初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【人気ドライブレコーダー対決】ケンウッド・パイオニア・パナソニックを徹底比較

最近話題の「ドライブレコーダー」です。そこで今回は、人気メーカー3社(ケンウッド・パイオニア・パナソニック)のドライブレコーダーをまとめてランキング形式で紹介します。3社ともカーナビやカーオーディオで定評のあるメーカーなので、既存ユーザーにうれしい自社製品との連携モデルがあるのが特徴です。

ドラレコ選びに迷ったら人気3社のものを選ぼう

ケンウッド・パイオニア・パナソニックは車載オーディオやカーナビで有名な大手企業です。

ドライブレコーダー市場は成長分野なので、国内外や規模の大小を問わずさまざまな会社が市場に参入しています。乱立状態で実際のところどれを選んだらよいか迷っている人も多いことでしょう。

いつも使っているカーナビやオーディオ製品を製造している大手国産ブランドなら、初心者からドライブレコーダー慣れした方まで安心して購入できるので人気となっています。

人気ドライブレコーダーに関する記事はこちら

人気ドラレコメーカーランキング 1位

ケンウッド DRV-610

ケンウッドのDRV-610は人気3社のドライブレコーダーのなかで堂々の1位を獲得しています。

人気メーカー(パナソニック除く)のドライブレコーダーがほぼ同価格帯に属しているなか、ケンウッドの最上位モデルの位置づけとなる本機のコストパフォーマンスは非常に高く、それが1番人気の理由となっているものと思われます。

コンパクトサイズながら機能を満載していて、ボタンが右側面に配置されているためドライバーが操作しやすいのもポイントです。

映像は現在のドライブレコーダーの標準のフルHDを大きく超える高画質の300万画素(2,304×1,296)で、視野角も非常に広くて画像補正機能も高いこのモデルはとてもおすすめです。

モニターサイズ2.7型フルカラーTFT
カメラ画素数340万画素
記録解像度2,304×1,296
最大記録画角水平121° 垂直59° 対角141°
画像補正WDR
GPS/Gセンサー
音声記録
運転支援機能

人気ドラレコメーカーランキング 2位

ケンウッド DRV-325

こちらの機種はスタンダードタイプのドライブレコーダーです。

これから紹介するランキング4位の機種とまったく同じモデルで、今回の2位のモデルとの違いは、製品と同梱のmicro SDカード(32GB)の容量の違いのみとなっています。

本機の最大対応容量の32GBのmicro SDカードなら長時間録画も容易です。

1位のモデルと同様にボタンがドライバーが操作しやすい右側面に配置されています。

ただ、写真ではわからないのですが、1位のモデルと違い本体の形が前方に向かって半円形のボッテリした感じになっています。

フルHDの画質でHDR(明暗補正機能)付きなので記録画像の精度は問題ないでしょう。

モニターサイズ2.0型フルカラーTFT液晶
カメラ画素数211万画素
記録解像度1,920×1,080
最大記録画角水平100° 垂直52° 対角111°
画像補正HDR
GPS/Gセンサー
音声記録
運転支援機能×

人気ドラレコメーカーランキング 3位

パイオニア ND-DVR1

こちらは他のカーナビやモニターと連携できるタイプで、カメラ部と本体の操作部が分かれたセパレートタイプです。

そのため、カメラは取り付けしているかわからないほど小さく、本体操作部はリモコン状になっているため、車の上方まで手を伸ばすことなく気軽に操作ができます。

ドライブレコーダーの購入を検討している人はすでになんらかの車載機器(カーナビなど)を持っている人が多く、こういった既存の機器を活かせるドライブレコーダーが人気となっています。

フルHDの画質でWDR機能付き

発売は2015年3月とかなり前ですが、フルHDの画質でWDR(画像の明暗補正)機能付きなので、現在販売中のドライブレコーダーとそれほど遜色がなく、価格が安いのも選ばれる理由でしょう。

また、エンジンの動作と連動して録画を開始 / 終了するので手間がかからず、常時電源を供給すれば振動を感知し駐車時の記録も可能なタイプとなっています。

価格12,700円
モニターサイズ-
画素数フルHD1,920×1,080(約200万画素)
音声記録
運転支援-
駐車時記録

人気ドラレコメーカーランキング 4位

ケンウッド DRV-320

DRV-320は2位のモデルと同型のドライブレコーダーです。

2位のモデルとの違いは、製品に同梱のmicro SDカードが8GBと容量が少なく、価格も1,000円程度安いというところです。

古いドライブレコーダーとの買い替えを検討している人で、前に使っていたmicro SDカードがまだ使えるようであれば、こちらを検討してみることをおすすめします。

モニターサイズ2.0型フルカラーTFT液晶
カメラ画素数211万画素
記録解像度1,920×1,080
最大記録画角水平100° 垂直52° 対角111°
画像補正HDR
GPS/Gセンサー
音声記録
運転支援機能×

人気ドラレコメーカーランキング 5位

ケンウッド DRV-N520

ケンウッドのカーナビ『彩速ナビ』と連携して使うドライブレコーダーです。

本体にはモニターがないので、ケンウッドのナビが車にあるか、ナビといっしょにこちらを購入するのというのが前提となります。

通常のドライブレコーダーは数インチの小さな液晶画面が標準となっていますが、彩速ナビの7インチの大型画面を活用すれば操作性や映像の見やすさは格段に向上します。

肝心の映像記録機能はフルHDを超える300万の高解像度に加え、カメラの視野角も広めで画像(逆光)補正機能も搭載していて、いざというときの証拠機能もばっちりです。

モニターサイズ7型ワイドモニター(彩速ナビ)
カメラ画素数約400万画素
記録解像度約300万画素
最大記録画角水平117° 垂直63° 対角128°
画像補正HDR
GPS/Gセンサーカーナビから受信/〇
音声記録×
運転支援機能×

人気ドラレコメーカーランキング 6位

パイオニア ND-DVR10

フルHDの映像記録にWDR(画像補正)機能が加わり、GPSや駐車監視機能のある標準的なドライブレコーダーです。

2016年1月発売と少し古いモデルのためか、カメラの画角は少し狭め(水平105°、対角は127°)です。32GBのmicro SDカード付きなので、記録媒体を別途用意する必要はありません。

バッテリーが内蔵されているので、常時電源がなくても駐車監視も可能ですが、バッテリーの充電には時間かかかるので使用には注意が必要です。

ほかに、パソコンで映像確認したい場合は、専用の再生ソフトがないので汎用の映像再生ソフトを使ってください。

本体で映像の再生は十分可能ですが、場合によっては滑らかな映像を確認できないケースもあるようなので心づもりが必要です。

価格16,715円
モニターサイズ2.4インチ
画素数フルHD 1,920×1,080(約200万画素)
音声記録
運転支援-
駐車時記録

人気ドラレコメーカーランキング 7位

ケンウッド DRV-410

こちらは1位のDRV-610のモデルの型番違いですが、見た目もスペックも異なるモデルです。

外観は若干小さくなったものの、液晶画面は小さくなり、画面左手にボタンが配置されるなど操作性や使い勝手はだいぶ変わります。

画像補正機能はHDR

また、12V専用機(大型車不可)となっていて、記録容量は128GBでなく32GB(micro SDHC)までの対応で、画像補正機能はWDRでなくHDRであるという違いもあります。

画像補正機能は1位のDRV-610のほうが最上位機種といわれるだけあり、こちらの機種より映像の画質は高いようです。

とはいえ、1位のモデルと同様のフルHDを超える300万(2,304×1,296)の高画質ということもあり、こちらの製品は他の標準的なドライブレコーダーに比べても総合力がありおすすめです。

モニターサイズ1.5型フルカラーTFT
カメラ画素数400万画素
記録解像度2,304×1,296
最大記録画角水平117° 垂直63° 対角128°
画像補正HDR
GPS/Gセンサー
音声記録
運転支援機能

人気ドラレコメーカーランキング 8位

パナソニック CA-DR01D

こちらも人気のある自社のカーナビとの連携モデルです。

パナソニックのストラーダを持っているから購入したという人ばかりなのですが、ストラーダは対応車種が豊富なこともあり、人気の高さがうかがえます。

ドライブレコーダーの基本となる映像記録機能については、F値1.6の明るいレンズにWDR(画像の明暗補正)がついていて暗所での記録性能が高く評価ができます。

しかし、2015年5月発売の古いモデルということもあり、現在標準のフルHDを下回る約92万画素の画質では物足りなさを感じるユーザーが多いようです。

価格22,200円
モニターサイズ-
画素数約92万画素
音声記録
運転支援-
駐車時記録-

人気ドラレコメーカーランキング 9位

パナソニック CA-XDR51D

パナソニックのドライブレコーダーは連携モデルが好まれていて、通常のドライブレコーダーは人気がありません。それは、数年前に発売された古い製品であるうえ、価格も高めなので検討対象に入りにくいのだと考えられます。

しかし、機能的には他社製品相応のスペックを持っていて、フルHD画質にGPS搭載と現在でも十分に普通に使えます。

ドライブレコーダー初心者用のエントリーモデルとしてはいいかと思いますが、今後、駐車監視モードを搭載した新モデルの発売が予定されているので、それがリリースされるまで購入を待つほうがいいです。

価格17,800円
モニターサイズ2.3インチ
画素数フルHD(約200万画素)
音声記録
運転支援-
駐車時記録-

3社の人気のドライブレコーダーをメーカー別に総評

3社の人気のドライブレコーダーをメーカー別に総評するなら、ケンウッドは製品リリース頻度が高く、価格と性能のバランスが取れた製品ばかりなので非常におすすめです。

現状、パイオニアやパナソニックのドライブレコーダーは、オーディオやカーナビなどの車載機器総合メーカーとしてラインアップされている扱いとなっているようです。

そして、パイオニアは操作性の高いユニークなセパレートモデルや、現在のドライブレコーダーの機能をキャッチアップしているモデルがあるのに対し、パナソニックの現在発売中の商品は古さを感じます。

しかし、新しいパナソニックのドライブレコーダーの発売が近々予定されているので新製品に期待したいところです。

各メーカーの人気ドライブレコーダーに関する記事はこちら

タイプ別おすすめドライブレコーダーはこちら