初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車で行きたい関東「道の駅」5選をオススメポイントと併せてご紹介

連休に家族で車に乗って出かけとなると行き先は大人から子供まで楽しめる場所がいいです。 最近の道の駅は地場産品の直売所のみでなく、温泉や宿泊施設などまで揃っている所もあります。そこで今回は、そんなオススメスポット道の駅から選りすぐりの関東の道の駅5選を紹介します。

埼玉「道の駅大滝温泉」

道の駅大滝温泉は埼玉県の西部に位置しています。

秩父路最奥の秩父多摩甲斐国立公園内にあり、荒川源流のV字渓谷と秩父山の山並みが美しい観光スポットです。

オススメポイント1:「日帰り温泉 遊湯館」

リニューアルオープンした岩風呂とサウナはもちろん、檜風呂もぜひ楽しんでください。

大きなお風呂にゆったり浸かって、窓から見える荒川の清流の流れを眺めながらリラックスできます。

オススメポイント2:「お食事処 郷路館」

荒川源流大滝自慢の「手打ちそば」をはじめとして、奥秩父大滝の素朴な田舎料理を楽しめます。その他テイクアウトもできる秩父の人気おやつシリーズ「こじゅうはん」も人気です。

また、こちらでは新鮮な農産物や土産品を取り揃えているので、美味しい食事を堪能した後はぜひ見てみてください。

オススメポイント3:「大滝歴史民俗資料館」

楽しんだ後は子供と一緒に勉強もいいです。

こちらの大滝歴史民俗資料館では近代産業の発展により郷土の民族文化遺産が失われつつある現況をふまえて、先人達が伝統的に作り出した生活文化の民具類や諸道具の資料を展示公開しています。

問い合わせ先

〒369-1901
埼玉県秩父市大滝4277-2 

tel:0494-55-0126 
fax:0494-55-0511

栃木「道の駅 ろまんちっく村」

なんと46ha(東京ドーム10個分)という広大な面積を誇るろまんちっく村は、人と地域と豊かな里山にふれあうことのできる道の駅です。

農産物直売所や飲食店だけでなく、体験農場や森遊び、ドッグラン、温泉やプールに宿泊施設までもがある滞在体験型ファームパークです。

オススメポイント1:「遊ぶ・学ぶ・体験する」

天然温泉・露店風呂の湯処あぐりと温浴プール・アグリスパのある宿泊施設「ヴィラ・デ・アグリ」をはじめとして、定期的な農業体験プログラムを開催している生産体験農場「ろまんちっくファーム」や、パン焼き体験が楽しめる「パン焼き薪窯のっぽさん」など紹介しきれない程の楽しい施設が沢山です。

オススメポイント2:「食べる」

申し込めば見学体験可能なブルワリー「ろまんちっく村クラフトブルワリー」を抱える、旬の食材を豊富に使った季節ごとの里山料理や和洋各種のこだわりメニューを気軽に食べられるレストラン「麦の楽園」をはじめとして、ヴィラ・デ・アグリのお食事処「ゆず庵」、気軽に立ち寄れるバール風のファストフードショップ「ファストフードDELI」、お気軽にご当地グルメを味わえる「フードコートとちのは」と、食の楽しみも満載です。

また事前に予約をすれば団体BBQコーナーでのBBQも楽しめます。

問い合わせ先

〒321-2118 栃木県宇都宮市新里町丙254番地

TEL:028-665-8800 
FAX:028-665-8678

茨城「道の駅まくらがの里こが」

茨城県最大級の道の駅まくらがの里こがです。

「まくらが」とは、奈良時代にまとめられた万葉集に「まくらがの こがのわたりの からかじの おとたかしもな ねなへこゆゑに」などと歌われていて、その言葉自体には枕詞のため意味はありませんが古くから古河周辺を指す言葉として使われてきました。

古河市や生産者と連携を取り、取り引きを行なう地元生産者・取り引き企業の方々を対象に、「道の駅こがクラブ」をつくり、古河市のアンテナショップとしても活躍しています。

オススメポイント1:焼きたてパンのカフェ・ベーカリー「はなもも」

地元食材を用いて店内の釜で焼いている焼きたてパンはたまりません。

また地元の有名店のパン、洋菓子、まくらがの里こがオリジナルジェラートやフレッシュジュースも購入できます。

オススメポイント2:生産者の顔が見える古河マルシェ「まくらが」

地元古河の朝どれ新鮮野菜・果物・こだわりのお米・お花・専門店のお弁当やお惣菜などを提供しています。

「つくり手の顔が見える直売所」です。

オススメポイント3:地産地消フードコート「みやことほまれ」

新鮮な地元の野菜をたっぷりと使った自信のフードコートです。なんと平日の11:00~14:00限定で、洋食・丼・麺メニューを注文の人はプラス280円で野菜バイキングのセットが楽しめます。

ただの野菜ではありません。地元で取れた古河産の野菜が使用されているのです。安心安全な野菜がバイキングで提供されているのはうれしいです。

問い合わせ先

〒306-0111
茨城県古河市大和田2623番地

TEL:0280-23-2661
FAX:0280-23-2658

千葉「道の駅とみうら枇杷倶楽部」

南房総は枇杷の日本二大産地のひとつです。その枇杷は明治42年以来、天皇・皇后陛下に100年以上献上が続いている最高級品です。

また、その枇杷を使って毎日手作りしているびわソフトは人気商品で、絶対に一度は食べておきたいソフトクリームと言えます。

オススメポイント2:食べ放題!「いちご狩り・枇杷狩り・ぶどう狩り・夏野菜狩り」

枇杷倶楽部苺庭園の特徴は、多品種のいちごをシーズン中にて味比べ&食べ放題(園内30分)で楽しめます。

また、他所ではなかなか体験できない枇杷狩りもあります。枇杷は木からもいだ瞬間が一番美味しい食べ方と言われているので、その味をシーズン中にぜひ堪能してみてください。

大人気になので、どちらも早めの予約をおすすめします。

オススメポイント3:やってみよう!「沢山の体験プログラム」

房総の伝統料理、太巻き寿司づくりや千葉県を代表する伝統的工芸品、房州うちわづくりをはじめとした体験プログラムが沢山あります。

事前予約は必要ですが、記念に家族でぜひトライしてみてください。

問い合わせ先

〒299-2416
千葉県南房総市富浦町青木123-1

Tel:0470-33-4611
Fax:0470-33-4231

群馬「田園プラザ川場」

群馬県川場村、武尊山のふもとに位置する「田園プラザ川場」は広大な敷地面積をもつ人気の道の駅です。

川場田園プラザは「関東好きな道の駅 5年連続第1位」、「日経プラス1 家族で一日楽しめる道の駅 東日本第1位」に選出されました。

敷地内の工房で作られるグルメやこの地域の特産品も充実しています。また広大な敷地には遊び場も充実していて、ファミリーにはピッタリの道の駅です。

オススメポイント1:グルメが充実

田園プラザ川場はグルメが充実した道の駅で、この道の駅にある工房で作りたてのグルメを食べ歩きがオススメです。

大人気の工房「ミート工房わかば」のドイツ仕込みのハムやソーセージを茹で上げ、アツアツの鉄板焼きにした山賊焼は行列必至なので早めに並ぶことをおすすめします。

また、食事処も豊富で思わず目移りしてしまいそうですが、やはりオススメなのは築200年の「名主の館」で味わう雪ほたか米と郷土料理です。

紹介したお店や工房以外にも素敵なお店が沢山あるのでぜひチェックしてみてください。

オススメポイント2:SLがあるホテルに泊まろう

田園プラザ川場のSLゾーンにある「ホテルSL」が最高です。SL D-51(通称:デゴイチ)の隣に佇むレトロで落ち着きのあるホテル、その部屋の窓からはもちろん敷地内につくられた線路上を走る蒸気機関車の勇姿が眺められます。

また、ホテルSLの館内には温泉「弘法の湯」があるので川場でいっぱい遊んだ後は汗を流してゆっくりとくつろげます。

ちなみにこのSL D-51、乗車体験も可能ですのでぜひ一度楽しんでみてください。

オススメポイント3:お土産を買って帰ろう

前述の通り、敷地内には工房が沢山あるので特産品も豊富にあります。

中でもミルク工房ののむヨーグルトは大人気です。お取り寄せも可能なのでお土産がおいしければまた購入することも可能です。

問い合わせ先

〒378-0111
群馬県利根郡川場村大字萩室385

TEL:0278-52-3711
FAX:0278-52-3713

その道の駅はもう「目的地」

昔は「道の駅」というとドライブのついでに寄るイメージが大きいですが、こんなに充実した魅力的な道の駅ならこの道の駅を目的に遊びに来る方が沢山いそうです。とくにファミリー層には絶大な人気を誇っているそうです。

いくつか道の駅の敷地内にビール工房がある道の駅もあるようなので、ドライバーのお父さんも楽しめるよう泊まりがけで遊びにいくことをおすすめします。

日帰りの際にはドライバーさんは決してアルコール類には手を伸ばさないでください。

道の駅以外の魅力的なドライブスポットはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す