車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【新型フォルクスワーゲンパサートの重要事項8点】性能・実燃費や試乗での評価は?

新型フォルクスワーゲンパサートはPHVも選べる

新型フォルクスワーゲンパサートは、セダン・ヴァリアントともPHV(プラグインハイブリッド車)も選べます。

新型フォルクスワーゲンパサートのPHVは2016年6月に追加販売となりました。フォルクスワーゲンでは、ゴルフPHVに続き2車種目となりフォルクスワーゲンパサートGTEという車名で販売されています。

PHVならではの経済性が魅力!

新型フォルクスワーゲンパサートGTEは、1.4LTSI(直列4気筒DOHC 1.4LTSI直噴ターボ)エンジンにモーターを組み合わせています。Eモード(EV走行)では、51.7km(JC08モード 国土交通省審査値)の走行が可能となっています。

3つの走行モードでエコにもスポーツにも応える

新型フォルクスワーゲンパサートGTEには「Eモード」「GTEモード」「ハイブリッドモード」の3つの走行モードが用意されています。

3つの走行モード
・Eモード
電気のみで走行。50㎞以内の買い物や通勤ならゼロエミッションで使える。
・GTEモード
エンジンの力とモーターの力をフルに使いパワフルに走れます。
・HVモード
走行状況やバッテリー残量などに合わせて、エンジン・モーターを使い分け効率よく走行します。

【ここがポイント!】
新型フォルクスワーゲンパサートGTEはパサートの新たなフラッグシップとして最新の技術と品質を追求しています。

PHV(プラグインハイブリッド)に関する情報はこちらの記事

新型フォルクスワーゲンパサートGTEのスペック

新型フォルクスワーゲンパサートGTEのエンジン・モータースペック

エンジン型式CUK
種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ(4バルブ)
総排気量(cc)1,394
圧縮比10.0
最高出力 kW (PS)/rpm115(156)/5,000‐6,000
最大トルク Nm (kgm)/rpm250(25.5)/1,500‐3,500
燃料供給装置 電子制御式
使用燃料 無鉛プレミアム
モーター型式EAJ
最高出力 kW (PS)85(116)
最大トルク Nm (kgm)330(33.6)

新型フォルクスワーゲンパサートGTEの燃費スペック
ハイブリッド燃料消費率(国土交通省審査値)JC08モード (km/L):21.4
充電電力使用時走行距離(プラグインレンジ、国土交通省審査値)(km):51.7

新型フォルクスワーゲンパサートGTEの価格

パサートセダンGTE5,199,000円
パサートセダンGTE Advance5,799,000円
パサートGTEヴァリアント5,399,000円
パサートGTE ヴァリアントAdvance5,999,000円

新型フォルクスワーゲンパサートGTEを試乗した感想は?

新型フォルクスワーゲンパサートにディーゼルモデルが追加

フォルクスワーゲン パサート TDI Highline

フォルクスワーゲンはミッドサイズセダン・パサートに2.0Lターボディーゼルエンジン「TDI」を搭載したモデルを追加しました。
これにより、TSI(ガソリン)、GTE(プラグインハイブリッド)、TDI(ディーゼル)という3種類のエンジンラインナップとなりました。

2.0L TDIは、フォルクスワーゲンの新生産モジュール「MQB」に基づいて開発された、新世代のクリーンディーゼルエンジンです。
最高出力140kW、最大トルク400Nmのパワーと、日本の厳しい規制に適合した排ガス浄化機能を両立させています。

TDI搭載グレードは以下の表の通り、内外装と機能装備を充実させた「TDI Eleganceline」と、さらなる上級装備の「TDI Highline」の2つです。

フォルクスワーゲン パサート TDI
パサート TDI Eleganceline423万
パサート TDI Highline490万
[単位]円(消費税込み)

新型フォルクスワーゲンパサートの実燃費は?

新型フォルクスワーゲンパサートのカタログ燃費は20.4km/L(JC08モード・1.4LTSIモデル)とたいへん優秀です。では、実際の実燃費はどうなのか気になるところです。

ここでは、ユーザーの燃費に対する評判や口コミを集めてみました。

燃費カタログスペック
1.4L TSI 
燃料消費率(国土交通省審査値)JC08モード (km/L):20.4
2.0L TSI
燃料消費率(国土交通省審査値)JC08モード (km/L):15.6

私もセカンドカーとして2004年式V6-4モーションに乗っています。燃費はこの排気量や車体からしては妥当ではないでしょうか?街乗りの60キロ定時走行だと良くて12~13キロ走ります。(高速も100キロ定時走行だと同じ位です)都内の渋滞にはまってエアコンを常時回していると6キロ位ですかね。燃費を考えて乗るのであれば今流行のハイブリットカーがいいのでは?でも私は変えませんが。燃費には変えがたいものがあるでしょう!ちなみに普段仕事で乗っているハイエースのディーゼルで8~9キロ位です。

出典:http://www.goo-net.com/

燃費がいいです。市街地でも10Km/Lくらいです。高速利用の遠乗りでは20Km/Lちかく。

出典:http://www.goo-net.com/

街乗り燃費(6~7ぐらい)が悪い、せめてV6やゴルフに載せてるDSGミッション載せてたらマシだったかも?

出典:http://www.goo-net.com/

1年近く乗っていますが、なんといってもガソリン車としては燃費が良い。(街中12~15km/l高速17km~19km/l)アイドリングストップ、ブレーキエネルギー回生システムが効いているのだと思う。

出典:http://www.goo-net.com/

ゴルフと同じエンジンながらゴルフを上回る燃費(18km/l)は、正直、驚き。

出典:http://www.goo-net.com/

アイドリングストップや小型エンジンで14キロ近い燃費性能など、見た目は地味な車ですが、満足です。

出典:http://www.goo-net.com/

【ここがポイント!】
2.0L TSIの口コミがありませんでしたので、1.4L TSIの実燃費ということになりますが、総じて燃費に対する評価は良好で、街乗りや通勤など短い距離の使用でも12~13km/L前後の燃費が期待でき、さらに郊外路や高速道路などではカタログ燃費に近い数字(20km/L)も夢じゃない様子です。

口コミをもとにまとめた結果、15~16km/Lといったあたりが現実的な燃費と言えるでしょう。

新型フォルクスワーゲンパサートのカスタム

新型フォルクスワーゲンパサートのカスタムについて、SNSに紹介されていますユーザーの写真をまとめてまいります。

インチアップとローダウンで決めたパサートヴァリアント

@takuya.b8がシェアした投稿 -

繊細なフィンの大径ホイールが程よいローダウンにバッチリ決まっています。ヨーロピアンムード満点でセンス抜群のカスタムですね!

超ローダウンしたパサートヴァリアント

これで普通に走れるのだろうかと心配になるくらいベタベタにローダウンしたパサートヴァリアントです。

これも低い!パサートセダン

フォルクスワーゲンパサートのカスタムは圧倒的にヴァリアントが多いですが、海外ではセダンのカスタムも見受けられます。それにしても超ローダウンですね。カッコいいですが、普通に走れるのか心配になります。

ザ・ヨーロピアンといった仕上がり

Günaydın #volkswagen ailem.. #passat #air #vwturkiye #volkswagenpassat #passatb8 Araç sahibi????@ibrahim_gunal

VOLKSWAGEN TÜRKİYEさん(@volkswagengarageturkey)がシェアした投稿 -

適度なローダウンとインチアップしたアルミホイールに純白ボディが決まっているパサートセダン。めちゃカッコいいです!

ワンポイントのリップスポイラーが決め手!

ゴールドカラーがバッチリ決まったパサートセダン。リップスポイラーがいいアクセントになっていて好感がもてます!

車のカスタム・改造の注意点に関してはこちらの記事

フォルクスワーゲンパサートGTが限定販売!

デトロイトモーターショー2018にて、パサートをよりスポーティーにしたパサートGTが発表されました。
パサートGTは標準モデルをベースにスポーティーなパーツを装備しており、エクステリアデザイン(外装)もハニカムグリルを縁取る赤いラインやツートーンのカラーリングが個性的かつスポーツ性を再現しています。
パワートレインは3.6L V型6気筒エンジンで、最高出力は280hp、最大トルクは35.7kg・mを発揮します。
トランスミッションはフォルクスワーゲン独自のデュアルクラッチトランスミッション、DSGです。

限定販売でなおかつ日本での発売については言及がありませんが、北米以外でも販売されることを期待しましょう。

フォルクスワーゲンパサートの中古車について

フォルクスワーゲンパサートは、冒頭にも解説いたしました通り、たいへん歴史のある車です。したがって、中古車市場でも新旧さまざまなモデルのパサートが流通しています。予算や好みに合った車を探すことができそうです。

最新「パサート」中古車情報!

本日の在庫数 189
平均価格 238.5万円
本体価格 106〜98万円
Pick up!
Pick up!

最新「パサートGTE」中古車情報!

本日の在庫数 6
平均価格 318.1万円
本体価格 279〜338万円
Pick up!
Pick up!

新型フォルクスワーゲンパサートは質実剛健の名車

新型フォルクスワーゲンパサートについて、さまざまな角度からその魅力についてまとめてみましたが、いかがでしたか?

パサートは世界中で愛され2200万台を販売してきた名車ですが、日本では、ゴルフの陰に隠れがちで、やや地味な存在ともいえる状況でした。
しかし、新型フォルクスワーゲンパサートはアウディA4にも負けない性能と流麗なデザインを併せ持ちつつ、コストパフォーマンスにも優れた車となっています。

フォルクスワーゲンらしい質実剛健な名車で、魅力いっぱいの車が新型フォルクスワーゲンパサートです。

あなたの愛車の査定金額が気になる方はこちら!

【2016年開始】新しい車の買い取り高額査定サービス

フォルクスワーゲンの最新車種に関する情報はこちらの記事

フォルクスワーゲンに関するおすすめ情報はこちらの記事

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!