初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【レクサスGS カスタム】エアロ等おすすめパーツまとめ&カスタム画像集

トヨタ・アリストのときから多くのカスタム車雑誌で掲載されてきたレクサスGSですが、レクサスブランドが日本で展開されてからも、カスタムベース車として人気が非常に高いです。そこで今回は、エアロなどおすすめのカスタムパーツとGSのカスタム車画像をまとめたので紹介します。

レクサスGSとは

レクサスGSは、トヨタ自動車が展開する高級車ブランド「レクサス」が販売する4ドアの大型セダン車です。初代と2代目は日本国内のみ発売されていました。3代目からはエンジンと電気モーターを併用しています。

初代レクサスGS&トヨタ・アリスト(1993年~1997年)

初代のモデルは、日本で先行して販売していたトヨタ・アリストをレクサスバージョンとして海外へ販売したのが最初です。

セダン車でありながらハイパワーでトヨタの名作エンジンであった2JZ-GE(3リッター直列6気筒エンジン)を搭載し大型セダンにスポーツ的なクオリティーがあり、さらにデザインはあの自動車デザインの巨匠であるジウジアーロが手掛けただけあって、トヨタの意欲作ともいえる車種です。

2代目レクサスGS&トヨタ・アリスト(1997年~2005年)

2代目に変わり、今までトヨタ・クラウンマジェスタとシャシーを共有していたのを専用シャシーへ変更しました。

エンジンは今までの3リッター直列6気筒のほかに、歴代トヨタ・セルシオで用いられた4.3リッターV型8気筒エンジン(エンジン型式:3UZ-FE)、4.0リッターV型8気筒エンジン(エンジン型式:1UZ-FE )と搭載し、まさに高級セダンにふさわしいエンジンやシャシー、内装により北米で大ヒットします。

3代目レクサスGS(2005年~2011年)

日本にレクサスが展開されるとともにレクサスGSはフルモデルチェンジし、トヨタ・アリストからレクサスGSとして販売されました。

外装は前モデルアリストの2灯式のヘッドライトは残しつつも、シャープになった車体と機能的で豪華な車内は高級車としての雰囲気が一気にアップしました。

また、このときからハイブリッド仕様であるGS450hも追加され燃費性能も大きく向上を果たします。

4代目レクサスGS・前期型(2011年~2015年)

2011年にモデルチェンジされ、レクサスのデザインアイコンであるスピンドルグリルを採用されました。

レクサス車らしい外観で、新開発のリッター直列4気筒ターボエンジン搭載車種もラインナップに加わりました。

4代目レクサスGS・後期型(2015年~)

レクサスGS F

2015年11月25日にマイナーチェンジがされ、スピンドルグリルの開口部は大きくなり、L型のヘッドライトへ変更されました。

さらに、ハイパワーの5リッターV型8気筒エンジンを搭載したセダン型FパフォーマンスのGS Fの販売も開始しました。

トヨタ・レクサスとアリストの現在の中古車価格はこちら

最新「GS」中古車情報!

本日の在庫数 904
平均価格 208.1万円
本体価格 100〜100000万円
Pick up!
Pick up!

最新「アリスト」中古車情報!

本日の在庫数 226
平均価格 64.9万円
本体価格 108〜100000万円
Pick up!
Pick up!

トヨタ新型レクサスGSについてはこちら

トヨタの現行レクサスGSについての詳しい解説はこちら

レクサスの歴史に関連する記事はこちら

レクサスGSのおすすめホイール!オシャレは足元から

カスタムの一歩はホイール交換といっていいでしょう。カッコよく見せるためにはインチアップが最適です。19インチ、または20インチほどが人気の大きさです。

ホイールの選び方からインチアップについての解説はこちら

レクサスGSのおすすめカスタムエアロパーツ

外装をカッコよくするためにホイール交換の次はエアロパーツの取り付けです。ホイールに合ったデザインに、フロントスポイラー、サイドスカート、リアアンダースポイラーで車体を地面に近づければかなりスタイリッシュな印象を与えます。

レクサスGSのおすすめカスタムカーボンノブカバー

ちょっとしたところへのこだわりを見せるのも外装のカスタムで重要なポイントです。

今回紹介するのはカーボンノブカバーで、車体のカラーが黒の場合は同系色でありながらカーボン調の素材感をちょっとしたところに含ませると特徴あるカスタム車になり、見た人からオーナーのこだわりが感じられます。

レクサスGSのおすすめカスタム内装パーツ

車内も自分らしくカスタムできる

もともとの内装は豪華であるため内装に関してはそんなに手を加えるところはありません。あとは、各所各所にお好みの素材のカバーやシールを貼って高級感を出す手法を用いることで自らの愛車に対する愛着がわいてくるでしょう。

ここで紹介するステアリングエンブレムシールは、通常のレクサスのエンブレムのカラーリングを変えることでより特別な高級ブランドの車を所有している感覚にさせてくれます。

とくにステアリングは常に目につくところなので、こういったカスタムは特別感を常に感じることができるため人気です。

レクサスGSのおすすめカスタムマフラーはこちら

マフラー交換で自分好みのエンジン音を演出してくれます。車体後ろからの見た目もよく排圧効率も良くなるため、車の性能が大きく向上するカスタムです。

カスタムマフラーについての詳しい解説はこちら

レクサスGSのエアクリーナー

エアクリーナー交換は、純正より吸気する空気の量を増やすことでマフラー交換の効果をより向上させることができます。

車のエアクリーナーの交換時期などについてはこちら

レクサスGSのおすすめカスタムサスペンション

車高調

走行時の乗り心地やコーナーリング性能の向上、さらに車高を低くし外観をカッコよくするためには車高調の取り付けです。

車高調は高価なイメージがありますが、多くのカスタムが行われているレクサスGSのパーツは豊富であり、中古パーツも多く流通しているので安価での購入がしやすいです。

エアサスペンション

値段は高いですが、エアサスペンションは運転席に座っていながらボタン一つで自動に車高を変えることができる優れものです。イベントに展示するものは多く取り付けられています。

シャコタンとエアサスペンションについての詳しい解説はこちら

次のページ

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す