初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【マツダCX-7はワールドワイド】実燃費やカスタムから新型モデルチェンジ情報まで

マツダCX-7は、2006年から2011年まで販売されていたクロスオーバーSUVです。販売終了後6年が経過し、中古車価格もこなれてきて、ずいぶん買いやすくなってきました。本記事では、マツダCX-7を今買うべき7つの理由と題して、マツダCX-7の概要はもとより、実燃費やカスタムに至るまでその魅力についてまとめていきます。

マツダCX-7ってどんな車?

マツダCX-7は、2006年に発売されたクロスオーバーSUVです。発売前年の2005年に開催された第39回東京モーターショーでコンセプトカーとして発表されました「MXクロスポルト」がそのルーツで、その翌年に開催された2006年ロサンゼルスオートショーでCX-7として初公開、同年12月に日本での発売が開始されました。

マツダ・MX クロスポルト コンセプトの動画

マツダCX-7のコンセプト

マツダCX-7のコンセプトは「スポーツカースピリット」。まさに、マツダの象徴ともいえるストレートなコンセプトでした。ライバル他車とは一線を画し、スポーツカーとSUVの融合を目指し開発されたそうです。

次項から、デザインやインテリア、搭載エンジンなど、その「スポーツカースピリット」をどのような形で具現化しているのかご紹介してまいります。

マツダCX-7の外装

マツダCX-7発売当時のマツダデザインコンセプト

マツダCX-7は北米市場での戦略車として開発されました。同じ時期、デザインコンセプトカーとして「マツダ鏑 (Mazda KABURA)」が発表されています。

この鏑(かぶら)とは、戦いの最初の矢という意味がある鏑矢(かぶらや)に由来しており、チャンジングスピリットあふれるマツダらしい大胆なデザインを採用していました。

■マツダ鏑 (Mazda KABURA)

マツダCX-7の外装・エクステリア

マツダCX-7の外装・エクステリアは、マツダスポーツカーのフラッグシップRX-8に代表されるようなマツダスポーツカーのデザインをモチーフにしています。

■マツダRX-8

マツダCX-7 フロントビュー

マツダフロントフェイスの特徴でもある5角形の台形グリルを大型エアロバンパー内にロアグリルとしてデザイン。低重心でスポーティな印象となっています。

マツダCX-7 サイドビュー

前後フェンダーの力強いホイールアーチとリアドアからリアサイドウインドにかけてキックアップされたデザインがスポーティなCX-7のサイドビュー。

マツダ CX-7 リアビュー

1,870mmのワイドボディを生かしたどっしりしたデザインと、スポーツカーのモチーフとして多くの車に採用されている丸形のテールランプが印象的なリアビューとなっています。

ボディスペック(マツダCX-7 4WD
全長:4,695mm
全幅:1,870mm
全高:1,645mm
ホイールベース:2,750mm
車両重量 :1,740kg

マツダCX-7の外装・エクステリアの評価、口コミ

インターネット上の口コミや評価を調べると、マツダCX-7の外装・エクステリアのユーザーの評価は非常に高く、そのデザインに惚れこんで購入したという人が大半のようです。発売から10年以上経過していますが、今でもCX-7は「斬新なデザイン」であると高い評価が多く見受けられました。

代表的な評価は次のようなものがあります。
・一目惚れしました
・とにかくかっこいい
・他にはないデザインに惹かれました
・女の子にも評判が良い

マツダCX-7の内装

マツダCX-7のスポーティなインテリア

マツダCX-7の内装・インテリアは、外装・エクステリアにあわせたスポーティなデザインのインテリアとなっています。

マツダCX-7のスポーティなシート

スポーティな大型フロントバケットシートを採用。また上級グレードには本革シートや電動調整シートも採用しています。

マツダCX-7の高揚感のあるインパネ周り

ドライバーズシートに座った瞬間にスポーツカーのような高揚感を感じるデザインでまとめたインパネ周り。同時に助手席は広さ感を感じるようデザインされています。

マツダCX-7の高級感あふれるインテリア

LED間接照明を採用するなど、スポーティさに加えて、上質なインテリアの空間演出もされています。

インテリアスペック(マツダCX-7 4WD
室内長:2,010mm
室内幅:1,535mm
室内高:1,225mm
乗車定員:5名

マツダCX-7の内装・インテリアの評価、口コミ

インターネット上の口コミ、評価を調べると、マツダCX-7の内装・インテリアのユーザーの評価は、まずまずといった感じでした。マツダらしくシンプルで質実剛健であると評価されていますが、逆にそれゆえもの足りなさを感じるケースも少なからずあるのかもしれません。

代表的な評価は次のようなものがあります。
・高級感がある
・本革シートがお気に入り
・座席の座った感じが良い
・シンプルで物足りない
・安心感がある

マツダCX-7の走行性

マツダCX-7は、コンセプト「スポーツカースピリット」を具現化するため、内外装のみならずエンジン・足回りもスポーティなものを搭載しています。

マツダCX-7のエンジン

パワフルな2.3L直噴ガソリンターボエンジンを採用しています。マツダCX-7に採用されているエンジンは、直列4気筒2.3L直噴ガソリンターボエンジン(DISI TURBO)です。

マツダのスポーツカーにも採用されている「MZR 2.3L DISIターボエンジン」がマツダCX-7にも搭載されています。マツダのスポーツカー「マツダスピード・アテンザ」や「マツダスピード・アクセラ」と同じで、その素性の高さをを伺い知ることができます。

■マツダスピードアテンザ

■マツダスピードアクセラ

エンジンスペック(マツダCX-7 4WD
エンジンタイプ:水冷直列4気筒DOHC16バルブ直噴ターボ:2,260cc
最高出力(ネット):175Kw〈238PS〉/5000rpm
最大トルク(ネット):350N・m〈35.7kg-m〉/2500rpm
使用燃料:無鉛プレミアム
タンク容量:69L
10・15モード燃費(国土交通省審査値):8.9km/L

マツダCX-7の実燃費と評価

インターネット上の口コミや評価を調べると、燃費に関してはあまり良くない評価が多くある傾向でした。高速道路や長距離だと走行距離が伸びるようです。

代表的な評価は次のようなものがあります。
・街乗りだと燃費がかかる
・高速道路であれば12km/L位
・燃費がいまひとつ
・ハイオクガソリンなので出費がかさむ

マツダCX-7の足回り・トランスミッション・安全装備

足回りに関しては、フロントにマクファーソンストラット式サスペンション、リアにマルチリンク式サスペンションを採用し、スポーティなハンドリングと快適な乗り心地を両立しています。

トランスミッションに関しては、ダイレクトな変速が自慢のマツダアクティブマチックを採用しています。多段化した6速オートマチックにより、スポーツカー顔負けの走りを実現。

マツダ CX-7 トランスミッション

CX-7は、安全装備も惜しみなく投入しています。4輪アンチロックブレーキシステム、トラクションコントロールシステム、電子制御制動力配分システムなど各種安全機能を採用しています。

また、発売当時はまだ少なかったミリ波レーダーセンサーを使った「マツダレーダークルーズコントロールシステム」と「マツダプリクラッシュセーフティシステム」を上級仕様の「CX-7 Cruising package」に装備するなど今でも古びない安全装備を持つことがポイントです。

マツダCX-7の足回り・トランスミッション・安全装備の評価、口コミ

インターネット上の口コミや評価を調べると、走行性能と乗り心地は大変評価の高いものとなっています。ミニバンや他車のSUVとは次元の違うスポーティな走りが期待できそうです。

代表的な評価は次のようなものがあります。
・ボディが重くても軽快に走ります
・ターボなので走行が気持ちいい
・安定した走りが楽しめます
・シートや純正オーディオはもちろんハンドリングも最高です
・走行が滑らかです

マツダCX-7のカスタム

マツダCX-7は日本のみならず欧米でもたいへん人気の高い車です。全世界でそのスポーツ性能をさらにUPさせるカスタムやチューン、4WDならではのカスタムなど変幻自在なCX-7が見てとれます。ここでは、CX-7のカスタム画像をまとめて紹介します。

ローダウンしたCX-7

車高調キットでローダウンしたCX-7です。SUVとは思えない雰囲気に変貌していますが、元のデザインがスポーティなので全く違和感なく決まっていてカッコいいカスタムです。

牽引フック装備のCX-7

牽引用のフックを装備したCX-7です。パワフルなエンジンと4WDによりトレーラーを引っ張る車としての性能も一級品ですし、絵になります。

大径ホイールに負けないCX-7のボディデザイン

CX-7のボディデザインは、写真のカスタムのように大径ホイールがよく似合います。ただでさえ迫力のある前後フェンダーが、さらに一層迫力を増した仕上がりです。

290HPにパワーアップしたCX-7

CX-7はターボ車ですので、マフラー交換、コンピューター交換、ブーストアップなどの手法で比較的簡単にチューンアップできます。外観のみならず、エンジンチューンをするファンも多いようです。

オフ車イメージを強調したCX-7

今ではめっきり見なくなったカンガルーバーを装着したCX-7。ロードクリアランスのある4WD車ならではのカスタムです。

特大ホイールで大変身したCX-7

大きめホイールでコーディネートしたCX-7です。ホイールを変えるだけでこなれた感が出て、おしゃれに見えるようになります。

マツダCX-7の中古車情報

マツダCX-7は2006年12月から2011年まで販売されました。2009年にマイナーチェンジし、機能・装備が見直され、デザインの一部が変更されています。

したがって、CX-7は2006年からの前期モデルと2009年からの後期モデルにわかれます。年式の違いはもちろんですが、前期モデルと後期モデルで市場価格に差が出ていますので、予算に応じた選択をするのが良いと思います。

■マツダCX-7(前期モデル)2006年式

■マツダCX-7(後期モデル)2009年式

程度のいいCX-7の中古車を探すには?

マツダCX-7は、販売終了が2011年ですので、すでに6年が経過しています。価格的にはずいぶんこなれて買いやすくなってはいますが、全国的にタマ数が少なく、程度のいいCX-7を見つけるのは至難の業です。

「本日の中古車情報」をこまめにチェックすることが、自分好みのCX-7に出会う近道(コツ)と言えるかもしれません。

マツダCX-7の現在の中古車価格はこちら

最新「CX−7」中古車情報!

本日の在庫数 54
平均価格 78万円
本体価格 19.8〜158万円
Pick up!
Pick up!

中古車を探すポイント・留意点

次のページ

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す