初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【アルトターボRSは何が違う】車高調などのカスタムパーツや加速の評価など

アルトターボRSといえば、新開発プラットフォームなどの採用により基本性能を大幅に高めた新型アルトをベースに開発され、R06A型吸気ターボエンジンを搭載したまったく新しいスズキ アルトです。そこで今回は、そんなスズキ アルトターボRSについてまとめたので紹介します!

スズキ アルトターボRSとはどのような車?

スズキ アルトターボRS

スズキ アルト

スズキ アルトは、スズキのハッチバック型自動車として、1979年からこの記事を執筆した2017年現在に至るまで現役で走り続けている非常に息の長いシリーズです。現行型アルトは2014年より販売されています。

元々はスズキの軽自動車フロンテの商用版姉妹車として1979年に発表され、いわゆる80年代前半のボンネットバンブームの火付け役として大ヒットしました。

2010年代現在、スズキを代表する軽自動車であるワゴンRの登場までは、完全にスズキを背負って立っていた自動車として活躍していました。

スズキ アルトCM

軽自動車はワゴンRにシェアを譲ったものの現在でも、本体のアルトはスズキにとってハッチバック型の人気車であり、スズキとしては初の国内累計販売台数500万台を突破しています。

ダイハツ ミラとは宿命のライバルとして以前から競合し続け、しばしば比較されている事でも有名です。

アルト ラパン

うさぎのモチーフで有名なスズキ ラパンも正式名称は実はスズキ アルトラパンであり、ラパン以外にも派生車種が数多く出ていることでも有名なスズキ アルトです。

その中のひとつが、本記事でメインに紹介するスズキ アルトターボRSです。

アルトターボRS以外にも
・アルト バン
・アルト ウォークスルーバン
・アルト スノーライナー
・アルト ターボ(ターボRSとは別)
・アルト ツインカム12RS
・アルト ワークス
・アルト ハッスル
・アルト エコ

などさまざまな種類の派生モデルがこれまでに登場し、そのうちのいくつかは現在も発売されています。

スズキ アルトに関する情報はこちらの記事

スズキ アルトターボRSが他と違う点

スズキ アルトターボRSは、新開発プラットフォームなどの採用により基本性能を大幅に高めた新型のアルトをベースにつくられました。

テーマは「心躍らせる、気持ちのいい本格的な走り」であり、「RS」は「Racing Sport」を意味しているため、もはや名前だけで相当、スズキが元々のアルトにプラスする形で走行性能を飛躍的に高めました。

スズキ アルトターボが他より優れる点

その1.胸のすく気持ちのいい本格的な走り

力強い加速を実現するために、改良型ターボエンジンパドルシフトを装備したオートギヤシフトを組み合わせた事で、剛性を高めたボディーです。

また、専用チューニングのサスペンションやブレーキ、専用フロントシートなどを採用することで高い走行性としなやかな乗り心地を両立させています。

エンジンやスペックは?

他のスズキアルトのエンジンと比べると
・ラグを20%軽減し、ターボ過給レスポンスが向上されている
・降誕ブル吸気ポートや高効率チャージャーによって、全速域トルクの性能が向上

スズキ アルトの他のシリーズと比べ、5速マニュアルモードのパドルシフトによって、いわゆるスポーツドライビングが楽しめます。

※以下は両車種ともフルタイム4WD、ATのモデルを比較しています。

車種名アルトアルト ターボRS
エンジン型式R06A型
種類水冷4サイクル直列3気筒水冷4サイクル直列3気筒インタークーラーターボ
総排気量 0.658
圧縮比11.59.1
最高出力(kW/rpm)ネット38<52PS>/6,50047<64PS>/6,000
最大トルク(N・m/rpm)ネット63<6.4kg・m>/4,00098<10.0kg・m>/3,000
燃料タンク容量(L) 27
使用燃料 無鉛レギュラーガソリン

その2.走りのパフォーマンスを感じさせるデザインと軽量化

スズキ アルトターボRSには、存在感を高めるためのデザインが内外装にふんだんに盛り込まれています。

中でも特筆すべきは、そのデザイン以上にとにかく軽いその重量です。その重量はわずか670kgです。

660㏄のターボエンジンと合わせると「所詮は軽でしょ」などといった戯言は一切でてこない走行性能を実現します。

とくに、低回転域の動力性能は目を引くものがあり、2000回転あたりから過給効果が発生するため走行中は常にターボ状態で走ることができます。

その3.破格の値段

スズキ アルトターボRSのベースグレードの値段は1,293,840~1,405,080円です。

エンジンの性能や、そのコンパクトなボディからなる操作性、動力性能、そして剛性ボディを備えています。さまざまな点を考慮した上で、ベースグレードが130万円を切るというのは破格の設定としばしばいわれることが多いスズキ アルトターボRSです。

安いと言われている点

燃費も、FF駆動においてはカタログ燃費で25.6km/Lを記録していて、
・シリーズ随一の走行性能
・高いデザイン性を誇る内外装
・安全面として採用されている(衝突被害軽減ブレーキ、誤発進抑制機能、エマージェンシーストップシグナル、車両走行安定補助システム)

それらを総合的に考えると、非常に安く価格設定されていて、いわゆるお買い得モデルと言っていいでしょう。

上質さを感じさせるスズキアルトターボRSのインテリア

すでに、通常のアルトにある
・実用的で快適な室内空間
・使い勝手のいい操作性
・運転席ヒートシーター
・室内空調ユニット内を通過する空気を直接緩め、エンジン始動時などの例感じでも暖かい風を出すことができるPTCヒーター
・アイドリング時でも冷風を送るエコクールシステム
・広いラゲッジスペース
・助手席シートバックポケット

これらの機能に加え、上記の大きな特徴3つが合わさった事を踏まえると非常に安く感じるはずです。

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!