初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【コンパクトSUV徹底比較】スバル新型XVvsホンダヴェゼル!燃費・性能や価格デザイン・リアルな評判まで

スバル新型XVとホンダ・ヴェゼルの安全装備で比較

近年、自動運転や衝突安全装置の開発が急激に進んでおり、どれほどの安全に快適に運転できるかが車選びの基準になりつつあります。
スバル新型XVとホンダ・ヴェゼルが安全装備をどれほど取り入れているのか。
2車種をそれぞれ紹介していきます。

スバル新型XVの安全装備

【アイサイトver.3を搭載】
アイサイトver.3に搭載する「ステレオカメラ」は、人の目と同じように距離と形状を認識します。
白線やガードレール、歩行者や自転車まで認識し、状況に合わせてVDC、エンジン、トランスミッション、メーター、ステアリングなどの制御し、高度な運転支援を行います。

【プリクラッシュブレーキ】
衝突の危険があるとドライバーに注意を喚起し、回避操作がない場合は自動的に減速または停止します。

【全車速追従機能付クルーズコントロール】
高速道路や自動車専用道路で、0km/h〜100km/h域内で先行車に追従走行が可能になり、アクセルやブレーキ操作を自動で制御してくれます。
先行車がいない時は、速度30km/h〜100km/hで定速走行の設定が可能で、先行車を検知すると、一定の車間距離保って追従走行に切り替わります。
追従走行時は、加速モードを4段階から選択可能です。

【アクティブレーンキープ】
スバルいわく”はみださない技術”。
ステレオカメラで走行車線両側の区画線を認識し、ステアリング操作のアシストで車線内中央付近の維持してくれます。

【車線中央維持】
「全車速追従機能付クルーズコントロール」をセットし、約60km/h以上で走行している場合、車線内中央付近を維持するようステアリング操作のアシストを行います。ドライバーの運転負荷を大幅に軽減するとともに、安定した走りを提供します。

【VDC(ビークルダイナミクスコントロール)】
VDCは、横滑りなどクルマの不安定な挙動を抑えるシステムです。コーナリングや急な危険回避の時の安定性を高めるため、4輪個別のブレーキ制御、エンジン出力制御、AWDトルク配分によってドライバーをアシストします。

【AT誤発進抑制制御】
前方間近に障害物があるにもかかわらず、システムが誤発進と判断し、警報音と警告表示で注意を喚起。
エンジン出力を抑え、発進をゆるやかにします。
また、Rレンジの状態でアクセルの急な踏み込みを検知した場合も作動し、後退の飛び出しを抑制します。

【歩行者保護エアバッグと室内に7つエアバックを完備】
歩行者保護エアバッグ全車に標準装備しました。歩行者の頭部への衝撃を緩和します。
そして、7つの乗員保護エアバッグを標準装備し、今までになかった前面衝突時に下肢へのダメージを軽減する運転席SRSニーエアバッグも採用しています。

ホンダ・ヴェゼルの安全装備

【衝突軽減ブレーキ(CMBS)】
約5km/h以上で走行中に、前車両、対向車、歩行者との速度差が約5km/h以上ある場合、衝突する可能性があると自動的に停止または減速します。

【歩行者事故低減ステアリング】
約10km/h~40km/hで走行中に、歩行者側への車線逸脱と歩行者との衝突が予測されたとき、ステアリング操作による回避を支援します。

【ACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)】
約30km/h~約100km/hで高速道路や自動車専用道路などを運転するとき、適切な車間距離を保ち、運転負担を軽減してくれます。

【LKAS(車線維持支援システム)】
約65km/h~約100km/hで車道を走行中、車線内を走行できるようにステアリング操作を支援してくれます。

【路外逸脱抑制機能】
約60km/h~約100km/hで走行中に、路外への逸脱または路外への逸脱をシステムが予測したとき、車線を検知してはみ出さないように支援します。

【誤発進抑制機能】
停車時や約10km/h以下で走行しているとき、真正面に車や障害物があるにもかかわらずアクセルペダルを踏み込んだ時に、出力を抑制と急な発進を防止し、音と表示で接近をドライバーへ知らせます。

【先行車発進お知らせ機能】
停車時に先行車が発進したにもかかわらず自車が停車し続けたときに、ドライバーへ知らせてくれます。

【標識認識機能】
最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止の標識を認識し、マルチインフォメーション・ディスプレイに表示します。

【VSA】
VSAはABS (4輪アンチロックブレーキシステム)、TCS(トラクションコントロールシステム)、EBD(電子制御制動力配分システム)の3つの機能を制御し、クルマの姿勢の安定化を図ります。
雨、降雪、急ハンドル時に起こる横滑りを抑制してくれます。

【衝突安全設計ボディ】
シャシーは、コクピット部分のボディ骨格を軽量かつ強度に優れた素材を使用し頑丈さをつけ、
一方、事故で衝突が多い部分などは相手車両に与えるダメージも軽減する「コンパティビリティ対応ボディ」とともに「歩行者傷害軽減ボディ」を採用しています。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す