初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【ミニバンの先駆車・トヨタイプサム】燃費やカスタム例からサイズや内装の評価も

ミニバン、ワンボックスに位置づけされながら乗用車的な乗り心地と使い勝手を目指して開発されたトヨタ イプサムです。そこで今回は、ホンダが販売していたミニバン、オディッセイのライバル車として販売され他社から多数の類似車種が発売されるミニバンブームの火付け役になったイプサムについてまとめたので紹介します。

トヨタ イプサムってどのような車?

トヨタ イプサムは1996年から販売が開始されたミニバンです。初代オデッセイなどと並び、ミニバンの初期モデルです。

1996年の初代は人気を博しミニバンブームの火付け役といえるほどでしたが、2台目以降徐々に人気が低迷していきました。

エコカー減税制度が導入されて以降さらに人気が陰り2009年には生産が終了されたので、現在購入できるトヨタ イプサムは中古車のみです。

ミニバンブームはどうして起こったのか?

ミニバンの歴史を振り返ると、1991年い起こったバブル崩壊頃からその片鱗を見ることができます。崩壊後の日本の消費実態は家庭回帰やアウトドアブームが興りました。

これを期に商用バンの派生であるミニバンやRV(レクリエーショナル・ビークル)が大ヒット、商用車イメージでしか無かったミニバンが一般家庭にも需要があると気がついたメーカー各社はこぞってミニバンを販売します。

日本にとっては負の歴史のように映る90年代のバブル崩壊ですが、そこを乗り越えたからこそ今もアウトドアブームは続いています。これが現在も続くミニバンブームの背景で、今では家族=ミニバンと定着しました。

イプサムはなぜファミリー層に売れたのか?

イプサムを始めとしたミニバンは当時のアウトドアブームに乗り若い世代に受け入れられ、かつまた消費が大精だったセダン車に飽きた団塊世代もこぞってミニバンを買い求めました。

そして、景気に閉塞感が見えて1台の車を長く大切に乗り続けることで、車のライフサイクルが5年以上となっていきました。

これにより若い世代が結婚しても乗り続ける車として、イプサムをはじめとするミニバンが選ばれたのです。

高評価の初代イプサムの燃費や内装は?

内装

初代イプサムはハンドル、インパネ回りともシンプルに構成されています。

当時ATでは珍しかったコラム式ATを採用し、オプションながらクルーズコントロールも設定がありました。内装は何かとホンダのオデッセイに比較される事が多かったのです。

シートアレンジ

シートアレンジは、サードシートがリクライニングなしのベンチシートタイプで、サードシートはトランクと同じ高さで収納できるタイプを採用していました。

また、セカンドシートは背もたれのみ独立式ですが当時は荷室が広く使えると評判でした。

初代イプサムの気になる燃費とスペック

【燃費】
0・15モード燃費で10.8~13.2km/Lです。今のミニバンから比べると決してよい燃費とはいえないですが、当時販売されていたミニバンの中でも燃費はトップクラスでした。

【スペック】
全長:4,530mm 全幅:1,695mm 全高:1,620mm
車重:1,400kg 総排気量:1,998cc トランスミッション:4AT

年間の自動車税ですが、年間39,500円に13年経過しているため15%重課されます。よって年間45,400円掛かります。購入にあたり年間維持費も検討項目に入れておく事が大事です。

大型化した2代目イプサムの燃費や内装

2代目イプサムの内装は初代に比べて若干豪華でした。

5ナンバーから3ナンバーへ大型化し、先代が2,000ccだったのに対し2,400ccに排気量もアップ、室内も3ナンバーサイズへアップし、セカンドシートのシートアレンジも7:3倒立のアレンジシートに変更されました。

また、助手席側のセカンドシートが独立して動くため乗り降りしやすくよりユーザーの使い勝手を考慮した車になりました。

2代目イプサムの気になる燃費とスペック

【燃費】
価格コムの口コミから燃費は1リッターあたり8kmほど2,400ccに排気量がアップしたこともあり、高速走行の性能は向上したが燃費が気になると声が上がっています。

【スペック】
全長:4,690mm 全幅:1,760mm 全高:1,660mm
車重:1,490kg 総排気量:2,362cc トランスミッション:4AT

年間維持費である自動車税は2リッターから2.5リッターの排気量なので45,000円です。ただし、2代目にモデルチェンジした2003年式以前は13年経過しているので、15%の重課があり51,750円です。年式を気にして購入検討しましょう。

イプサムのカスタムカーを紹介

こちらのイプサムはLEDの色をカスタムしています。夜間には必要で大事なLEDですが、さまざまな色にカスタムすることで個性を発揮することが可能です。色により気持ちも変わるので興味のある人にはおすすめします。

こちらはローダウン、オールンペンのイプサムです。グリーンメタリック+ブラックのラインがカッコいいです。街中を走ればテンションも上がり、とても目立ち注目の的間違いなしだと言えます。

イプサムが生産中止に追い込まれた理由

イプサムが廃盤に追い込まれた理由は、単純に2代目にモデルチェンジしてからトヨタが同等以下の車種に力を入れたからです。また、時期も悪く販売期間中2度の不況に巻き込まれ、自動車産業が停滞してしまった煽りも受けました。

高級ミニバンの代表格エスティマや後発のアルファードほどリピート顧客を獲得できず、ミニバンブームが終焉しプリウスを始めとしたエコカーブームの波が押し寄せると一気にイプサムの需要が落ちました。

要因はさまざまでフルモデルチェンジ後の不運が続いてしまい、2代目を販売してから8年後の2009年イプサムはカタログから姿を消したのです。

イプサムのおすすめグレードと最新の中古車価格

価格コムなどの口コミを読むと2代目イプサムの評価がよく、とくに最終モデルの240iは評価が高く中古市場ではお手頃価格で販売されています。

オーナーが口を揃えて思っていたよりも広い、広く使えるなどの口コミが多いです。イプサム自体ミニバンのカテゴリなので容積は広いのですが、2列目のシート下に長物を置ける配慮や汚れにくいシートなど、随所に工夫のある車だとわかります。

口コミ

車高が高くないので高速走行しても車体が振られにくく、スライドドアではないデザインも好印象。ただエンジンの排気量が大きいのにあまりパワーを感じません。

ハンドリングが良く、視界も広いため安定した運転ができる。風に煽られることもないので運転しやすいです。また2.4にしては加速力があるので合流がスムーズで、デザインも実際に見るとスタイリッシュでカッコよく、シートの座り心地はお気に入りです。ただ燃費があまりよくなく、エンジン音が意外とうるさく安っぽく聞こえます。

冬の凍った道路からの脱出は簡単。さすがは4WDのパワーです。室内の広さもちょうどいい広さなので個人的には好みの車です。

オススメグレードは?

オススメのグレードは先にも記載したとおり2代目の240iをおすすめします。

すでに生産を中止していますが、必要十分すぎる装備が揃っていて中古車価格も20万円以下から販売されているのでコストパフォーマンスも十分魅力的です。

ただ一つの欠点は燃費だと言われています。車体の割に排気量が大きく、価格コムを始めとした口コミでは燃費が1リッター8km~10kmです。この点は最近のミニバンと比べてはいけないのかもしれませんが、購入にあたり注意が必要なポイントです。

最新「イプサム」中古車情報!

本日の在庫数 45
平均価格 32万円
本体価格 11〜69.8万円
Pick up!
Pick up!

トヨタイプサムの最新の中古車価格

ミニバンブームの先駆けイプサムはまだまだ元気

バブル崩壊の混乱、低迷期を時代の潮流とともに乗り切ったトヨタのイプサムはまだまだ現役で走っています。近頃の低燃費、小排気量のミニバンと比べ、たしかに燃費は悪い車です。

しかし、この時代の車は自動車業界の横のつながりが今ほど強くなく、独自の技術開発で低迷期を乗り切ろうとしていた時期で、ハイエンドミニバンの部品をそのまま流用してみたり、安全性向上のため当時の技術のすべてが込められています。

残念ながら中古市場にしかない車ですが、新車購入の際には一度この時代の車も見て乗ってみて比べるのも悪くありません。

ミニバンを検討中の方はこちらも必見

トヨタの現行のミニバンについてはこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す