初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはETCカードを即日発行できて海外旅行保険も充実

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンが発行するアメリカン・エキスプレスブランドのクレジットカードです。この記事は、セゾンブルー・アメックスの特徴について詳しく説明していきます。

セゾンブルー・アメックスの特徴

発行会社 クレディセゾン ポイント還元率 0.5%(海外1.0%)
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
ETCカード年会費 無料 ETCカード発行手数料 無料

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、ポイント有効期限がない「永久不滅ポイント」や、安価な年会費、即日発行可能というセゾンカードとしてのメリットと、海外旅行時の保険やサービスが充実しているアメリカン・エキスプレスのカードならではのメリットを持っているのが特徴です。

年会費について

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は、初年度無料で、2年目以降は3,000円(税抜)と、保険内容の充実度を考えるとかなり安価になっています。

「U-25応援キャンペーン」ということで、26歳になるまで年会費無料で利用できるので、海外に行く学生や若い人に特に人気のあるカードです。

ETCカードの年会費永年無料

ETCカードに年会費がかかってしまうクレジットカードは多くありますが、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは年会費永年無料でETCカードを持てます。

家族カードの年会費

クレジットカードには「家族カード」(またはファミリーカード)といって、生計を共にする高校生を除く18歳以上の家族に対して、同じ機能のクレジットカードをほとんど無審査で発行できるサービスがあります。
セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードで家族カードを発行した場合、年会費は1,000円(税抜)かかります。

充実の海外旅行保険は、家族カードを持つ家族会員にも付帯するので、家族旅行に行く際には保険に加入する感覚で家族カードを作ってはどうでしょうか。

付帯保険について

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの特徴として大きいのは、年会費が安価な割に海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険などの保険の内容が充実している点です。

海外旅行傷害保険

補償内容 補償額(最高) 備考
死亡・後遺障害 3,000万円(自動付帯)  
傷害治療 300万円(自動付帯)  
疾病治療 300万円(自動付帯)  
携行品損害 30万円(自動付帯) ※一回の旅行の限度額10万円、年間限度額30万円 1事故 免責3,000円
賠償責任 3,000万円(自動付帯) 免責:1,000円
救援者費用 200万円(自動付帯)  

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは最高3,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯となっています。
「自動付帯」とは、海外旅行時の旅費などをカード払いする必要がある「利用付帯」とは逆で、持っているだけで保険が適用されるカードのことです。
自動で適用される方が良いですよね。セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの海外旅行傷害保険がすべて自動付帯です。

また、保険の利用で最も利用される頻度が多いのは、海外でのケガや病気をした際の補償である「傷害治療」や「疾病治療」なのですが、これらの最高補償額も100万円程度のカードが多い中、最高300万円まで補償してくれる充実の内容です。

国内旅行傷害保険

補償内容 補償額(最高)
死亡・後遺障害 3,000万円(利用付帯)
入院保険金(日額) 5,000円(利用付帯)
通院保険金(日額) 3,000円(利用付帯)

旅費をカード払いした時にのみ適用される「利用付帯」ではありますが、国内旅行傷害保険も付帯しています。

ショッピング保険

ショッピング保険 最高100万円

※1事故 免責1万円

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードには、購入した商品の破損や盗難を購入日より120日以内であれば補償してくれる、ショッピング保険も付帯しています。

海外旅行時の手荷物宅配無料サービス付き

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードには、海外旅行からの帰りに空港から自宅まで、手荷物を1つ無料で配送してくれる「海外旅行時の手荷物宅配無料」という優待サービスがあります。嬉しいサービスですね。

また、このサービスは家族カード会員も利用することができ、カード1枚につき1つの荷物を無料で配送してくれます。

ポイントについて

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、1,000円につき、永久不滅ポイント1ポイントが貯まるカードです。
永久不滅ポイント1ポイントはAmazonギフト券に交換すると5円分の価値になるので、ポイント還元率に換算するとセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは0.5%の還元率ということになります。

0.5%というと低いように思うかも知れませんが、クレジットカードの過半数以上は通常ポイント還元率が0.5%なので、特別少ないというわけではありません。

海外でのカード利用でポイント還元率2倍

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの通常ポイント還元率は0.5%ですが、海外でのショッピング利用では2倍の1.0%になります。
海外旅行保険の内容が充実していて、海外での利用時にはポイント還元率が2倍というのは、海外に行くという方にとっては嬉しいですね。

ポイントが消滅しない「永久不滅ポイント」

通常のクレジットカードは1年か2年で貯めたポイントの有効期限が切れてしまい、ポイントが消滅してしまうのですが、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードはクレディセゾンが発行するクレジットカードということで、貯めたポイントに有効期限がない「永久不滅ポイント」というポイントプログラムを採用しています。

せっかく貯めたポイントをいざ使おうと思ったら、いつの間にか消滅していた・・・ということが無いので、普段からこまめにポイントのチェックをするつもりがないという人には嬉しいですね。

セゾンポイントモール経由のネットショッピングでポイント最大30倍

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、基本的に1,000円の利用で1ポイント獲得のところ、「セゾンポイントモール」という楽天市場やAmazon、Yahoo!ショッピングなどの大手ネットショッピングサイトの集まる、ネットショッピングモールサイトを経由してショッピングをすると、1,000円につき最大30ポイント(還元率15%)という高還元率になります。

家電やブランド品など高額な商品を購入する際にはぜひ利用して欲しいサービスです。

選べるポイント交換先

貯めた永久不滅ポイントは、他サービスのポイントや、電化製品などの商品と交換ができます。
ポイント交換先として人気があるのは以下です。

1番人気が「ポイントdeお買物サービス」で2番人気が「Amazonギフト券」、3番目が「nanacoポイント」となっています。
「ポイントdeお買物サービス」とは、貯めた永久不滅ポイントがショッピングの支払いに利用できるというサービスのことで、永久不滅ポイント200ポイントで900円分になります。
ただ、お得度でいうと、永久不滅ポイント200ポイントで1,000円分のAmazonギフト券に交換する方がポイント還元率の面で勝っています。

また、電化製品などの商品も期間限定で通常よりも少ないポイント数で交換できるキャンペーンもあるので、そういう時をねらって交換するのもおすすめです。

審査について

申し込み資格(学生や未成年も審査OK)

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの申し込み資格は「高校生を除く18歳以上の方で、クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座をお持ちの方」となっており、アメリカン・エキスプレスカードのプロパーカードとは違い、未成年や学生でも申し込みが可能になっています。

「クレディセゾンの提携する金融機関に決済口座」とは、みずほ銀行、セブン銀行、ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、りそな銀行など、大手銀行から地方銀行まで多様にありますので、基本的には口座を持っている人であれば申し込み可能です。

※未成年者の場合は親権者の同意が必要です。

審査期間

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの審査期間は最短で10分程度で審査回答が届きます。
審査回答が届くまでに、本人確認の電話や、申し込み時に記載した職場への在籍確認の電話がいく場合があります。

セゾンブルー・アメックスは即日発行可能

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、申し込んだその日のうちにカード発行と受け取りまでができる「即日発行可能」なクレジットカードです。

即日発行をするまでの手順は以下の通りです。

1.18:00までにインターネットで申し込み
2.カード会社からの申し込み確認連絡がくる
3.審査結果メールが届く
4.セゾンカウンターでカード受け取り

18:00のタイムリミットはあくまで目安なので、なるべく早めに申し込んでおくのがおすすめです。

※審査状況や店舗の営業時間により、即日発行・受け取りできない場合があります。

ETCカードも即日発行可能

セゾンカード系のクレジットカードは、ETCカードも即日発行が可能です。
そのため、明日車で旅行に行くのにETCカードを作り忘れていた!という場面でも、すぐにETCカードを手にできます。

ETCカードを即日発行したい場合は、インターネット申し込み時にはETCカードを申し込まないようにして、セゾンカウンターでETCカードを申し込んで受け取るようにしましょう。
インターネット申し込みの時にETCカードを申し込むと、郵送で後日送られてしまいます。

※ETCカードの発行は、クレジットカードをお受け取りの後に手続きができます。

毎月第1・第3土曜日は西友・LIVIN・サニーで5%OFF

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは、クレディセゾンが発行するクレジットカードということで、セゾンカードならではの優待特典が受けられます。
毎月、第1・第3土曜日には、食料品や衣料品など、様々な商品がそろうスーパーマーケット「西友」や、LIVIN、サニーでカードを利用すると5%OFFでお買物ができます。

デメリット

26歳からは年会費がかかる

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの年会費は、初年度無料で2年目以降は3,240円(税込)がかかってきます。
26歳未満は無料とは言え、3,000円以上の年会費は高いと感じる人もいると思います。

この年会費は、最高3,000万円まで自動付帯の海外旅行傷害保険や手荷物無料宅配サービスなど充実したサービスが理由です。
もし、海外旅行傷害保険が必要ないけどセゾン・アメリカン・エキスプレス・カードを利用したいという方であれば、セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードが年に一度でもカードを利用してショッピング(またはETCカード利用)すれば年会費無料になる「年会費実質無料カード」なのでおすすめです。(通常、初年度無料、2年目以降1,000円+税)

通常ポイント還元率は普通

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードの通常ポイント還元率は0.5%となっており、一般的なクレジットカードのポイント還元率と同程度です。

ポイント還元率が低いデメリットの救いとしては、ポイント有効期限のない永久不滅ポイントであることや、セゾンポイントモール経由のネットショッピングでポイント最大30倍(15%)になることでしょうか。

セゾンパール・アメックスと比較

セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カードは、セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードと同様にクレディセゾンが発行するクレジットカードで、年会費が実質無料なことと引き換えに、各種保険の付帯がないカードです。
機能面を比較すると以下のようになります。

  セゾンパール・アメリカン・エキスプレス・カード セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
年会費 初年度無料
2年目以降1,000円(税抜) 年に1回利用で無料
初年度無料
2年目以降3,000円(税抜)
26歳まで無料
ETCカード年会費 無料 無料
ポイント還元率 0.5% 0.5%
海外旅行傷害保険 なし 死亡・後遺障害:自動付帯3,000万円
傷害治療:自動付帯300万円
疾病治療:自動付帯300万円
携行品損害:自動付帯30万円(免責3,000円)
賠償責任:自動付帯3,000万円
救援者費用:自動付帯200万円
国内旅行傷害保険 なし 死亡・後遺障害:3,000万円
入院保険金日額:5,000円
通院保険金日額:3,000円
ショッピング保険 なし 100万円
セゾン手荷物無料宅配サービス なし
アメリカン・エキスプレス・コネクト
海外アシスタンスサービス
tabiデスク
海外お土産宅配サービス
発行会社 クレディセゾン ポイント還元率 0.5%(海外1.0%)
年会費 初年度無料(2年目以降3,240円)
26歳未満は年会費無料
付帯保険 海外旅行傷害保険 最高3,000万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険 最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング保険 最高100万円
ETCカード年会費 無料 ETCカード発行手数料 無料

ETCに関する最新情報はこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す