車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【無意味?】インナーサイレンサーの実際の効果から取り付け方や車検での注意点まで

手軽に排気音量を下げることのできるインナーサイレンサーですが、実際の効果にはやや疑問視される部分もあります。インナーサイレンサーのメカニズムを解剖し、その効果について検証します。インナーサイレンサーの取り付け方や車検時の注意点なども細かな疑問にもお答えします。

インナーサイレンサーとは?

インナーサイレンサーとは、マフラー出口取り付けることで、手軽に排気音量を下げることができるアイテムです。
大音量で迫力のあるエギゾーストノートを響かせて走りたいけれど、ご近所の迷惑になってしまうんじゃないかと心配する方には、脱着できるインナーサイレンサーをおすすめします。
迷惑になる深夜の帰宅時にはインナーサイレンサーを装着するという風に、時と場合に応じて排気音量を調整できるすぐれもの。
しかし、あくまで補助部品であるため、インナーサイレンサーを付けていれば大丈夫というものではありません。
実際にその効果はどれほどのものなのでしょうか。
インナーサイレンサーの効果を検証したいと思います。

サイレンサーのメカニズム

膨張管による消音の役割を持つサイレンサー。通称タイコ

マフラーから出る排気音は、言い換えればエンジン内で起こるガソリンの爆発音です。
そして、音とは空気の波のこと。
マフラーから出る音を小さくするには、排気管内を通る排気ガスの波のエネルギーをマフラー内で、いかに減衰させるかがポイントになります。
純正マフラーでは、主にタイコと呼ばれる大きな膨張管を利用して消音しています。
このタイコの構造が、すなわちサイレンサー(消音器)として働くのです。

膨張管の消音作用

細い管から広い空間に出た排気ガスは流速を下げ、それと同時に大きく圧力を下げます。
そのとき排気ガスの持つエネルギーも下がることになるので、大きな消音器ほど排気音が小さくなる傾向にあります。

しかし、排気ガスの流速を下げるということは、排気効率が悪化するということです。
そもそもスポーツマフラーは排気抵抗を減らし、高い排気効率を実現することが目的ですから、抵抗が大きくては元も子もありません。
そのためスポーツマフラーは小さめの消音器が装備されることになり、必然的に音量が大きくなってしまうのです。

大きくなってしまうスポーツマフラーの音量に対して、補助をするのがインナーサイレンサー役割です。
細いパイプがマフラーに突き刺さるような、あの独特の構造は排気管内に小さな膨張管消音器を仮設するという理にかなった形状なのです。

インナーサイレンサーの効果

インナーサイレンサーを装着した状態。マフラー出口の径が大きく絞られています。

膨張管によるサイレンサーは主に低音域の消音に効果があります。
低音域の音は、屋内に入り込みやすく、うるさいと感じやすい音でもあるので、膨張管による低音域の音量低下は、騒音対策に効果的といえます。
中、高音域の音量に対しては、グラスウールやスチールウールなどの目の細かな繊維フィルターを通過させることで減衰させることができます。
そのため、純正マフラーのサイレンサー内部にはグラスウールが充填されています。
消音効果の高い、高価なインナーサイレンサーにはパイプ部分に無数の穴があけられ、グラスウールなどが巻き付けられたものが販売されています。
細かな加工を施すことによりインナーサイレンサーの効果を高め、全音域で音量を下げることができるのです。

実際の効果はどれほど?

動画で比べるとわかるように、ただの金属筒のインナーサイレンサーを取り付けただけでも、お腹に響くような重低音が消えているのが分かります。
また、グラスウールが巻き付けれられたインナーサイレンサーでは、全体的に音量が下がっていのが分かると思います。
インナーサイレンサーと装着した状態で、音量を表すdBを計測すると、下がっているのはほんの数dBですが、体感的には大きく音量が下がっていると実感できると思います。

インナーサイレンサーの取り付け方

インナーサイレンサーの取り付けは、主にボルト1、2本で固定されます。
インナーサイレンサー装着状態で車検が通るもの、あるいは最初からマフラー出口に取り付けボルト穴があけられているものであれば、ボルトで固定するだけで取り付けれられます。
穴があいていないものは、ドリルなどを使って穴あけ加工をする必要があります。
多くのスポーツマフラーに使われるステンレスは硬い金属ですので、加工の際はケガなどないように注意してください。

また、用意するインナーサイレンサーはマフラーの内径にぴったり合ったものご使用ください。
大きいものは当然取り付けできませんが、小さい場合は消音効果を十分に発揮できない場合があるので、適合サイズを確認しておきましょう。

インナーサイレンサー使用上の注意

注意 警告 看板

©Shutterstock.com/ NEGOVURA

インナーサイレンサーを装着すると、その抵抗により「エンジンに負担をかける」「タービンブローしやすくなる」という噂をよくききます。
しかし、よほどインナーサイレンサーのパイプ径を絞らない限り、その心配はないでしょう。
排気抵抗ならば純正マフラーの方が大きいですし、排気しずらい状態ではそもそもタービン自体が回りずらくなります。
そのため、インナーサイレンサーを装着した状態では、排気抵抗により高回転域のエンジンパワーが大きく落ち込むことになります。

それよりも問題なのは、インナーサイレンサーを固定するボルトが緩んでいたり、腐食等で劣化していた場合です。
その状態で全開走行すると、サイレンサーが排気により飛んでしまう場合があるので、固定ネジは定期的にチェックしましょう。
また、長期にわたってインナーサイレンサーを装着していた場合は、錆などで固着する恐れがあるので、ときどき外して清掃することをおすすめします。
その際は、痩せて小さくなったグラスウールなどの消音材を交換することで、消音効果を回復させるメンテナンスになります。
走行後のインナーサイレンサーは排気ガスにより加熱されていますので、脱着時の火傷にはくれぐれもご注意ください。

インナーサイレンサーの車検での注意

車 メンテナンス 点検

©iStockphoto.com/gilaxia

便利なインナーサイレンサーですが、車検が通るかどうかは曖昧な部分が多いようです。
音量は規制値内だとしても、その取り付け方に不備がある場合は車検は通りません。
保安基準において、「消音器の騒音低減機構を容易に除去できる構造でないこと」とされています。
つまり簡単に外せる状態では車検は通らないということです。
すぐに取り外せるような蝶ネジなどではNGです。
溶接やリベットならばOKですが、ボルトでの取り付けは車検の検査官によってはNGとなる場合があるようです。

法改正により、平成22年4月以降に製産された車はインナーサイレンサーの装着による消音自体が禁止となっていますので該当車種は注意が必要です。

わずかではあるが確実に効果あり

インナーサイレンサーは確実に消音効果を発揮してくれます。
ただし、あくまで補助的なものであるため、大きく音量を下げる必要がある場合にはマフラー自体を交換しましょう。
ほんの少しだけ、あるいは一時的に音量を下げたい場合に真価を発揮するのがインナーサイレンサーです。
また、マフラーが抜けすぎる場合にはパイプ径を調整して、エンジントルクの出方チューニングすることもできます。
ただし、見た目が悪くなってしまうのが唯一の欠点でしょうか。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す