初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【トヨタ アルファード】10系や30系から現行モデルのスペックと実燃費やカスタムなどまとめ

トヨタの高級ミニバン、アルファードは国産車を代表するミニバンといえるでしょう。一昨年に現行型がデビュー、現在で3代目となったトヨタ アルファードの10系・30系各モデルの特徴や実燃費、スペックなどをまとめ、レビューからの評価と現行型のカスタム例なども紹介します。

トヨタ アルファードとは?

トヨタ アルファードとは、トヨタ自動車が2002年より販売・製造しているミニバン型の高級乗用車です。同メーカーから発売されるヴェルファイアとは姉妹車の関係にあり、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で取り扱われているという違いがあります。

クロスオーバーSUVのハリアー同様、アルファードは国内では珍しい「ラグジュアリーセダンの高級感との融合」をコンセプトにしたミニバンとなっています。アルファードに総じて言えるのは、内装の広さや快適性が充実しているということであり、芸能人や政治家の送迎車として重用されていることでも有名です。

新型ハリアーについての記事はこちら

アルファードは日本に3種しかないミニバンLLクラスの特大サイズ!

アルファードはミニバンの中でも最も大きいLLクラスを誇っています。LLクラスは全長4,900前後の特大ボディサイズを持ち、日産のエルグランド、アルファード、姉妹車のトヨタ ヴェルファイアの3車種のみがこのクラスで、いずれも外装・内装に高級感を持たせているという共通点があります。

ちなみに他のサイズの代表車としては、
SSクラス・・・ホンダ フリード、トヨタ シエンタ
Sクラス・・・トヨタ ウィッシュ、マツダ プレマシー
Mクラス・・・日産 セレナ、兄弟車の関係にあるトヨタ ノアとヴォクシー
Lクラス・・・トヨタ エスティマ、ホンダ オデッセイ
などが存在します。

こうして並べて見るとわかりますが、トヨタは全てのクラスのミニバンを販売しています。

ミニバン人気ランキングはこちらの記事で

初代アルファードH10系(2002~2008年)の特徴

アルファードは、日産のエルグランド2代目の発売の翌日にデビューを発表することで、ライバル車のエルグランドに追随するトヨタのミニバンとしての話題を集めました。

さらに話題を集めた当時のCMは、ジャン・レノが車内でチェスを楽しむという内容で、車内スペースの快適性とアルファードの持つコンセプトである「高級感」を見事に演出しています。

現在ではミニバン市場で一二を争うエルグランドとアルファードですが、アルファードが発売されるまでは、トヨタの抱える4車種(グランドハイエース・グランビア・レジアス・ツーリングハイエース)のミニバンの販売台数を全て合わせても、エルグランドに対抗できないという状況だったのです。

パワートレーンは、3.0リッターV型6気筒と2.4リッター直列4気筒の2種と、2003年に2追加された2.4Lとのハイブリッドモデルの、計3種類となっています。

アルファードのライバル「日産エルグランド」のモデルチェンジ情報はこちら

2代目アルファードH 20系(2008年~2015年)の特徴

初代発売から6年が経過し、アルファードは初めてフルモデルチェンジを果たします。

従来のCVT方式の3.0Lエンジンが、エスティマと同様の6速ATの3.5Lエンジンに変更となり、取り扱いディーラーによって名前が分かれていたアルファードG/Vは、Gがアルファード、Vがヴェルファイアへと分離していきます。

この分離により、両者のフロントマスクは違いを明確にするために専用のものが用意され、より広く客層を区別するようになりました。

エクステリアは、2007年の第40回東京モーターショーで、「新世代の高級ミニバン」と称し展示されたコンセプトカー「FT-MV」に沿って、先代以上の上質感を持たせたいことが伝わるデザインです。

2011年のマイナーチェンジに合わせて、要望の声が多かったというハイブリッドモデルが再び登場し、従来のハイブリッドよりも静音性や走行性能、操舵安定性が向上しました。

コンセプトカー FT-MV

現行モデルのアルファード30系(2015年~)の特徴

姉妹車のヴェルファイアと共に2度目のフルモデルチェンジを経たアルファードですが、大きく変化したのはフルエアロかと思うほどの大胆なメッキ飾フロントグリルでしょう。

開発テーマも、ミニバンとしてではなく、「大空間高級サルーン」をコンセプトとしているため、外観の雰囲気だけでなく、全高を低くしつつ室内高を2代目同様の1,400mm確保し、乗降性や貨物性を向上させるなどの工夫が施されています。

さらにサスペンションの刷新による良質な走行性能や、ボディに効率的に組み込まれた制振材や吸遮音材による静粛性が、大胆でありながら無骨なイメージを感じさせない作りを実現しています。

パワートレーンは、従来の2.4Lエンジンを2.5Lの直列4気筒(2AR-FE型)に置換し、従来のものを踏襲したエンジンも、変速器にはトヨタ独自のシーケンシャルシフトマチックを設定することで燃費を向上させています。

30系は発売当初からハイブリッドモデルをラインナップしており、ガソリンとハイブリッドの各々で細かいグレード設定がされていますが、グレード体系に関しては後述します。

アルファードの歴代モデルの試乗評価はどうなっている?

どの車であっても、モデルチェンジを経るだけ支持を得られるというものではありません。当然、過去のモデルを好む人もいることでしょう。そこで、アルファードの歴代毎の実際の口コミをいくつか紹介していきます。

アルファード10系の評価

インターネット上の口コミ、評価を調べると、全体的に高い評価となっていました。とくに気になる点や悪い評価は見当たりませんでした。

代表的な評価は次のようなものがあります。

「車内は広くて、内装はトヨタらしい癒やされる色合いです」
「現行モデルより高い目線と視界がよい」
「加速がスムーズ」
「エンジンが静か」
「シートの乗り心地が最高!」

アルファード20系の評価

インターネット上の口コミ、評価を調べると、全体的に高い評価となっていました。左側の見通しが悪いなどの意見がありました。

代表的な評価は次のようなものがあります。

「お買い得で、見た目もよいです」
「使い勝手が抜群によい!」
「ファミリーカーとして便利」
「左側の見通しが悪い」
「室内がとにかく広く感じる」

アルファード30系の評価

インターネット上の口コミ、評価を調べると、全体的に高い評価となっていました。街乗りで使用したときの燃費があまりよくない、安全装備がいまひとつなどの意見がありました。

代表的な評価は次のようなものがあります。

「車体が大きく見えてかっこいい」
「2.5Lですが低速からのピックアップやトルクのつきも過不足なく満足しています」
「この重量に対しての燃費であれば納得」
「街乗りの燃費があまりよくない」
「安全装備がよくない」

歴代アルファードの実燃費と中古車価格を知っておこう

旧型の方が燃費が良いというケースは残念ながらあまり耳にしませんが、中古車を購入する選択肢がある理由としては、「旧型が好きだから」というものや、「最新型を新車価格で買うお金がない」というものがあるでしょう。

燃費や維持費と中古車価格を天秤にかけて判断するためにも、歴代モデルの実燃費を知っておくことは大切です。

以下に、アルファード歴代モデルの実燃費とカタログ燃費比較と中古車価格に関する情報を掲載します。

アルファードの実燃費とカタログ燃費

10系20系30系
JC08モード燃費9.711.612.4
実燃費8.068.748.96
[単位]km/L

最新「トヨタ アルファード」中古車情報!

本日の在庫数 0
平均価格 0万円
本体価格 0〜0万円
Pick up!
Pick up!

アルファードの歴代モデルのスペックの変遷

アルファードは各モデルで外観や内装に比較的ギャップがあります。見た目の印象だけでなく、スペックの数値も確認してみましょう。

10系20系30系
全長48404840-48854915-4935
全幅180518301850
全高19351850-19151880-1950
ホイールベース290029503000
車両重量1780-20501940-21901920-2220
乗車定員7-87-87-8
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

トヨタ アルファード30系のグレード体系と価格

30系にはガソリンとハイブリッドの2タイプにグレードがそれぞれ設定されており、非常に多岐に渡ります。以下に各グレードの特徴を価格と共に簡単に紹介していきます。

ガソリンモデルのグレード

上位順に
・Executive Lounge (3.5L)
・G/GF(2.5L/3.5L)
・S/SA(Cパッケージ)(2.5L/3.5L)
・S/SA(Aパッケージ)(2.5L/3.5L)
・S(2.5L)
・X(2.5L)
というラインナップで、ホイールサイズや乗車人数、内装色に違いがあったり、上位グレード程クルーズコントロールやステアリングヒーターなどの便利機能が充実します。

アルファード ガソリンモデル
Executive Lounge 6,522,218
G/GF3,953,782/4,349,000
S/SA(Cパッケージ)4,173,709/4,585,091
S(Aパッケージ)/SA3,754,473/4,145,237
S3,537,491
X3,197,782
[単位]円(消費税込み)

ハイブリッドモデルのグレード

上位順に、
・HYBRID Executive Lounge
・HYBRID SR/SR(Cパッケージ)
・HYBRID G/G(Fパッケージ)
・HYBRID X
となっています。

ガソリンモデルと異なるのは、最廉価のHYBRID Xの段階からクルーズコントロールやスーパーUVカットなど、装備内容を充実させている点です。

アルファード ハイブリッドモデル
HYBRID Executive Lounge7,036,691
HYBRID SR/SR(Cパッケージ)4,919,891/5,501,127
HYBRID G/G(Fパッケージ)4,775,563/5,356,800
HYBRID X4,113,818
[単位]円(消費税込み)

アルファード30系におすすめのカスタム

上の画像のようなエアロパーツをドレスアップし、車高調キットを使用してローダウン、タイヤをインチアップといった外装と足回りのカスタムが定番となっています。30系が発売されてから2年が経過していますので、専用カスタムパーツも充実しています。

下記のような外からはわからない実用的なカスタムパーツも豊富にあります。

バックドアLEDランプ

夜間の荷物の出し入れに、ルームランプだけでは足りないという場合に最適なパーツです。純正カバーを交換するだけで、取り付けも簡単です。

スポーツアルミペダル

「ラグジュアリー」が売りのアルファードにはピッタリのインテリアパーツです。汎用品ではなく、車種専用の方が確実にフィットするのでおすすめです。

LEDシフトゲートイルミネーション

シフトゲートに取り付けるLED照明ですが、「P」や「D」の時で異なる色を設定することで、視覚的なシフト把握ができるだけでなく、間接照明としても機能します。

漂う品と迫る圧を併せ持つトヨタ アルファード

ここまでトヨタ アルファードの歴代モデルの特徴や実燃費・スペック・評価についてご紹介してきました。トヨタ公式が「堂々とした存在感」とするエクステリアに「贅を尽くした空間」とするインテリアは、他のミニバンには無い、ミニバン型「高級乗用車」としての確固たるポジションを表しています。

ちなみに、まだ気が早いとは思いますが、ヴェルファイアの次期フルモデルチェンジが東京五輪の開催される2020年夏と噂されており、アルファードも同時に行われる可能性は非常に高いです。初代がエルグランド発売を利用した話題性と共に登場しましたが、次期アルファードはどんな登場を果たすのか楽しみです。

関連するおすすめの記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!