初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

世界で1番最初にできた車って何か知ってる?車の歴史、未来の車

毎日当たり前のように見るクルマ。私たち人間にとってはとても重要な存在です。ところでそんなクルマは、一体いつ、どこで生まれ、誰が作ったのでしょうか。そしてクルマはこれから先もどんな進化をしていくのか、クルマの始まりと未来をちょっとまとめてみました。

蒸気で走る、自動車の誕生

自動車が誕生したのは1769年です。その頃日本はと言えば、まだ江戸時代でした。世界初の車は蒸気で走るタイプのもの。さらに、世界初の「交通事故」を起こした車でもありました。

フランスにて、ニコラ・ジョセフ・キュニョーにより、蒸気で走る自動車が発明されました。ヨーロッパでは馬車を用いて、人や荷物を運ぶ時代でした。

この絵は走行実験中にハンドルを切り損ねて壁に激突してしまったクルマです。世界初の交通事故を起こした自動車と言えるでしょう。

では、蒸気ではなく今のクルマと同じようにガソリンで走るクルマはいつ生まれたのでしょう。

ガソリンで走る、自動車の誕生

こちらが世界初のガソリン車、ベンツ1号とも言われている「ベンツ・パテント・モートル・ヴァーゲン」です。そう、あのベンツが世界初のガソリン車だったのです。

1886年に作られたクルマは、棒ハンドルで前輪を操向しており、時速15kmの走行が可能でした。

マンハイムの展示会で試用運転を行い、翌年1月29日に特許を取得。これは世界で最初の「ガソリンを動力とする車両」に対する特許であり、この日ははじめて乗用車が誕生した記念日とも言われています。

このように、今も自動車業界の先頭をいくベンツが、この時に自身の会社の前身と自動車業界の繁栄の礎を築いたのです。

意外と古い、電気自動車の歴史

これからの時代のスタンダードになるであろう電気自動車やハイブリッドカー。実は、電気自動車はガソリン車よりも歴史が古かったのです。

写真は「ジャメ・コンタント号」です。

電池は1777年、モーターは1823年に発明されていました。1873年にはイギリスで電気式四輪のトラックが実用化された過去があります。史上初の時速100㎞超えを達成したのは、なんと電気自動車でした。

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す