車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【使えるミニバン!フォルクスワーゲン シャラン】実燃費や試乗の口コミにカスタムなど

フォルクスワーゲンの7人乗りミニバンとして根強い人気を誇るのがシャランです。日本で人気の高い両側スライドドアや7人乗り3列シートを備えたフォルクスワーゲン シャランの魅力について、実燃費やカスタム例などユーザーの声や写真などを紹介しながら、詳しく解説してまいります。

フォルクスワーゲン シャランってどんな車?

フォルクスワーゲン シャランは、日本で人気の高い、両側スライドドアと3列シート7人乗りを採用したミニバンです。そのサイズは全長4.8m超、全幅1.9m超と大きく、日本ではフルサイズのミニバンとなります。フルサイズのミニバンながら、大きさを感じさせないシャープな外装のデザインと取り回し、見切りのいいボディが人気となっています。

シャランの歴史から現行モデルに至るまで、次項より詳しく解説します。

初代フォルクスワーゲン シャランは1995年に登場

初代フォルクスワーゲン シャランは、フォードモーターと合弁で開発・製造し1995年に誕生しました。初代シャランは3列シート(レイアウトは2-3-2)の7人乗りミニバンで、2列目、3列のシートがそれぞれ独立しており、バックレストを完全に倒してテーブル化したり、おのおの必要に応じて取り外すことができたりと、合理的で欧州車らしい設計が特徴でした。

初代シャランのリアドアは、現行モデルに採用されているスライドドアではなく、普通の乗用車と同じヒンジ式のドアでした。また、フォードモーターでは「フォード ギャラクシー」として、同じ1995年より販売されました。

姉妹車のフォード ギャラクシー

姉妹車のフォード ギャラクシーは、ヘッドライトやグリルのデザインがフォルクスワーゲン シャランとは異なり、曲線を多用した当時のフォードデザインとなっているのが特徴的でした。

フォルクスワーゲン シャランは広大な室内空間が魅力

現行型のフォルクスワーゲン シャランは2代目となり、フルサイズミニバンとして、とても伸びやかなフォルムとなっています。その圧倒的な大きさにより、初代と同様に全席独立したシートを採用。一人一人に最高の快適性をもたらしています。

フォルクスワーゲン シャラン車体サイズ・重量

全長全幅全高
4,8551,9101,730
ホイールベース車両重量乗車定員
2,9201,820~1,8507
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

独立したシートが快適な室内空間を生む

多彩なアレンジが自慢のシャランのシート。それぞれが独立したシートはどの席も特等席となっています。また、2列目、3列目は簡単に折りたたむことができ、乗車人数、荷物の量に応じてフレキシブルに使い分けることができます。

2人乗車だと圧倒的なスペースのラゲッジを確保

5名乗車時のラゲッジ

定員乗車(7名)でも十分なラゲッジ

フォルクスワーゲン シャランの室内空間・シートの評判・口コミは?

実家までの長距離運転が必要なので高速安定性、シンプルで飽きが来ないデザイン、大人4人、子供3人余裕で乗車できる、ミニバンでも運転して走りを楽しめる、2列目・3列目が完全にフルフラットになるという車を探していたので、私が求める車の条件に完全にマッチしていました。

デザイン性が高くコンパクト。車内空間は広く、実用性もあるのでおすすめです。丸みを帯びたデザインも飽きません。人気の理由は、一目でワーゲンと分かるデザインだからかもしれません。モデルチェンジしても古さを感じさせないので長期間乗れる車だと思います。走りも制限速度内なら静かで安定していて、大きい割に使いやすい車です。

荷室がフルフラットになりので、運転に疲れたときはゆっくり休めます。購入理由は、子供2人を乗せたうえで大荷物を載せることが多いので荷室が広かったからです。スライドドアなのも安心感があります。また国産車でミニバンだと他人と車種もかぶりますが、この車はあまり被ることはなく、個性がないとも言えるかもしれませんが外車なのに気取った感じがしないです。

ドイツ車をあまりご存知でない方には伝わりにくいのですが、国産車にないクオリティの高さには驚くと思います。例えるならふわふわのベッドか、しっかりした固いベッドに寝るかの差です。睡眠の深さや、目覚めの良さはシモンズベッドが良いと言われるのと同様です。高速運転時にはその良さが分かります。ハンドルは指で支えるだけでも安定感抜群の直進性の良さに驚きます。まさに疲れを感じさせない仕様です。

やはり国産車との違いを認識するのが大切です。室内の広さは、アルファードやヴェルファイアとは比較になりません。国産車に軍配があがります。快適装備や高級感も同様です。しかし、高速走行時の安定感や長時間運転しても疲れにくいのはシャランに軍配があがります。

【フォルクスワーゲンシャランのここがポイント!】

国産車とは一線を画する、それぞれが独立したシートが好評のようです。3列目はやや狭いといった声も聞かれますが、実用性は十分ありそうです。シートバックを倒す使い方でフラットレイアウトが作れ、車中泊にも使いやすいというのは、嬉しいポイントです。

フォルクスワーゲン シャランは安全設計がいい

フォルクスワーゲン シャランは「大切な家族のために、大切なのは安全性です」というキャッチコピーを前面に打ち出しているように、安全性能をセールスポイントとしています。

「安全性能は、すべてに優先する」という、総合安全制御のコンセプト「Volkswagen オールイン・セーフティ」を実現すべく、数々の安全装備が搭載されています。

アダプティブクルーズコントロール(ACC)とはまさにインテリジェントなシステムだと言えます。ACCシステムは、運転者によって設定された速度を維持するだけでなく、疲労軽減と安全の両面でメリットがあります。

フロントガラス設置のカメラで車線を逸脱しないか車両をモニタリングしています。必要に応じて警告やステアリング補正をします。

ブラインドスポットディテクション(後方死角検知機能)

リアバンパー内に設置されたレーダーで後方からの車両を検知し、安全走行をサポートします。

リヤトラフィックアラート(後退時警告・衝突軽減ブレーキ機能)

リアバンパーに設置されたレーダーで、後退時の車両等を認識し、必要に応じて警告やブレーキを作動させます。

ニーエアバッグ(運転席)

9つのエアバックには、このニーエアバックが含まれます。通常のエアバックとは異なりドライバーの脚部の安全性も確保できます。

Front Assist

レーダーを使い、すべての速度域で前方の車両との距離を探知し、いざというときの危険を察知、緊急停止させる「プリクラッシュブレーキシステム“Front Assist”(シティエマージェンシーブレーキ機能付)」をはじめ、フォルクスワーゲン シャランには多くの安全装備が搭載されています。そのどれもが、大切な人を心から安心させるための先進の安全装備となっています。

フォルクスワーゲン シャランは快適装備も抜かりなし

Volkswagen ナビゲーションシステム

フォルクスワーゲンでは通勤者が利用しやすいように、レギュラールートが学習可能なナビゲーション機能を開発しました。定期的に運行されるルートを自動的に「記憶」し、それをスキャンして交通渋滞があるかどうかを調べることが可能です。

Composition Media

フォルクスワーゲン シャランは運転席、助手席、後席がそれぞれ独立して温度などを設定できる「3ゾーンフルオートエアコンディショナー」や「エレクトロニックパーキングブレーキ」「オートライトシステム&レインセンサー」など快適装備を満載しています。

また、快適なドライブを演出するオーディオ&ナビも充実。Volkswagen 純正インフォテイメントシステム“Composition Media”を採用し、さまざまなメディアに対応。オプションで、Volkswagen 純正ナビゲーションシステム“716SDCW”も用意されています。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す