初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

名車それとも迷車?時代が早すぎた自動車、スズキの「ツイン」の魅力!

発売当初は奇抜なデザインで敬遠されていたものの、その後「実は魅力的な車かもしれない」と再評価されることは意外と車業界においてはよくある話です。「スズキ ツイン」も最初は評価が低かったものの、近年脚光を浴びるようになった車の一つです。

軽自動車初のハイブリットもあった! 「スズキ ツイン」

570kgという超軽量ボディに2,735mmという短い全長が特徴の「スズキ ツイン」は2003年に発売されました。重量は全長だけでなく、ホイールスペースや最小回転半径にもこだわり、非常に小回りのきく2シーターカーでした。

「スズキ ツイン」のグレードは、ガソリンで駆動していた「ガソリンA」・「ガソリンB」と、軽自動車では初めてのハイブリットとなる「ハイブリット A」・「ハイブリットB」の全4種類です。ちなみに「ハイブリットA」は受注生産品でした。

軽初のハイブリッドだが……

「スズキ ツイン」は軽自動車で初めてハイブリットを設定しましたが、もともと重量の軽い軽自動車に対し、重量のあるバッテリーを搭載してしまったため、結局期待されたほどの燃費性能はありませんでした。

加えて、通常モデルと比較して車両価格が高くなってしまい、軽自動車にしては割高になってしまったのです。

ちなみに、一般的なハイブリット車と異なり、「スズキ ツイン」は二輪用のバッテリーを改良されたものが採用されています。

コロンとしたデザインは今見てもかわいい!

デザインはこのように丸を貴重とし、可愛らしさを演出することに成功しています。発売当時は不評だったかもしれませんが、レトロな雰囲気を持っていると評価できます。

中古車となったツインの今!

さまざまな問題を抱えていたツインは、発売を開始した2005年からわずか2年、総生産台数10.106台で生産が中止されてしまいます。そのような結果に終わってしまった「スズキ ツイン」。しかし、中古市場では思わぬ評価を得ているようです。

MT車はタマが少ない!

4つのグレードのうちの1つ、「ガソリンA」にのみMT設定があった「スズキ ツイン」ですが、現在では小さくて軽い車体とMTの組み合わせが一部のマニアックなドライバーに評価されているようです。

ただ、経済性を追求するドライバーから、カスタムのベース車としたいドライバーまで幅広く需要があるようなので、状態のいい中古車に出会うことは難しいかもしれません。

AT車はセカンドカーや近場の足として人気!

台数の少ないMT車と比べると、AT車はそれなりの台数が市場に出回っているようです。また、AT車はカスタム車のベースとされることが多いMT車と比べると、ノーマルな状態の車体が多いため、希望通りの中古車を購入できるでしょう。ただ、ハイブリッド車はMT以上に台数が少ないので注意してください。

AT車のメリットはなんといってもその手軽さにあります。細い路地を快適に走ったり、駐車も簡単に行ったりすることができます。

ツインをカスタマイズする!

「スズキ ツイン」は発売から生産中止までの過程で、いわゆる「不人気車」のレッテルを貼る方もいらっしゃるでしょう。しかし、現在では安価でカスタム車のベースが欲しいという方にとって、「スズキ ツイン」はうってつけの車になりました。

実際に、「ポルシェ GT3」風にしてみるドライバーもいるようです。

希少なツインいかがですか?

総生産台数わずか1万台あまりと短命に終わってしまった「スズキ ツイン」にスポットライトを当ててみました。

燃費が思った以上に伸びない、2シーターで車内が狭いというデメリットで、当時はなかなか売れ行きが伸び悩んでしまったのは事実です。しかし、現在ではその小さなボディとカスタマイズ性の高さで再評価されています。

販売終了から十数年経った今では状態のいい中古車を見つけるのは難しいかもしれませんが、機会があれば、ぜひチェックしてもらいたい車です。

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す