初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ポルシェ新型911 GT3に新モデルが追加!スペック・価格や日本発売日は?

シャシーのドライビングダイナミクスを最適化し、よりスポーティーさが洗練されたという新型911 GT3。本記事では、ポルシェ新型911 GT3のスペックや価格、日本発売日といった最新情報についてまとめています。2018年型911 GT3 RSについても紹介しています。

【最新情報】2018年型911 GT3 RSが発表!

2018年2月、新型911 GT3 RSが発表されました。
新型911 GT3 RSは、911 GT3をベースとした、スポーツ向きのシャシーやスポーツ仕様のインテリア・エクステリアデザイン(内装・外装)、エアロダイナミクス向上のためにリファインされたリアアスクルステアリング含むランニングギアのセットアップ、俊敏性とステアリングの挙動を高める新開発の265/35スポーツタイヤなどを採用したハイパフォーマンススポーツカーです。
2016年に一度生産が終了しましたが、2018年に2台目が発売されることになりました。

エンジンは911 GT3 RSにも搭載される4L 6気筒NAエンジンが積まれています。
最高出力は従来のモデルより15kW(20PS)アップしており、0-100km/h加速は3.2秒、回転域は9,000rpmに至ります。

911 GT3 RSについて詳しくはこちら

911 GT3やGT2 RSとの違いは?

ポルシェの911ラインナップにはGTの名を関したモデルが存在します。
GTの名がつくモデルはすべてモータースポーツを意識した公道仕様車なのですが、その中でも911 GT3はレースカーである911 GT3カップのNAエンジンをほとんど仕様変更せずに搭載した、このシリーズで最初に発売したモデルです。
次に登場した911 GT2 RSは、モータースポーツに照準を合わせていることは同様ですが、ベースが911ターボのターボエンジン搭載車です。

911 GT2 RSについてはこちら

ポルシェ新型911 GT3がジュネーブ・モーターショーで公開&発売

新型ポルシェ911 GT3

スイスで開幕されたジュネーブ・モーターショー2017において、新型ポルシェ911 GT3が公開・翌月から受注を開始しました。
軽量化のためにシャシーの再設計を行い、エンジンのパワーを最大限に生かす特別なチューニングが施されたという新型911 GT3は、どのようなスポーツカーに仕上がっているのでしょうか?

新型ポルシェ 911 GT3「納車第1号」まで話題に

Tim ????????さん(@tr_351)がシェアした投稿 -

2017年4月、新型ポルシェ 911 GT3の納車第1号と見られる車両がシュトゥットガルトにて目撃されました。

乗っているのはポルシェ一族であるフェルディナント・ピエヒ氏と妻であると思われます。

ブレーキキャリパーもボディカラーと同色に塗装され、ホイールやドアミラーはブラックに塗装されるなど、かなりこだわって作られた一台であることが分かります。

同時公開されたパナメーラ スポーツリスモについてはこちら

ポルシェ911とは?

ポルシェ911 カレラ 4S

ポルシェ911は、ドイツの自動車メーカー・ポルシェが1964年から製造・販売しているスポーツカーです。
伝統的にRR(リアエンジン・リアドライブ)方式の後輪駆動を採用している珍しい車種であり、RR方式の採用には高い車体剛性と工作精度の確保が必須になるため、911はポルシェの高い技術レベルを体現している車種であるといっても過言ではありません。

現行モデルである991型は7代目であり、2011年に発売されました。
最大の特徴は、車体にアルミニウム合金を大量に使用することで、先代モデルからの大幅な軽量化を実現したことです。

今回発表された新モデル以前の911 GT3のエンジンには、3.8Lの水平対向6気筒エンジンが搭載されており、最高出力は475PS、最大トルクは44.9kgf・mを発揮することができます。
トランスミッションは7速PDK(ポルシェ独自のデュアルクラッチ式AT)の設定で、ポルシェ初の4WS(四輪操舵)システム「アクティブリアホイールステアリング」も搭載されていました。

ポルシェ911についてより詳しく知りた人はこちら!

ポルシェ新型911 GT3のエクステリア(外装)デザイン

フロント

サイド

リア

新型911 GT3のシャシーは、向上したドライビングダイナミクスに適合されており、911カレラより車高が25mm低くなっています。
エアロダイナミクスに基づいた精巧な設計がされており、なおかつフロントエンドとフロントスポイラー、リアエンドなどは軽量化を意識しています。

ポルシェ新型911 GT3のインテリア(内装)デザイン

インパネ

シート

新型911 GT3の内装は、より走りを重視したスタイリッシュな仕様となっています。

「918スパイダー」に由来する直径360mmのGTスポーツステアリングホイールを装備し、運転席と助手席の両方にはサイドサポートが強化された「スポーツシート プラス」が装備されます。
シートの高さとヘッドレストは電動調節可能で、911 GT3は2シーターであるため、後席にはカバーが付けられました。

また、新型911 GT3のシートは以下の3つの仕様から選択可能です。

■全てのシート機能が電動調節される「アダプティブ スポーツシート プラス」
■可倒式バックレスト、内蔵式胸部エアバックおよび手動式前後調節機能を備えた「スポーツバケットシート」
■カーボン模様仕上げの軽量「CFRP製フルバケットシート」

新型911 GT3には「ポルシェ コミュニケーション マネージメントシステム(PCM)」が標準装備されます。
このPCMには「コネクト プラスモジュール」と「トラックプレシジョンアプリ」が含まれており、トラックプレシジョンアプリによって、スマートフォン上で詳細なドライビングデータの表示や記録、分析が可能です。

世界で918台限定のポルシェ918スパイダーの記事はこちら!

ポルシェ新型911 GT3のスペックは?

新型911 GT3

新型911 GT3

ボディサイズ

全長全幅全高
4,5621,852
1,978(ドアミラー含む場合)
1,271
ホイールベース車両重量乗車定員
2,4571,430(PDK仕様車)
1,413(MT仕様車)
2
[単位]全長・全幅・全高・ホイールベース:mm 車両重量:kg 乗車定員:人

パワートレイン・エンジン

エンジン種類6気筒水平対向NAエンジン
排気量4.0L
最高出力368kW[500PS]/8,250rpm
最大トルク460Nm/6,000rpm
トランスミッション7速PDK/6速MT
駆動方式RR
使用燃料ハイオク
[単位]最高出力:kW[PS]/rpm 最大トルク:N・m[kgf・m]/rpm

最高出力は500PS!最高速度は320km/h!

新型911 GT3のパワートレインには、4.0Lの水平対向6気筒エンジンが搭載されます。
このエンジンは、GT3のレーシングモデル「911 GT3 Cup」に搭載されているものからほとんど仕様変更をしておらず、その最高出力は500PS(368kW)にも達するとのこと。

車両重量は1,430kgで、パワーウエイトレシオは3.88kg/kW(2.86kg/PS)です。

トランスミッションには7速PDK(デュアルクラッチ式AT)が標準装備されますが、さらなる走りを追求したいという人のために、6速MTも用意されています。

7速PDKの場合、0-100km/h加速のタイムは3.4秒、最高速度は318km/hです。
6速MTの場合、0-100km/h加速のタイムが3.9秒、最高速度は320km/hにも達します。

走行性能

新型911 GT3のシャシーは、よりスポーティーでドライビングダイナミクスを重視した設計となり、車高も911カレラSより25mm低くなりました。

ポルシェ最新の後輪操舵システム「リアアクスルステアリング」も備えており、低速域では後輪と前輪が逆相に動き、高速域では前輪と後輪が同相に動くことで、俊敏性と安全性も同時に向上しています。

ポルシェ新型911 GT3の新モデル「ツーリングパッケージ」が登場!

スクープされていたポルシェ新型911 GT3の新モデル「911 GT3 ツーリングパッケージ」が世界最大のモーターショー「フランクフルトモーターショー」にて公開されました。
リアウィングの代わりに、911カレラのような可変リヤスポイラーを備えており、トランスミッションも6MTのみが設定されています。
モータースポーツ部門で利用されていた4リッターNAエンジンエンジンを流用しており、その最高出力は500 HPにも達し、460 Nmものトルクを発生させます。
0〜100 km/h加速は3.9秒を記録し、最高速度316 km / hに達します。

ポルシェ911カレラより44ミリメートルも車幅があり、25ミリメートル車高が低くいため、存在感が強調されています。
内装には上質な革が使われていてインテリアの細部までにこだわりがあることがわかります。
ポルシェ新型911 GT3 ツーリングパッケージは、純粋な911デザインとクラシックな走りの楽しさを融合させた高品質スポーツカーです。

911 GT3 ツーリングパッケージのスクープ画像

この新型ポルシェ911 GT3の新モデルと思われるこの車両の詳細は一切判明していませんでしたが、フロントマスクやリアのデザインが新型ポルシェ911 GT3と大部分が一致するため、特別モデルなのではないかと予想されていました。
しかし、大型ウィングが無いことからポルシェ911 Rとも予想されていました。

ポルシェ911 R

ポルシェ911 Rとは991台しか製造されていない限定モデルです。
純粋な「運転する楽しさ」を追求した2016年に発表されたポルシェ911 Rは、軽量化に取り組みました。
主に後部座席などの装備を取り除くことで車重を軽減し、モータースポーツで培われた技術で剛性も向上しました。
もしこれがポルシェ911 Rであれば、新型911 Rになる可能性があります。

フランクフルトモーターショー2017の記事はこちら

新型ポルシェ911 GT3の新車販売価格

新型ポルシェ911 GT3の新車販売価格以下の通りです。

車種トランスミッションハンドル価格(税込)
911 GT37速PDK右/左2,115万円

ポルシェ新型911 GT3でよりスポーティーに

公道を走るレーシングカーとして、より洗練された新型911 GT3は、運転をしたら間違いなく楽しいはずです。
しかし価格は2,000万円以上と、さすがポルシェとしか言いようのないお値段です。
簡単に手の届く価格ではありませんが、ポルシェ新型911 GT3はその存在だけでワクワクさせてくれるような車です。

いつかは乗ってみたい、そう思わせるのが911 GT3という車です。

ポルシェの新型車情報はこちらの記事で!

スポーツカーに関する記事はこちら

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す