初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

スズキ新型アルト次期マイナーチェンジは?ハイブリッド追加や燃費・価格を予想

スズキ アルトのマイナーチェンジはいつ?まだ情報が全く出ていませんが、スズキ新型アルトのスペック、燃費、価格、発売日などを予想します。マイルドハイブリッドやSエネチャージや衝突予防安全装置など、新機能を新型車に搭載しているスズキ。新型アルトもワゴンR並の安全性&パフォーマンスになるのでしょうか。スズキの新型車に搭載されている技術や最新情報から、次期アルトについて予想します。

スズキ アルトの次期マイナーチェンジ予定は?

ネット上では2017年内に行われるとも言われていたスズキ アルトのマイナーチェンジですが、現在もまだ情報がありません。
次期マイナーチェンジはいつになるのでしょうか。

2017年は新型ワゴンRがフルモデルチェンジ、新型スペーシアがマイナーチェンジされるなど、トールワゴンの新型に注目が集まったスズキ。
長きにわたりスズキを代表するコンパクト軽自動車として人気を博しているアルトは、いつ、どのようなマイナーチェンジがなされるのでしょうか。
情報がないながらも、スズキの最新車種や搭載技術などから新型アルトのマイナーチェンジ内容を予想しました。

スズキ アルトについての記事はこちら

スズキ ワゴンRとスペーシアの最新情報はこちら

スズキ新型アルトの外装・内装デザインは?

参考:現行型スズキ アルト

スズキ新型アルトの内外装については公式発表がされていません。
ですがマイナーチェンジであるため、なんらかのデザイン変更は間違いなくあるでしょう。
より外装だけでなく内装もより洗練されたものになり、軽自動車に見られるチープ感がないものになることを期待しましょう。

新ボディカラー追加か

ポップでカラフルで豊富なボディカラーラインナップを有するスズキ アルトですが、マイナーチェンジにともなって新たなボディカラーが追加されることを期待したいです。

現行のアルトのボディカラーは以下のとおりです。

【ボディカラー】
・ピュアレッド
・シフォンアイボリーメタリック
・フィズブルーパールメタリック
・アーバンブラウンパールメタリック
・ブルーイッシュブラックパール
・シルキーシルバーメタリック
・ピュアホワイトパール
・ピュアレッド ミディアムグレー2トーンバックドア
・ブルーイッシュブラックパール3 ミディアムグレー2トーンバックドア
・ピュアホワイトパール ミディアムグレー2トーンバックドア
・シルキーシルバーメタリック ミディアムグレー2トーンバックドア

単眼カメラ&レーザーレーダーのデュアルカメラ化で安全性向上?

2017年ワゴンR・単眼カメラ+レーザーレーダー

現行アルトにはフロントガラス上部に取り付けられたレーザーレーダーにより、前方の車両の検知で衝突回避の制御を行っています。

新型アルトにはワゴンRに搭載する単眼カメラが装備される可能性もあります。
レーザーレーダーと単眼カメラのデュアルカメラ化により前方の歩行者やクルマの検知を精度高く行うことができるようになるでしょう。

またアルトの衝突予防安全装置は「衝突被害軽減ブレーキ」、「誤発進抑制機能」、「エマージェンシーストップシグナル」の3つでしたが、これが新型ワゴンRと同様の6つに増えると期待します。

スズキ新型アルトの衝突予防安全装置

ワゴンR レーダーブレーキサポート

新型アルトには、ワゴンRと同様の衝突予防安全装置が加えられる可能性があります。
その6つを紹介したいと思います。

デュアルセンサーブレーキサポート

単眼カメラとレーザーレーダーで、前方の歩行者や車を認識し自動ブレーキ機能や誤発進抑制機能など、6つのサポートで万一の危険を予防します。

●前方衝突警報機能
走行中、単眼カメラとレーザーレーダーが前方の車や歩行者を検知。
衝突の可能性があると判断すると、ブザー音とメーターおよびヘッドアップディスプレイ内の表示によって警報を発します。

作動条件
対自動車自車速度約15km/h~約100km/h
自車から見た前方車両との相対速度約15km/h以上
対歩行者自車速度約15km/h~約100km/h
自車から見た歩行者との相対速度約15km/h以上

●前方衝突被害軽減ブレーキアシスト機能
前方の車両や歩行者の衝突の可能性が高いと判断し、ドライバーが強くブレーキを踏むと、ブレーキアシストが作動して、ブレーキ制動力が高めます。

作動条件
対自動車自車速度約15km/h~約80km/h
自車から見た前方車両との相対速度約15km/h以上
対歩行者自車速度約15km/h~約60km/h
自車から見た歩行者との相対速度約15km/h以上

●自動ブレーキ機能
「このままでは衝突が避けられない」とシステムが判断した場合には、自動で強いブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

作動条件
対自動車自車速度約15km/h~約100km/h
自車から見た前方車両との相対速度約5km/h以上
対歩行者自車速度約15km/h~約60km/h
自車から見た歩行者との相対速度約5km/h以上

誤発進抑制機能

シフトを前進の位置に入れて停車または徐行中(約10km/h以下)に、前方約4m以内の障害物を認識。
誤ってアクセルを強く踏むと、エンジン出力を制御し急発進を抑制します。
そして、ブザー音とメーターおよびヘッドアップディスプレイ内の表示灯によってドライバーに警報してくれます。

車線逸脱警報機能

約60km/h〜約100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。
車線をはみ出すと判断した場合、はみ出す予兆をブザー音とメーターおよびヘッドアップディスプレイ内の表示灯によってドライバーに警報を発します。

ふらつき警報機能

約60km/h〜約100km/hで走行中、車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。
車両が蛇行し、システムが「ふらつき」と判断した場合はブザー音とメーターおよびヘッドアップディスプレイ内の表示灯によってドライバーに警報を発します。

先行車発進お知らせ機能

シフトが前進の位置でブレーキ操作をして停車中、先行車が発進すると自車との距離を計測し、先行車が約5m以上離れても、自車が停車し続けたときに、ブザー音とメーター内の表示によって、ドライバーに先行車の発進をお知らせします。

ハイビームアシスト機能

ヘッドランプの自動制御であり、前方に対向車や先行車がいる場合、または街路灯の多い場所や明るい場所ではロービーム、対向車や先行車がいなくなると自動でハイビームに戻るシステムです。

スズキ新型アルトにSエネチャージ搭載?

現行モデルのアルトには「エネチャージ(ene-CHARGE)」が搭載されていますが、新型アルトにはSエネチャージが搭載される可能性もあります。

従来のエネチャージは、減速時に高効率・高出力のオルタネーター(発電機)で発電し、鉛バッテリーと高効率のリチウムイオンバッテリーに充電。蓄えた電力を電装品の発電することによりガソリンの負担を抑えるシステムでした。
一方でSエネチャージは、専用モーター、専用バッテリーでエンジンの駆動をアシストするシステムです。

Sエネチャージの詳細

ISG(モーター機能付発電機)

専用リチウムイオンバッテリー

Sエネチャージには、ISG(モーター機能付発電機)とS-エネチャージ車専用リチウムバッテリー、さらにエネチャージにも装備されているアイドリングストップ車専用鉛バッテリーも搭載されています。
加速時にモーターでエンジンをアシストし、燃料消費を抑え、アイドリングストップ後は、ISGのスターターモーター機能により、ベルトを介してエンジンを再始動するので、ギヤの噛み込み音がなく、静かでスムーズな再始動を可能にしています。

エネチャージについてもっとくわしく

スズキ新型アルトのスペック予想

寸法・車重・乗車定員【予想】

全長全幅全高
3,3951,4751,500
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4602WD:630
4WD:680
4
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

パワートレイン【予想】

エンジン種類直列3気筒DOHC
排気量0.658L
最高出力38[52]/ 6,500
最大トルク63[6.4]/ 4,000
モーター最高出力1.6[2.2]/ 1,000
最大トルク40[4.1]/ 100
トランスミッションCVT、MT
駆動方式FF、4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

新型アルトはマイナーチェンジされてもボディサイズに大きな変更はないと考えられます。
もしSエネチャージが搭載されれば、バッテリーとモーター搭載によって車重増となります。

パワートレインスペックについては、Sエネチャージが搭載されるスズキ車とほぼ同等の数値と予想しました。
エンジンは52馬力と変わりませんが、モーターの駆動が加わるため低燃費かつパワーアップも見込まれます。

スズキ新型アルトには新グレードが追加?

確定情報ではありませんが、新型アルトにはマイルドハイブリッドが追加されるのではないかとの噂もあります。

現行のアルトのグレード一覧は以下のとおりですが、マイルドハイブリッドが搭載されればグレードも変化するでしょう。

【グレード一覧】
・スズキ アルト Xグレード
・スズキ アルト Sグレード
・スズキ アルト Lグレード
・スズキ アルト Fグレード

スズキ新型アルトの燃費は?

ガソリンスタンド

©everystockphoto/ dandeluca

新型アルト【予想】現行型アルト
JC08モード燃費39.437.0
実燃費33.030.0
[単位]km/L

2014年の新型ワゴンRのモデルチェンジでもSエネチャージが搭載されました。
その際、JC08モード燃費値が2.4km/L向上しました。

新型アルトにSエネチャージが新搭載となった場合、同様の燃費性能向上が見込まれます。
現行型アルトのJC08モード燃費値は37.0km/L(2WD)ですので、少なくとも新型アルトでは2.4km/Lアップした39.4km/Lを超えることを期待したいです。
さらに、各部の細かい見直しで燃費がさらに向上すれば、軽自動車で初めてとなる40.0km/Lの大台にのるかもしれません。

新型アルトにマイルドハイブリッド追加の可能性も?

すでにワゴンRに搭載されているスズキの次世代テクノロジー「マイルドハイブリッド」が新型アルトに搭載されるのではないかと予想されています。

「Sエネチャージ」と「マイルドハイブリッド」はどちらもスズキが誇る低燃費システムですが、同じものだと認識されがちです。
主なSエネチャージとマイルドハイブリッドの違いは、モーターによるクリープ走行の有無とモーターアシスト領域です。

クリープ走行とは、アクセルペダルを踏むこと無く前進することを指します。
マイルドハイブリッドは、停車前と発進時にモーターの力だけでクリープ走行ができます。
さらに、約100km/hまでの速度域でモーターがエンジンをアシストしてくれるのも特徴です。

軽自動車のガソリン代・維持費についてはこちら

スズキ新型アルトの価格は?

マイナーチェンジの内容にもよりますが、新型アルトの価格は4万円以上の値上げとなる可能性もあります。

一番安価なグレードで現行モデルの4万円アップ、単眼カメラ・レーザーレーダー装備、Sエネチャージ搭載グレードはそれ以上のアップとなると考えています。
グレードによる価格差が大きくなりますが、新型アルトは一番安価なグレードで89万円、Sエネチャージ搭載グレードは110万円からとなる予想です。

新車購入の際に役立つ記事はこちら

スズキ新型アルトの発売日は?

スズキ新型アルトのマイナーチェンジについては情報がないため、内容や発売日は現時点で不明です。
かつて2017年内という噂があったことから、現在も引き続きマイナーチェンジへの期待が高まっている状況ですので、2018年内の発表を期待しましょう。

さらにハイコストパフォーマンスになるスズキ アルトに期待

スズキ アルトは、クラス最高の燃費性能に対し80万円台から購入できる価格帯は非常に魅力的なモデルです。
近年、軽自動車の需要が増え、高性能とプレミアム感が高まったことで価格も高額になりつつありますが、低価格を貫くアルトのような車は日本の自動車市場において必要不可欠です。
更にコストパフォーマンスが向上されるアルトに注目し、これからも新しい情報を追ってお伝えしたいと思います。

スズキ車テレビCMについての記事はこちら

スズキやその他のメーカーの新型車についてはこちら

軽自動車を検討中の方はこちらの記事も必見

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す