初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

三菱トライトン/LP200 新型発表へ!カスタム例や実燃費から日本発売についても

トライトン/LP200は三菱の世界戦略車として位置づけられるピックアップトラックです。2018年11月9日に新型トライトンが発表されます。三菱 トライトンのカスタム例や実燃費、さらに新型が日本でも発売されるかについても解説します。

【最新情報】2018年11月9日 三菱新型トライトン(L200)発表!

三菱新型トライトン 11月17日よりタイで販売開始

三菱 新型 トライトン

2018年11月9日にタイ・バンコクで三菱の新型トライトンが発表となりました。

トライトンは今年で生誕40周年を迎える三菱の1トンピックアップトラックです。この新型トライトンは「究極のスポーツ・ユーティリティ・トラック」というコンセプトだけでなく歴代モデルの開発思想である “Engineered Beyond Tough” をベースに開発されており力強いデザインやオフロードの走破性だけでなく安全運転支援システムまで盛り込んだモデルです。

新たに採用された「オフロードモード」は「GRAVEL(未舗装路)」「MUD/SNOW(泥道/新雪)」「SAND(砂地)」「ROCK(岩場、走行モードが4LLc時のみ)」の4モードが選択可能。悪路の走行に大きく貢献します。

今回のモデルから採用となった衝突被害軽減ブレーキシステム(FCM)は前方車両だけでなく、歩行者の検知も可能としています。車線変更時の事故を防止する後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)や、後退時車両検知警報システム(RCTA)、誤発進抑制機能(前進&後退時)などの先進装備も満載となりました。

三菱新型トライトンはどう変わった?

三菱 新型トライトン

三菱 新型トライトンの内装

先代 三菱トライトン

先代 三菱トライトンの内装

スタイリッシュなトラックという印象が強かったトライトンですが、コンセプトモデルである「L200 GEOSEEK」同様のSUV寄りのデザインを持ったトラックに仕上がっています。

近年の三菱に採用されているデザインコンセプトである「ダイナミックシールド」が採用されたフェイスデザインで、先代と比較すると精悍な顔つきに生まれ変わりました。
ボディのサイド面も厚みが増したグラマラスなスタイルになっただけでなく、先代よりも直線的なプレスラインを持った力強いデザインが見受けられます。

内装に関しても先代に比べて高級感がを高めた黒を基調としたデザインです。フロアコンソール、アームレスト、パーキングブレーキなどの人が触れる部分には柔らかい素材を採用。さらにステッチを入れたデザインにすることで上質な空間に仕上がっています。

新型トライトンのコンセプトカー「L200 GEOSEEK」

三菱は、スイスのジュネーブモーターショー16において、『L200 GEOSEEK コンセプト』を公開しています。

これまで、スタイリッシュなデザインなトラックだったトライトンですが、新型はSUVに寄せたデザインに変わっています。個性的なカラーバランスで、商用車というよりも完全に乗用車志向に方向転換されています。

さらに、ダブルキャブタイプということで、過去、日本で輸入販売されていたモデルと同じである点にも注目です。

三菱 トライトンってどんな車?tritonってどういう意味?

三菱 トライトンは、三菱から販売されているピックアップトラックです。世界戦略車であり、国内ではなく主に海外で販売されています。
生産はタイで、北米を除く全世界に輸出販売されており、日本では2011年8月まで輸入販売という形をとっていました。

トライトン(triton)は、ラテン語で3を意味する「トライ(tri)」と、重さの単位「トン(ton)」を合わせた造語です。3というのは、三菱のロゴであるスリーダイヤをイメージしたとされています。

初代L200(日本名 フォルテ)の発売は1978年。三菱の本格SUV パジェロて培ったオフローダーのノウハウや、歴代ピックアップトラックからのフィードバックを注ぎ込み、ユーザーの要望に応えながらモデルチェンジを行ってきました。

トライトンの名前が与えられたのは2005年モデルから。タイでは同社ピックアップトラック「ストラーダ」の後継として2005年8月から販売されています。

輸入に関するおすすめ記事はこちら!

三菱 トライトンの個性的な外装

三菱 トライトンは日本のいわゆる『トラック』のイメージとは違う形状をしています。そしていわゆるピックアップトラックのパブリックイメージとも一線を画しています。

数あるピックアップトラックの中でも外装デザインがとくに評価されているのです。

「初代からのアイデンティティのスタイリッシュなボディデザイン」
「見た目がとても洗練されている」
「本革シートなど、高級乗用車さながらの装備も充実」
「最高の走りも追及できる素晴らしい一台」

上記に紹介した口コミのように、外装の評価は上々です。
ピックアップトラックは、”ものを運ぶこと”に特化している車です。
その機能を果たせるデザインで本来良いはずのものですが、三菱 トライトンはスタイリッシュな外装をしているため、商用車のみならず乗用車として乗りたい人からも選ばれています。

輸入先では「センスがいい」といわれるトライトンの外装ですが、当の生産国であるタイでは「デザインが先進的で実用性に欠ける」と評価され、外装は酷評されるケースが多いようです。

日本では、あまり他に類をみない形のトラックではあるので、今から売り出しても「もっとおしゃれな商用車を乗りたい」という方に評価されるかもしれません。

三菱 トライトンの内装の評価と使い勝手

ピックアップトラックというと乗り心地は期待できないという先入観に襲われがちですが、三菱 トライトンは違います。
三菱 トライトンは、外装が先鋭的なデザインというだけではなく内装もおしゃれなデザインでまとめられています。
日本で輸入販売されていたダブルキャブタイプのものも、デザインだけではなくさまざまな用途に使える工夫が施されていました。

見晴らしの良い高い視点の運転席

三菱 トライトンの前席シートは、商用車というよりは乗用車の質感に近いインテリアで作られています。
サイズも大きいため、ゆったりと座ることが出来ます。

人も荷物も乗せられるトラック

三菱 トライトンの前席は、広々とした空間でとても座り心地欲作られています。
後席は快適性よりもトラックとしての使い勝手が意識されていますが、空間として広々と面積が確保されていることは前席同様です。
多少大きな荷物でも、荷台ではなく後席に突っ込んで運んだりすることが可能となっています。

自由自座に使える荷台

三菱 トライトンには最大積載量400kgの大きな荷台があり、商業車としてあらゆる荷物を詰め込むことができます。
乗用車として使うならキャンプ用品や自転車、ダイビング用品などのアウトドア用品も軽々と詰め込むことができます。

三菱 トライトンはフレームがついたシャシーと、サスペンションのバランスは荷物をたくさん積むことを前提に設計されています。
したがって、荷物を積まない状態で運転すると、弾むような形でのドライブを余儀なくされてしまいます。
そういう意味では、三菱 トライトンは居住空間に優れていても快適性という観点ではそこまで期待して乗ることはできないようです。

三菱 トライトンの内装についての口コミ

「車内は広く、特に足元はゆったりと足を伸ばせる」
「汎用性や実用性などを重視すると少し微妙かも」

三菱 トライトンのスペックと価格

ここでは、日本でかつて販売されていた最終モデルのトライトンのスペックを紹介します。
参考に価格のみ日本未発売モデルのものも掲載しています。

全長全幅全高
5,0301,8001,780
ホイールベース車両重量乗車定員
3,0001,8505
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人
エンジン種類V型6気筒SOHC
排気量3.5L
最高出力131kW[178PS】/4,750rpm
最大トルク295N・m[30.1kgf・m】/3,500rpm
トランスミッション4AT/5AT/5MT
駆動方式4WD
使用燃料レギュラー
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

三菱 トライトンの新車価格
日本発売モデル(~2011年8月)2,940,000~2,980,000円
日本未発売/現行モデル(円換算)2,274,596~3,479,093円
[単位]円(消費税込み)

三菱 トライトンの実燃費

三菱 トライトンのJC08モードでのカタログ燃費は7.8km/Lです。
もともと、パワー型で重い荷物を運ぶための車なので燃費自体は全自動車の中では最低部類です。
MOBY編集部調べでは三菱 トライトンの実燃費は平均的に5~6km/Lで推移している口コミが多く、カタログ燃費を考えたら優秀な燃費性能と言えるでしょう。

三菱 トライトンのカスタム例

三菱 トライトンは、商用車にとどまらず、アウトドア好きを始め沢山の人に好まれています。
オフロードにも強く、山でも川でもその強烈なパワーでぐいぐいと進んでいきます。
そんな冒険家たちが購入後、次にすることといえばカスタムではないでしょうか。

三菱 トライトンは、それに特化した専用パーツだけではなく、様々なカーグッズと相性がよく、沢山の人がカスタムをして楽しんでいます。
燃料キャップカバーなどの小さなものから、荷台に取り付けるワンピース構造のARBキャノピーなど多岐にわたります。
三菱 トライトンを所有するならカスタムする楽しさを存分に味わうことができるでしょう。

カスタムに関するおすすめ記事はこちら!

三菱新型トライトンの日本発売日は?

新型トライトンは、2018年11月9日に発表予定ですが、現在日本での販売予定や発売日は未定です。

日本の三菱ディーラーではかつて正規輸入販売されていたため、販売を再開してほしいというニーズが沢山あるといいます。

三菱 トライトンは商用トラックとして使うよりもライフスタイルに合わせてSUVのように使うユーザーも多いです。今後、モデルチェンジによって燃費性能などが向上し、再び日本に輸入販売されることになればきっと大人気のSUVとなるでしょう。

日本ではまだ販売されるという情報はありませんが、アセアン、オセアニア、中東、欧州、アフリカ、中南米など約150ヶ国に順次展開する計画を三菱は発表しています。日本に導入される日を待ちましょう。

ピックアップトラックに関するおすすめ記事はこちら!

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!