GRスポーツが登場

トヨタは2017年9月19日にスポーツカーシリーズ「GR(ジーアール)」を新たに立ち上げ、プリウスPHVのGRモデルとなる新型プリウスPHV GR SPORT(プリウスピーエイチブイ ジーアール スポーツ)を発表しました。
GRの先代名にあたる「G's(ジーズ)」では、トヨタ プリウスのコンバージョンである「プリウスG's」が発売された経緯がありますが、プラグインハイブリッドであるプリウスPHVのコンバージョンは今回は初めてとなります。

トヨタ プリウスPHVについての記事はこちら

HV/PHEV/PHV/FCV/EVそれぞれの意味についての説明はこちら

新スポーツカーシリーズ「GR」とは

GRとは、トヨタが展開するスポーツカーシリーズであり、特定のトヨタ車種にGRモデルを追加し、特別なスポーツカーでなくてもスポーツテイスト溢れる車両をリリースしています。

GRは「Gazoo Racing」の頭文字をとったもので、トヨタが「もっといいクルマづくり」を目指すため、車両にGazoo Racing(ガズーレーシング)が開発したパーツを装備したり、またボディ補強やセッティング、テスト走行などを行なっています。
そのため、GRシリーズは走行性能面で通常モデルとは違う味付けがされています。

今回、発表されたGRのモデルは以下のとおりです。

画像上段左から:ハリアー GR SPORT、ヴィッツGR SPORT、ヴィッツGR
画像下段左から:ノアGR SPORT、ヴォクシーGR SPORT、マークX GR SPORT、プリウスPHV GR SPORT

GRのグレードヒエラルキーは

GRシリーズにはいくつかあり、「GRMN(ジーアールエムエヌ)」「GR」「GR SPORT」、そしてGRオリジナルのアフターパーツを販売する「GR PARTS(ジーアールパーツ)」から成り立っています。

これらグレードのヒエラルキーは上画像のようになり、チューニング度合の高いものから順に GRMN、GR、GRスポーツとなります。
今回紹介する新型プリウスPHV GRスポーツは最もライトチューニングなモデルですが、通常のプリウスPHVからはかなりのモディファイがされているのが伺えます。

GRスポーツに関する詳細記事はこちら

トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツの外観(エクステリア)デザイン

新型プリウスPHV GRスポーツは、グレードのSとS“ナビパッケージ”をベースに外装カスタムパーツを多く取り付けられ、通常乗用車のプラグインハイブリッドとは思えないほどスポーティーな外観スタイルになっています。
トヨタカタログのスポーツカーラインナップに86と並べても遜色がないほどです。

通常モデルから外装で変更された箇所とボディカラーは以下のとおりです。

プリウスPHV GRスポーツの外装変更箇所とボディカラー

変更箇所
・専用アッパーグリル+大開口ロアグリル(スモークメッキ)
・LED ヘッドランプ(スモーク加飾)
・大型フォグランプベゼル/LEDイルミネーションビーム
・フロントコーナーベゼル
・ドアミラーカバー(ブラック)
・リヤピラーガーニッシュ
・リヤコーナーベゼル
・LEDリヤコンビネーションランプ&ハイマウントストップランプ(スモーククリアレンズ)
・専用リヤバンパー+リヤバンパーロアカバーリヤフォグランプ
・専用エンブレム(フロント・サイド・リヤ)・トヨタエンブレム(アクリル+ブラック)
・225/40R18タイヤ(ダンロップSP SPORT 2050)【S“ナビパッケージ・GR SPORT”に標準設定】
・18×7 1/2Jアルミホイール(ダークスパッタリング)+専用センターオーナメント【S“ナビパッケージ・GR SPORT”に標準設定】
・225/40R18タイヤ(ダンロップ SP SPORT 2050)【S“GR SPORT”に標準設定】
・18×7 1/2Jアルミホイール(ダークグレー塗装+切削光輝+レーザー照射レッドライン)+専用センターオーナメント【S“GR SPORT”に標準設定】
ボディーカラー ラインナップ
・ホワイトパールクリスタルシャイン(メーカーオプション32,400円)
・シルバーメタリック・グレーメタリック
・アティチュードプラックマイカ
・エモーショナルレッド
・サーモテクトライムグリーン
・スピリテッドアクアメタリック

トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツの内観(インテリア)デザイン

新型プリウスPHV GRスポーツの内装は、専用に開発された小径本革巻き3本ステアリングやスポーティシートなどが変更されており、エコカーというよりスポーツカーの雰囲気になっています。
ドアパネルやメーターフードなどにはダブルステッチが施されたスエード調ファブリックを採用しており、細部にまでGazoo Racingこだわりのカスタマイズがされています。

プリウスPHV GRスポーツの内装変更箇所

内装変更箇所
・専用小径本革巻き3本スポークステアリングホイール(シルバーステッチ+GR エンブレム+スポーク部:ダークシルバー塗装)
・専用スポーティシート(GR エンブレム付+シルバーダブルステッチ付)/シート表皮(メイン部:パーフォレーション付ブランノーブ®/ サイド部:合成皮革)
・専用タコメーター(GRロゴ付)
・シフトノブ(スモークブラック加飾)+シフトパネル(ブラック加飾)
・専用スタートスイッチ(GRロゴ付)
・アルミペダル(アクセル・ブレーキ)
・メーターフード(スエード調ファブリック+ダブルステッチ)
・フロントピラー(ブラック)
・センタークラスターモール(ダークメッキ調)
・センタークラスターパネル(ダークアルマイト調塗装+ヘアライン加工)
・センター&サイドレジスターノブ(ダークメッキ調)/サイドレジスターベゼル(ダークメッキ調)
・フロント大型コンソールボックス(スエード調ファブリック巻き+ダブルステッチ)/リヤ大型センターアームレスト(スエード調ファブリック巻き+ダブルステッチ+ブラック加飾)
・フロントドアスイッチベース(ダークアルマイト調塗装+ヘアライン加工)/ リヤドアスイッチベース(ダークアルマイト調塗装)
・フロント&リヤドアアームレスト(スエード調ファブリック+ダブルステッチ)

トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツの車体剛性・足回りの変更箇所

トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツには、外装・内装の変更だけでなく、車体剛性を高めるためのボディ補強や、サスペンション、ブレーキキャリパーといった専用パーツが組み込まれています。
エンジンや吸・排気といったパワー向上のチューニングは行われていませんが、剛性アップによる直進安定性やサスペンション変更によるコーナーリング性能向上は新型プリウスPHV GRスポーツをスポーティーに仕上げるため最良のカスタマイズといえます。

車体剛性・足回りの変更箇所

変更箇所変更パーツ
専用剛性アップパーツ& 空力パーツ・フロントセンターブレースNo.1
・フロントセンターブレースNo.2
・フロントサイドブレース
・センターブレース
・リヤブレース
・リヤブレース一体フィン
・リヤサスペンションアームブラケット
サスペンション専用チューニングサスペンション
アブソーバーの減衰力チューニング、バネ定数のアップ
(フロント約1.3倍、リヤ約1.5倍)などを実施。
フロントサスペンションを13mmローダウンさせ、
重心高低下とロール姿勢の前傾化によって、
気持ち良いハンドリングを実現しています。
ブレーキ専用ブレーキキャリパー
(ホワイト塗装〈フロント・リヤ〉/GRロゴ付〈フロントのみ〉)

新型プリウスPHV GRスポーツのスペック

プリウスPHVのパワートレイン

新型プリウスPHV GRスポーツのエンジンや吸排気は変更箇所はありません。

全長全幅全高
4,6851,7601,470
ホイールベース車両重量乗車定員
2,7001,5504
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類直列4気筒DOHC
排気量1.8L
最高出力72[98]/5,200
最大トルク142[14.5]/3,600
モーター最高出力フロント:53[72]
リア:23[31]
最大トルクフロント:163[16.6]
リア:40[4.1]
トランスミッション電気式無段変速機
駆動方式FF
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

プリウスとプリウスPHVの違いについてはこちら

プラウインハイブリッドの詳細説明はこちら

トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツの燃費

プリウスPHVのバッテリー

新型プリウスPHV GRスポーツのEV走行換算距離とハイブリッド走行時における燃費は、公式で発表はされていません。
しかし、グレードのSとS"ナビパッケージ"をベースにエンジンや吸排気などの変更がないとすれば、JC08モード燃費値やEV走行換算距離は変更がないと考えられます。
よって、JC08モード燃費値が37.2km/L、EV走行換算距離は68.2km/Lでしょう。

また、現行モデルのプリウスPHVは実燃費で30.7km/L、EV走行換算距離の実走値が50.0~60.0km/Lであり、燃費がカタログ値から大きく変わるということはないようです。

トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツ EV走行換算距離
JC08モード燃費(等価EVレンジ)68.2
実走行でのEV走行換算距離50.0~60.0
[単位]km
トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツ ハイブリシッド走行燃費値
JC08モード燃費37.2
実燃費30.7
[単位]km/L

電気自動車(EV)の最新情報はこちら

トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツの新車価格

新型プリウスPHV GRスポーツの価格は、以下のようになります。

トヨタ新型プリウスPHV GRスポーツ 新車価格
S"ナビ パッケージ・GR SPORT"412万
S"GR SPORT"371万
[単位]円(消費税込み)

新型プリウスPHV GRスポーツの新車購入時は、エコカー減税自動車重量税自動車取得税、グリーン化特例、CEV補助金(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)の対象車種となるため、S“ナビパッケージ・GR SPORT”で最大 約36万円、S“GR SPORT”で最大 約35万円が優遇されます。

優遇額
S“ナビパッケージ・GR SPORT”S“GR SPORT”
自動車重量税約3万円約3万円
自動車取得税約10万円約9万円
グリーン化特例(登録翌年度)概ね75%約3万円約3万円
CEV補助金
(クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金)
最大 20万円最大 20万円
合計金額最大 約36万円最大 約35万円

トヨタプリウスPHVの中古車情報

2015年式 トヨタプリウスPHV

プリウスPHVは登場が2011年で、6年経った現在安い価格な中古車が多くなっています。
気になることは、バッテリーの寿命や交換などでしょう。

通常、プリウスPHVは5年間で走行距離10万キロまで保証がついています。
さらに、登録から5年後に値する2度目の車検時にプラス1万7千円を上乗せすれば、もう2年保障が追加される仕組みになっているため、購入時にはよく確認しておきましょう。

もし保証対象外となれば、EV用バッテリー交換費用で約20万円、HV用バッテリー交換費用で約65万円もかかるため、非常にイタい出費となります。

しかしトヨタのディーラーは20万キロがバッテリー交換目安としています。
走行距離が増えるにつれて本来のパフォーマンスからは劣りますが、中古車が10万キロオーバーでも問題なく走行できるレベルにあるといえるでしょう。

トヨタ プリウスPHVモデル別中古車価格帯
モデル年式価格
初代プリウスPHV2011~201684万~467万
2代目プリウスPHV2017~279万~452万
[単位]年式:(西暦)年、価格:円

最新「プリウスPHV」中古車情報!

本日の在庫数 426
平均価格 242.5万円
本体価格 54〜498万円
Pick up!
Pick up!

ハイブリッドカーのバッテリー交換に関する記事はこちら

トヨタ プリウスPHVとは【おさらい】

プリウスPHVはトヨタが生産・販売を行っているプラグインハイブリッド車で、2017年2月にフルモデルチェンジを果たし、現行モデルで2代目となります。

現行モデルと初代モデルで大きく異なる点は、ベースとなるプリウスと外観デザインが全く違う仕様になっていること、内装ではインパネに大きな11.6インチ液晶モニターを搭載し、タッチパネル方式で空調/オーディオ/車両状況の確認などが行えるようになったことです。
燃費やEV走行の航続距離も伸び、2代目から飛躍的な進化を遂げています。

プリウスPHVについてもっと知りたい方はこちら

ライバルは日産ノートe-POWER NISMO!

2017年モデル 日産ノートe-POWER NISMO

今回、新型プリウスPHV GRスポーツが登場し、プラグインハイブリッドのスポーツカーもアリだなぁと感じるものでした。
かつてのG'sシリーズで登場したプリウスG'sともまた、性格が異なる味付けです。
新型プリウスPHV GRスポーツの最大のライバル車は、日産 ノートe-POWER NISMOでしょう。
NISMOという日産最高峰のスポーツシリーズにおける本格エコカー・ノートe-POWERは、トヨタとしても意識せざるを得ない存在に違いありません。

GRのエアロパーツやホイールなどはスポーツカーとしての雰囲気がとても感じられ、素直にカッコいいと言えるものだと思います。
新型プリウスPHV GRスポーツがライバル車に負けない人気を得ることができるか、これから注目していきたいと思います。

日産 ノートe-POWER NISMOについてはこちら

プラグインハイブリッドの新型モデルに関する最新情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!