初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【フォード新型マスタング&マスタングコンバーチブル最新情報】2020年にはハイブリッドが発表か

米フォード・モーターが、2018年モデルの新型マスタングおよび、マスタングコンバーチブルを発表しました。今回のモデルチェンジはマイナーチェンジですが、エクステリアやパワートレインに大きな変更が見られるようです。新型マスタングに関する最新情報について紹介しています。

【最新情報】フォード次期型マスタングはハイブリッド?2020年に登場か

2018年型フォード マスタング

フォード マスタングからハイブリッドモデルが登場する可能性がある、という情報を入手しました。

次世代マスタングにはハイブリッドやEV、さらに全輪駆動モデルが検討されているといい、ハイブリッドの発表は2020年を予定しているとのことです。

マスタングといえば大排気量V8エンジンによるパワフルな走りやエンジンサウンドが人気ですが、情報によればハイブリッドモデルはモーターアシストによりV8エンジンに相当するパワーやトルクになるそう。
燃費向上に一役買うだけでなく、従来のマスタングオーナーも満足できるスペックが期待できそうですね。

ただし、ガソリンモデルがラインナップから消えることはないようで、あくまでモデル追加にとどまるようです。
いずれにせよ、続報に期待しましょう。

2018年型のフォード新型マスタング&マスタングコンバーチブル

新型マスタングのデザインスケッチ

マスタングが2018年モデルにマイナーチェンジ!

米フォード・モーターは、2018年モデルの新型マスタングを発表しました。
マイナーチェンジモデルとなる新型マスタングの北米での発売日は2017年の秋で、クーペモデルと同時にコンバーチブルモデルも発売されました。

フォードの新型マスタングおよびマスタングコンバーチブルに関する最新情報について紹介します。

フォード マスタングとは?

初代フォード・マスタング

現行型 7代目フォード・マスタング

マスタング(Mustang)とは、米国の自動車メーカー、フォード・モーターが1964年から製造・販売している乗用車です。
初代マスタングは、その洗練されたスタイリングやバランスの良い性能、広告代理店による巧みな販売戦略によって、米国の自動車史に残る大ベストセラー車となりました。

現行型の7代目マスタングは、初代マスタングの登場から50周年にあたる2014年4月17日に米国での販売が開始され、日本国内でも同年10月に発売されました。
パワートレインには、5.0LのV型8気筒エンジンと3.7LのV型6気筒エンジン、2.3Lの直列4気筒「エコブーストエンジン」が用意されています。

日本国内においても、マスタングの名前はアメ車の代名詞とまで言えるほど知名度が高く、マスタングの正規輸入も行われていましたが、2016年にフォードが日本市場からの撤退を決めたことで、現在は並行輸入
以外の方法で新車のマスタングを入手する方法はありません。

フォード・マスタングの中古車価格もチェック!

最新「マスタング」中古車情報!

本日の在庫数 209
平均価格 400.1万円
本体価格 15〜1999万円
Pick up!
Pick up!

フォード新型マスタングはマイナーチェンジでどこが変わった?

新型マスタングのエクステリア画像&動画

新型マスタングは今回のマイナーチェンジで、エクステリアのデザインを大きく変更しています。
現行型と比べて全体的にスリムな外観となり、エアロダイナミクスはより洗練されました。
上下のフロントグリルとフロント・リアバンパー、ヘッドライトのデザインも新しくなり、ホイールは12種類のデザインから選択可能となっています。

新型マスタングの内装画像&動画

より使いやすさと高級感がアップした新型マスタングの内装には、カスタマイズ可能な12インチのフルデジタルディスプレイが搭載されます。
さらに、ドライバーの運転傾向を記録して次回の運転時に活かす「MyMode」や、歩行者検知機能を備えた自動ブレーキシステムまで搭載されます。

新型マスタングコンバーチブルの画像

フォード・マスタングのオープンモデルであるマスタングコンバーチブルもモデルチェンジを行い、2017年の秋に発売されます。
現行型からの変更点に関しては、基本的にクーペモデルと同様です。

新型マスタングのパワートレイン

新型マスタングのパワートレインは、5.0L V型8気筒エンジンと2.3L直列4気筒「エコブーストエンジン」の2種類のみのラインナップとなり、現行型にあるV型6気筒エンジンは廃止されます。
新型のV8エンジンには、直接噴射とポート噴射を併用する「デュアルフューエルインジェクション」を採用しており、現行型のV8エンジンよりも高トルク、高回転まで伸びるようになりました。

トランスミッションは6速MTと新型の10速ATが用意され、どちらもV8エンジンと直4エンジンの両方で利用可能になっています。
さらに、オプション設定の磁性流体を用いた新型アクティブダンパーシステム「MagneRide」によって、より優れたライドコントロールが可能です。

新型マスタングの燃費や価格は?

新型マスタングの詳細なパフォーマンスに関しては、今のところ公式の情報が一切無く、燃費やエンジンスペックの詳細も不明です。
販売価格に関しても同様で、一切の公式情報がありませんので、今後発表されるであろうフォードの公式情報を待つしかないでしょう。

フォード新型マスタングに「クワイエットモード」搭載

新型マスタングには「クワイエットモード」が搭載されます。
これはエギゾーストサウンドを静かにする機能であり、他には「ノーマル」「スポーツ」「トラック」の中から選択することができます。

またクワイエットモードの時間帯も指定することができ、指定した時間内は静かに走行するということも可能になっています。

住宅地などに住んでいる場合、周囲を気にせずエンジンをかけることができます。

フォード新型マスタングは並行輸入で手に入れるべし

新型マスタングのデザインスケッチ

期待が高まる新型マスタングですが、残念ながらフォードが日本市場から撤退してしまったために、日本国内で正規輸入の新車を入手することはできません。

新型マスタングを手に入れたい場合、並行輸入業者を利用しましょう。

また、ハイブリッド化についても気になります。
MOBYでは、今後も新型マスタングに関する最新情報を追っていきますのでお楽しみに!

フォード歴史やその他の車種に関する記事はこちら!

スポーツカーやアメ車がお好きな方はこちらも必見

この記事の執筆者

進藤圭太この執筆者の詳細プロフィール

速く・正確な記事の執筆がモットーのMOBYライターです。好きな車は奇抜な車、60~80年代の車などさまざまですが、最も好きな車はバットモービルかもしれません。MOBYでは、速報記事やランキング記事など、さまざまなジャンルを執筆しています。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!