初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

アウディA6が新型へフルモデルチェンジ!価格やスペックからマイルドハイブリッド、自動運転まで

アウディ新型A6の詳細がついに発表!新型アウディA6のフルモデルチェンジ後のデザイン、価格、スペック、燃費について解説します。ジュネーブモーターショー2018にて世界初公開されたアウディ新型A6。フルモデルチェンジによりマイルドハイブリッドとレベル3の自動運転も搭載!

【最新情報】フルモデルチェンジしたアウディ新型A6が発表

アウディ新型A6

2018年2月28日、アウディはジュネーブモーターショー2018にて初公開される予定の新型A6セダンの詳細を明らかにしました。
2011年に初公開されたアウディA6は今回のフルモデルチェンジで5世代目となります。

また、ステーションワゴンのA6アバントについては、少し遅れて4月11日に新型が発表されました。

アウディ新型A6のデザインや価格からスペックなどの最新情報をご紹介します。

アウディ新型A6の公開前ティザー映像

アウディは新型A6の発表にあたりティザー動画を公開しました。
「デジタル」「ポータビリティ」「コンフォート」という3つのテーマが掲げられています。

アウディ新型A6発表のタイミングについては、2018年1月のデトロイトモーターショーでもサプライズ発表の可能性がありました。

ジュネーブモーターショーについてはこちら

デトロイトモーターショーについてはこちら

アウディ新型A6 フルモデルチェンジの変更点

アウディ新型A6のフルモデルチェンジの主な変更点は

・外装にはA8、A7に続く最新デザイン言語を採用
・ボディサイズを拡大し後部座席のスペース拡大
・エアロダイナミクス性能の向上
・エンジンはガソリン/ディーゼルの2種類で全エンジンにマイルドハイブリッド採用
・レベル3の自動運転機能「アウディAIトラフィックジャムパイロット」を搭載

となっています。

アウディ新型A6のエクステリアデザイン(外装)

アウディ新型A6の外装はかなりスタイリッシュになっています。
アウディ独特のデザインのフロントグリルからは、アグレッシブさも感じられます。
ヘッドライト、テールライトのデザインが特徴的で、夜間でも一目でアウディと分かるでしょう。

アウディ新型A6のインテリアデザイン(内装)

運転席・助手席

後部座席

アウディ新型A6の内装はシンプルさと使いやすさが追求されたデザインになっています。
メーター部分にあるバーチャルコックピットやインパネのセンター部分に設置されているディスプレイが特徴的です。
後部座席にも十分なスペースが設けられており、十分なゆとりがあります。

アウディ バーチャルコックピットも採用!

新型A6の内装には、高解像度のディスプレイにさまざまな情報を表示して運転をサポートする「アウディ バーチャルコックピット」が搭載されます。
また、AR(拡張現実)技術を採用したヘッドアップディスプレイや、スマホと同じ静電容量式の使いやすいタッチパネルなどといった、最新の技術が多数導入されるという噂です。

MMIタッチレスポンステクノロジーも搭載

新型A6には「MMIタッチレスポンステクノロジー」が採用されています。

センターコンソールとインストルメントパネル内にもディスプレイが2つ搭載されています。
うち、上部の10.1インチディスプレイはインフォテインメントおよびナビゲーション機能、下部の8.6インチディスプレイはコンフォート機能の操作やテキスト入力時に使用します。

これらのインフォテイメントディスプレイの操作に、直感操作システム「MMIタッチレスポンステクノロジー」が採用されており、スマートフォンのような操作性とメニューが特徴となっています。

アウディ新型A6のボディサイズ

アウディ新型A6のボディサイズについては、詳細が公開されていません。

アウディの次世代プラットフォーム「MLB evo」を採用することによって、ホイールベースと全長を拡大しつつ、車両重量は約120kgも軽量化されていようです。

アウディ新型A6のエンジンスペック・パワートレイン

アウディ新型A6には、48Vのマイルドハイブリッドエンジンが全車搭載されています。
このマイルドハイブリッドシステムは、制動時に最大12kWのエネルギーを回生することができ、55〜160km/hの速度域でエンジンを停止した状態で走行可能です。
エンジンのスタート/ストップ機能も、22km/h以下の速度で作動します。

エンジンラインナップは、ガソリン(TFSI)とディーゼル(TDI)の2種類となります。
新型A6セダンの3.0L TFSIはターボチャージャー付きV6エンジンで、最高出力は250kW(340hp)、最大トルクは500Nmとなっています。
また、3.0L TDIは最高出力が210kW(286hp)、最大トルクは620Nmとなります。

駆動方式はFFとAWDが設定される模様です。

PHVモデルe-tron(eトロン)も今後追加か

新型A6のパワートレインには、アウディのPHV(プラグインハイブリッド車)であるe-tron(eトロン)の設定が追加される可能性もささやかれています。
PHVモデルの追加が行われれば、新型A6の燃費性能はさらに向上することになるでしょう。

先立ってe-tronがラインナップされているA3 SportbackのJC08モード燃費は、ハイブリッド走行モードで23.3km/Lとなっています。
A3よりA6の方がボディサイズが大きいため、A3の好燃費には劣ると思われますが、それでもカタログ燃費で15~18km/L程度にはなるのではないでしょうか。

PHVとは?

e-tronモデルのあるA3についてはこちら

クロスオーバーSUVモデル「オールロードクワトロ」の設定も?

新型A6には、従来型と同様にクロスオーバーSUVモデル「オールロードクワトロ」が設定されるという噂があります。

アウディ新型A6のカタログ燃費・実燃費

 3.0TFSI3.0TDI
複合モード燃費14.0~14.9km/L17.2~18.1km/L
実燃費--

アウディ新型A6の予防安全装備・先進技術

アウディ新型A6には、通勤および長距離ドライブに適した広範囲のドライバーアシスタンスシステムが搭載されています。

標準装備として、エマージェンシーブレーキアシスト「アウディ プレセンスフロント」や、ナローロードアシスト付きアダプティブクルーズアシストを採用。
アダプティブクルーズアシストは前車との車間距離キープおよびレーンキープ、0km/h~250km/hではストップ&ゴー機能も利用できます。

また、新型A6セダンにはレベル3の自動運転が可能な自動運転機能「アウディAIトラフィックジャムパイロット」が搭載されることが発表されています。
これにより中央分離帯のある高速道路を60km/h以下で走行している場合に限り、ドライバーはアクセルから足を、ハンドルから手を離すことができます。
渋滞時のみの自動運転機能ですが、長距離ドライブなどではドライバーの疲れを軽減させてくれます。

アウディ新型A6のグレード構成と新車車両価格

新型A6の販売価格に関してはまだ詳細不明ですが、新型A6セダン50TDIのベース価格は約750万円という情報があります。

また今後、PHVモデル「e-tron」の追加や、最新装備の導入をすることになれば、間違いなく価格帯は従来型より高くなると予想できます。
仮にe-tronモデルとなれば、その価格は1,000万円近くになることもあるかもしれません。

アウディ新型A6アバントもフルモデルチェンジ

アウディ新型A6アバント

ステーションワゴンのアウディ新型A6アバントも、新型A6セダンに遅れて4月11日にフルモデルチェンジが発表されました。

アバントもセダンのフルモデルチェンジ内容を踏襲するかたちで、デザインの変更やマイルドハイブリッドの搭載が行われました。

アウディ新型A6アバントについてはこちら

【おさらい】アウディ A6とは?

アウディ A6 2012年モデル

A6とは、ドイツの自動車メーカー・アウディが製造・販売している高級乗用車です。
初代モデルは、同社が1968年から販売していた「アウディ・100」の後継車種として1994年に発売されました。

2011年から販売されていた4代目A6は、ボデイタイプはスタンダードなセダンと、ステーションワゴンである「A6 アバント」の2種類です。
また、4代目A6はハイパフォーマンスモデルである「S6」と、S6のチューニングモデル「RS6」、RS6のステーションワゴンモデル「RS6 アバント」、A6ベースのクロスオーバーSUV「A6オールロードクワトロ」といった派生車種も存在しています。

4代目A6に搭載されるパワートレインは、1.8Lの直列4気筒エンジンと2.0Lの直列4気筒ターボエンジン、3.0LのV型6気筒直噴スーパーチャージャー付きエンジンの3種類です。
そのボディは「アウディ・ウルトラ・ライトウェイト・テクノロジー」の採用によって軽量化されており、JC08モードで15.4km/Lというクラストップレベルの燃費性能を誇ります。

▶4代目アウディ A6 車体寸法
全長:4,933mm
全幅:1,874mm
全高:1,455mm
ホイールベース:2,912mm

▶4代目アウディ A6 新車価格(税込)
1.8 TFSI:6,280,000円
2.0 TFSI クワトロ:6,800,000円
3.0 TFSI クワトロ:8,880,000円

アウディA6の中古車価格もチェック!

最新「A6」中古車情報!

本日の在庫数 182
平均価格 274.9万円
本体価格 21.8〜633万円
Pick up!
Pick up!

アウディA6とRS6アバントの記事はこちら!

アウディ新型A6の発売日は?

アウディ新型A6アバントの日本発売日についてはまだ有力な情報がありません。

参考までに、新型A6セダンの欧州発売は2018年6月頃との情報があります。
ここから推測するに、新型A6セダンの日本発売日は2018年内となる可能性が高いでしょう。
PHVモデル追加の噂もあり、期待が高まります。

MOBYでは今後も新型A6に関する最新情報を追っていきますので、今後もご期待ください。

アウディの新型車に関連するおすすめの記事はこちら!

次のページ

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!