初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

VW空冷ビートルってどんな車?|気になる中古車価格やカスタムパーツもチェック!

フォルクスワーゲンのビートルは、可愛いデザインで世界的に有名なコンパクトカーです。なかでも初代ビートル「タイプ1」は空冷ビートルとしてマニアの間では非常に人気の高いモデルです。今回はそんな空冷ビートルに焦点を当てて、歴史や成り立ち・中古車価格、カスタムの情報までまとめて紹介します。

VW空冷ビートルってどのような車?

空冷ビートルとは

VW(フォルクスワーゲン)のビートルといえば、世界的に人気が高い小型車です。かわいいフォルムが特徴で女性からの注目度も高い車と言えます。

ビートルという名前は通称で、「フォルクワーゲン・タイプ1」が正式名称です。

2代目ビートルは「フォルクスワーゲン・ニュービートル」、3代目ビートルは「フォルクスワーゲン・ザ ビートル」が正式名称です。

ビートルは初代ビートル「タイプ1」を今回は紹介します。マニアの間では、ドライブフィーリングの独特の良さから人気の高い「空冷エンジン」を採用しているため「空冷ビートル」と呼ばれています。

VW空冷ビートルの歴史と魅力について

ドイツで生まれた小型車

初代ビートル「VW・タイプ1」の生産が開始されたのは、1938年です。以来、2003年まで半世紀以上も生産が続きました。

四輪自動車の中では世界最多の累計生産台数を誇る大衆車です。

デザインはフェルディナント・ポルシェだった

VW空冷ビートルのタイプ1となる自動車の開発は、1933年ドイツ首相だったヒトラーがベルリン自動車ショーの席上で国民車構想の計画を打ち出したところから始まります。

当時、高価だった自動車を「国民全員が所有できるようにする」というプランは、ヒトラーが率いたナチス党が大衆の支持を得るのに絶好の計画だったのです。

そのデザインをヒトラーは、後にポルシェ社の創業社となるフェルディナント・ポルシェに依頼しました。

ヒトラーがポルシェに国民車の条件として提示した内容は?

・頑丈で長期間大きな修繕を必要とせず維持費が安いこと
・標準的な家族である大人2人と子供3人が乗車可能なこと
・連続巡航速度100km/h以上
・空冷エンジンの採用
・流線型ボディの採用

提示された条件を形にしたのがVW空冷ビートルとなったわけです。

ちなみに巡航速度というのは、車両などの速度で燃料の消費効率がもっともいい状態で移動できる値のことです。

アメリカでも大きな人気に!

ドイツ生まれの小型車ですが、1949年にはアメリカに進出しました。大型車の人気が高いアメリカでもビートルは大きな人気を得ました。

人気の理由は、小さくても安っぽさがなく、ヨーロッパの知的センスも感じさせるところです。さらに、燃費もよく故障も少ないので、こんなところも選ばれた理由といえそうです。

アメリカでは、とくにセカンドカーとしての需要が高かったようで、爆発的な売れ行きになりました。

空冷ビートルの特徴

フォルクスワーゲンが製造を開始したタイプ1から4までの、空冷エンジンを積んだVWの車全般は空冷VWと呼ばれています。

その中でもタイプ1(=ビートル)が空冷ビートルです。

空冷エンジンを積んだビートルの特徴は、エンジンの空冷水平対向4気筒リアエンジン、リア駆動である点と、車体の最後部にエンジンが置かれるためボンネットの下がトランクになっているのも特徴です。

空冷VWビートルは、1938年から2003年の間に継続して生産されていました。

空冷ビートルの現在の中古車価格は?

空冷VWビートルは、累計2,100万台を生産した(1938年から2003年の間に継続して生産)世界的な人気車です。旧車になるほどプレミアがついて、その価値の高さに驚かされるほどです。

生産台数が多いこともあり中古車市場でも空冷ビートルのラインナップは比較的充実しています。同じく、空冷エンジンで有名な空冷ポルシェは中古車市場で探すのが極めて大変ですが、空冷ビートルは比較的簡単に探すことが可能です。

ただ、空冷ビートルは製造年数が長く、年式によって性能や状態、デザインまでもかなり大きく変わります。

空冷VWの中古専門店もあるので、年式やタイプなど多彩な空冷VWを探すことができるはずです。

最新「ビートル」中古車情報!

本日の在庫数 171
平均価格 155.1万円
本体価格 100〜100000万円
Pick up!
Pick up!

空冷ビートルの外装・内装カスタム・パーツ情報

VW空冷ビートルファンを魅了する豊富なカスタムパーツ

車のカスタムパーツといえば、ホイールや外装パーツ、内装パーツなどさまざまです。

使い勝手や見た目など、イメージに近づければよりいっそう愛着も湧いてきそうです。

空冷ビートルにも多彩なカスタムパーツがあります。女性でも気軽にカスタムできるパーツもあるので、お気に入りのカスタムパーツを探してみるのも車をもっと楽しむ方法です。

内装をカスタム

花瓶が設置されている内装です。デートのときなどにウケそうです。花好きの人を乗せたときや花好きの人が運転する場合でも内装が明るくなります。いろいろな花を挿すことでその時々を楽しむことが可能です。

CDデッキを変更して、好きな音楽を聴きながらなら、ドライブがもっと楽しくなりそうです。好みの曲やその場の雰囲気で曲を変えることでムードが変わるので、デートやドライブが楽しめます。

ステアリングを変えると雰囲気がかなり変わります。いつもの空冷ビートルも新鮮になります。触り心地も変わり、さらに運転が楽しむことが可能です。運転間隔も変わり、新たな気持ちで乗れるでしょう。

シフトノブをクリスタルに替えると車内がおしゃれな雰囲気になります。触り心地も違い、新たなカーライフを楽しむことが可能です。まるで違う車に乗った気になるかもしれません。

メーターを替えるのも、フロントのイメージに変化が出てドライブするときの気分を高めてくれます。かっこいい印象を受けカーライフ楽しむことが可能です。運転中も見たくなるかもしれませんが、運転中には注意が必要です。

シートを張り替えると車内の雰囲気ががらっと変わりそうです。座り心地や気分も変えられるのでカーライフがさらに楽しめます。シートは種類がたくさんあるので好みのシートに変えてみてください。

暑い日でも快適に乗りたいなら、やはりクーラーは必須です。暑さでカーライフを楽しめないなんてことが起こると辛いです。車にいざ乗ろうとしたときに暑くてもクーラーをつけることで涼しめ、夏でもドライブがしたくなります。

外装のカスタムパーツ

VW空冷ビートルは長年じっくり乗って、価値観を深めていく人が多い車です。しかし、お気に入りの車でも長く乗っていると少し変化が欲しくなるものです。

内装パーツを替えるのも楽しいですが、外装にも少し変化をつけてあげると、もっと楽しく、お気に入りの愛車をさらに愛せます。

VW空冷ビークルの外装のカスタムパーツにはどのようなものがあるのか気になりますが、ホイールにこだわる人も多いです。コスミックかポルシェアロイは、かっこよくなると好評です。

ヘッドライトのレンズを替えるだけでも、フロントの印象に違いが生まれます。ヴィンテージもので他の車と差をつけられるかもしれません。フロント部分に個性をつけることで目立つこと間違いなしです。

テールランプもカスタマイズすると車の見た目がガラッと新鮮に変わります。デザインも多彩なので、お気に入りを見つけて替えてみると変化をもっと楽しめ気分も変わりそうです。

旧車・空冷ビートルに乗るなら維持費に注意

空冷ビートルは、現在ではかなり古い車で「旧車」というカテゴリです。旧車に乗るとき、維持費には注意が必要です。

初度登録から13年・18年を超えると、自動車税が増税されます。

また、当然ですが故障も最新の車に比べて多く、修理にあたって部品代も高くつきやすい傾向です。さらに、任意保険も高くなってしまいます。燃費も、決していとは言えません。

税金・修理代・保険料・ガソリン代と、あらゆる点で高コストとなってしまうデメリットはありますが、空冷ビートルが今でも乗られているのは、逆に言えばそれだけ魅力的な車であるという証拠でもあります。

空冷ビートルと同じく人気のワーゲンバスについてはこちら

フォルクスワーゲンに関するおすすめの記事

空冷ポルシェについてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す