車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

【要注意】三角停止表示板の義務違反の罪は重い?罰則やおすすめ商品の価格まで

三角停止表示板には表示義務がありますので、普段乗っている車に搭載しているか確認が必要です。搭載していないと高速道路上でのトラブル時に、さらに違反となってしまっては泣きっ面に蜂です。高速道路をあまり利用しないという人も、三角停止表示板は備えておいた方が良いかもしれません。おすすめの商品も紹介します。

三角停止表示板は車に積んでありますか?

三角停止表示板(三角表示板、三角停止板とも言います。道路運送車両法の保安基準では警告反射板、停止表示器材とも呼ばれます。)は、故障や事故などのために道路上に停止する場合に、安全のために車の後方に設置するものです。

一般道路では標示の義務はなく、よほどの事がない限り使わないはずですので、ほとんどの方は普段意識することはないと思います。

道路交通法の表記

道路交通法第4章の2 高速自動車国道等における自動車の交通方法等の特例 ・第75条の11 故障等の場合の措置

自動車の運転者は、故障その他の理由により本線車道若しくはこれに接する加速車線、減速車線若しくは登坂車線(以下「本線車道等」という。)又はこれらに接する路肩若しくは路側帯において当該自動車を運転することができなくなつたときは、政令で定めるところにより、当該自動車が故障その他の理由により停止しているものであることを表示しなければならない。

三角停止表示板の表示義務のある高速道路とは

「高速道路」の定義を再確認!

教習所で必ず習うことですが、会話の中で一般的に使用される「高速道路」と、法律における「高速道路」では定義が異なります。

ここで言う高速道路とは道路交通法第75条2の3により、「高速自動車国道及び自動車専用道路」としていることから、高規格幹線道路などの自動車専用道路も対象となるので気を付けてください。

三角停止表示板はなぜ必要?

高速道路上で車を停止させるということは非常に危険なことです。停止しているのだということを後ろから走行している車にも分かってもらうために必要なのです。

たとえ路側帯に駐車してあっても、後ろから走行してきた巻き込まれてしまうという事故が後を絶ちません。

三角停止表示板を表示することは義務があるからというだけではなく、身の安全を守ることにもつながります。

三角停止表示板を表示しなかった時の罰則は?

故障車両表示義務違反となり、5万円以下の罰金で過失罰はありません。交通反則通告制度の適用があり、その場合の反則金は普通自動車で6,000円です。違反点数は1点です。

ただし、違反となるのはあくまで設置の必要がある時に設置しなかった事に対してです。三角表示板を搭載していないからといって違反になることはありません。

三角停止表示板のおすすめ商品

まずは自分の車にあるか確認しましょう。覚えがない人はまずトランクを探してみましょう。

新車で買った時には標準で付いてくる場合もありますが、付かない場合もあります。中古車を買った方なども分からないと思います。

あった場合にはきちんと使えるものかまで確認してみましょう。もし無かった時や、壊れていた場合にはどんなものを買ったら良いのでしょうか。おすすめの三角停止表示板をご紹介します。

おすすめ三角表示板1 エーモン 三角停止板

自動車関連のパーツ等に定評のあるエーモン工業の製品です。いざという時のため、信頼のあるメーカーのものでしたら安心です。

重しが付いているために、簡単に倒れてしまうこともありません。必要十分の機能にして、1,000円程度に収まる価格が魅力的です。

エーモン工業の概要と商品を紹介!

おすすめ三角表示板2 PDR・三角停止板

収納時はコンパクトになることが特徴的な製品です。ほとんど使う必要がないものを積むことで、収納スペースを犠牲にしたくないという人におすすめです。

おすすめ三角表示板3 キャットアイ(CATEYE)・三角停止表示板

重量感もあり、しっかりした安定性があるようです。せっかく買うものならば質にこだわりたいという方におすすめです。

おすすめ三角表示板4 LIHAO・三角停止板・反射ベスト・手袋3点救急セット

表示版に加えて、ベストと手袋がセットになっています。危険を伴うため、安全のために万が一の時に備えておきたい方にはこれぐらいのセットがあった方が安心です。3点セットでこの価格はお得です。

三角停止表示板はかならず車に載せておこう!

三角停止表示板の重要性にお分かりいただけたと思います。今後、一度も使う機会はないかもしれませんし、使う機会がないに越したことはありません。それでも、「万が一の時のため」のお守りと考えて準備しておきましょう。

また、持っていたとしても慣れていないと設置に手間取るものです。すでに車に搭載されているならば、いざ使うときにすぐに組み立てられるように、一度は取り出して設置の練習をしてみてください。

道路交通法や運転マナーに関するおすすめ記事!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す