車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

最高級ロードスター!メルセデスベンツSLクラスの維持費や燃費からカスタムなど

デビューから60年以上経過したメルセデスベンツSLは、現在6代目の「R231」となりました。強力なAMGモデルもラインナップに加えるメルセデスベンツSLを購入するにあたり確認すべき項目としてスペック、価格、維持費や燃費、カスタムについて解説していきます。

ベンツSLクラスとは?

メルセデスベンツSLは、オープン2ドアクーペの最高級ロードスターです。「SL」とは、ドイツ語で「Sport Leicht」と言い、ライトウェイトスポーツを指します。

現行のSLは、6代目にあたります。初代SLは1954年に登場していますので、60年以上にわたりSLの名を継承する歴史のある車がSLなのです。

ライトウェイトスポーツについてはこちら

ベンツ SLのポジション

クラスカテゴリー車種
AクラスCセグメント(エントリーコンパクト)ハッチバック
BクラスCセグメント(プレミアムコンパクト)ハッチバック
CクラスDセグメントの乗用車セダン/SW/2ドアクーペ/カブリオレ
EクラスEセグメントの乗用車セダン/SW/2ドアクーペ/カブリオレ
GクラスSUVSUV
SクラスFセグメントの大型高級乗用車セダン/クーペ/カブリオレ/リムジン
Vクラスミニバンミニバン
備考:セグメントとは、主にヨーロッパで使用されている乗用車のカテゴリーを分類する方法です。
      CLA/CLS/GLA/GLC/GLE/GLS/SL/SLC/GTはクラスではなく単独車種です。
    「GT」は「G」ですが、Gクラスには分類されません。
    「Gクラス」の[G]は、Geländewagen(ゲレンデバーゲン)、オフロードを意味します。
    「GT」は「AMG-GT」のことで、ロングノーズ、ショートデッキのスーパースポーツカーです。

ベンツSLクラスを買うなら確認すべき項目1:スペック

SL400SL550AMG SL63ANG SL65
エンジン種類V型6気筒DOHC
ツインターボ
V型8気筒DOHC
ツインターボ
V型8気筒DOHC
ツインターボ
V型12気筒SOHC
ツインターボ
排気量3.0L4.7L5.5L6.0L
最高出力260[367]/5,500-6,000335[455]/5,250-5,000430[585]/5,500463[630]/4,800-5,400
最大トルク500[51.0]/1,800-4,500700[71.4]/1,800-3,500900[91.8]/2,250-3,7501,000[102.0]/2,300-4,300
トランスミッション電子制御9速AT電子制御9速AT電子制御7速AT電子制御7速AT
駆動方式FRFRFRFR
使用燃料ハイオクハイオクハイオクハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm
SL400SL550AMG SL63AMG SL65
全長4,6404,6404,6404,640
全幅1,8751,8751,8751,874
全高1,3051,3751,3751,308
ホイールベース2,5852,5852,5852,584
車両重量1,7801,8801,880-
乗車定員2222
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

動力性能はSL400でも十分と言えるでしょう。SLは「ライトウェイトスポーツ」という意味ですが、現在のSLはもうライトウェイトではなく、「ラグジュアリースポーツ」と呼んだ方が似合う車格になってしまいました。

ベンツSLクラスを買うなら確認すべき項目2:車両価格

新車 車両価格
SL4001265万
SL5501698万
AMG SL632277万
AMG SL653383万
[単位]円(消費税込み)

SLのベースモデルとなるSL400でさえも、1,200万円以上のプライスタグがつきます。エンジン性能と共に価格も向上しています。

AMG SL63/SL65は、SL400/550をベースとしたAMGチューンナップされた仕様です。SLの最上位となる AMG LS65は、3,000万円を大きく上回る価格です。

ベンツSLクラスを買うなら確認すべき項目3:維持費

SL400年間費用(円)条件/備考
自動車税51,0002.5〜3.0L以下
重量税16,4002.0t 以下
自賠責保険12,91524ヶ月分の12ヶ月換算
燃料代132,653年間10,000km 燃費:9.8km/L ハイオク:130円/L (*1)
合計212,968
(*1) 走行距離/燃費はオーナー情報により設定/ハイオク価格は変動します。

SL550年間費用(円)条件/備考
自動車税88,0004.5〜6.0L以下
重量税16,4002.0t 以下
自賠責保険12,91524ヶ月分の12ヶ月換算
燃料代152,941年間10,000km 燃費:8.5km/L ハイオク:130円/L (*1)
合計270,256
(*1) 走行距離/燃費はオーナー情報により設定/ハイオク価格は変動します。

SL400とSL550の維持費をまとめました。

エンジンの排気量が大きいため自動車税はかなり高額になります。ここに任意保険(+車両保険)、駐車場代、消耗品、メインテナンス代を考慮する必要があります。

ベンツSLクラスを買うなら確認すべき項目4選:実燃費

SL400SL550AMG SL63AMG SL65
JC08モード燃費11.69.59.1-
実燃費9.88.58.2-
[単位]km/L

燃費についての口コミ

大排気量の車としてはまずまずの燃費と言えるでしょう。コンピュータ制御された現代車だからこそ実現できた燃費です。

AMG SL63は、インジェクションではなく、昔のキャブレターだった場合、燃費は5km/L以下になっていたでしょう。AMG SL65のJC08モード燃費は非公開で、実燃費もデータがなかったため記載していません。

口コミの情報などを見ると、長距離を走る場合には9km/Lから10km/Lほど走るケースが多いようです。東京から箱根を往復するような走り方の場合、この程度の燃費になった報告があります。

街中を走行するような状況では、燃費が6km/Lほどまで下がってしまうので、維持費がさらにかかってしまいます。

ベンツSLクラスを買うなら確認すべき項目5選:カスタム

メルセデスベンツにおいても、SLをベースにチューンナップ/カスタムした AMGモデルが存在しています。また、外部のチューナーとしては、ブラバスやロリンザーといったメルセデスベンツの有名なチューナーが存在しています。

もし、SLをカスタムするのであればこれらチューナーが販売する部品を使用することが、デザイン的にも性能的にも良いでしょう。メルセデスベンツ用には、他にもチューニング、カスタムパーツは多く存在していますので、オーナーの趣味にあった部品を選ぶことができます。

ブラバスのコンプリートカーは更なる性能を誇っています。

ブラバス:SLクラス(R231)
・SL-B63S-730(730ps)2,780万円

ベンツのチューニングメーカーについてはこちら

歴代のSLクラス

1952年に開催された「ル・マン24時間耐久レース」で見事に優勝したレースカーの300SL (W194)が、SLクラスの起源です。300SLはル・マン以外のレースでも活躍した伝説の車と呼ばれています。(メルセデスベンツは、よく社内コードで呼ばれることがあります。300SLの社内コードW194です。この後も車名の後に社内コードを併記します。)

その300SLをベースとして初代SLが開発され、その後6世代/60年に渡って受け継がれてきた名車です。これから、その6世代に渡るSLの歴史を振り返ってみたいと思います。

ル・マン24時間耐久レースについてはこちら

初代

1954年のニューヨーク国際オートショーで発表された初代300SLは、2タイプのボディが用意されました。 300SL(クーペ)(W198)と190SL(オープン)(W121)です。300SLはドアが真上に開き、両方のドアが開いている形がカモメの羽に見えることから「ガルウィング」と呼ばれ、他の車にない大きな特徴となりました。

300SLには、オープンのロードスターも存在します。初代は1963年まで生産され、2代目にバトンタッチしました。

ガルウィングについては以下の記事もおすすめです。

2代目

1963 年のジェネーブ・モーターショーで登場した2代目は、230SL ( W113)です。ハードトップの屋根の形状が、左右より中央が低い「パゴダ・ルーフ」を採用したことより「パゴダSL」とも呼ばれていました。1967年のマイナーチェンジにて250SLに移行し、1968年には280SLになりました。

3代目

3代目のR107は、1971年〜1989年の18年間に渡り生産・販売され、SLの中で一番長寿なシリーズとなりました。生産台数もSLシリーズの中でには 一番多く237,000台に及び、マイナーチェンジをしながら9グレードが誕生します。

当時は日本でも多くのR107を見掛けました。メルセデスベンツSLと言えばこのデザインを思い浮かべる方も多いかもしれません。

4代目

1989年のジュネーブショーにて、4代目に当たるR129が発表されます。18年振りのフルモデルチェンジされたメルセデスベンツSLのデザインは、現代的なフロントマスクとなりました。

電動のソフトトップの採用、車の傾きを検知して自動的に起き上がるロールオーバーバーなど先進的な技術が導入された新時代のSLでした。2001年までの12年間に12グレードが生産されました。

5代目

21世紀のSLは、2001年から2011年の11年間を支えたR230です。電動のハードトップ(バリオルーフ)が初めて採用されました。それに伴い、ソフトトップと手動で脱着するデタッチャブルハードトップは姿を消すことになります。

前期型のヘッドライトは楕円が2つ組み合わさったソフトな感じの新しいデザインとなりました。後期型のヘッドライトは四角ではなく曲線の、現代風のデザインになりました。

6代目:現行車

そして、2012年に現行車であるR231です。 オールアルミのモノコックが採用され、軽量化と運動性能に貢献しました。電子制御9ATや、最新の3.0L V型6気筒直噴DOHC+ツインターボなどで、動力性能は一気に向上しています。

ラインナップは、SL400 / SL550 / AMG SL63 /AMG SL65の4車種です。フラッグシップに当たる AMG SL65は、6.0L V型12気筒SOHC+ターボから630psを叩き出すスーパーカー並みの性能を発揮します。

SLクラスでドライブに出かけよう!

この記事では、メルセデスベンツSLを紹介してきました。メルセデスベンツSLは、メルセデスの中でも最高級モデルの一つです。

電動ハードロップのバリオルーフは、天候に左右されない快適なクルージングを楽しむことができます。スポーツカーとしての十分な性能も備えていますので、ワインディングのドライブを楽しむこともできます。

フォーマルでも休日でも、シチュエーションを選ぶ必要がなく、クルージングもスポーツドライブも楽しめる特別な空間をたった2人で贅沢に過ごすことができるのがメルセデスベンツSLの最大の特徴です。

メルセデス・ベンツの新型情報はこちら

SLクラスに関するおもしろ記事

ベンツやオープンカー・スポーツカーについての記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す