車はおもしろい!を届ける自動車情報メディア MOBY [モビー]

「ルームミラーがなくても車検に通るって本当?」ルームミラーの真実を徹底追及

ルームミラーを取り外したい理由は、取り替えたかったり邪魔だったりさまざまです。 ルームミラーで後ろが見えないのにルームミラーがついている車もあります。外しちゃいけないのかと思ったことがある人もいるはずです。 そもそもルームミラーって本当についてないといけないものなのかという疑問に今回は迫ってみたので紹介します。

ルームミラーとは?

後方を見るために車内に設置してある鏡です。また、ルームミラーの他にフェンダーミラーやドアミラーも含んだ後写鏡です。

バックミラー(法令用語は後写鏡)とは和製英語で、取り付けられる位置によって名前が異なります。英語では、室内につける鏡をインナーリアビューミラー、フェンダーミラーやドアミラー、車外につける鏡をアウターリアビューミラーといいます。

ルームミラーは取り外せるの?

ルームミラーが取り外せるかの答えは可能です。そもそもルームミラーとは事故の際、乗員保護のため衝撃により脱落する構造でないといけないので、わりと簡単に外せます。そこまで力はいらないので女性でも外せます。

ルームミラーを外したまま車検って通るの?

道路運送車両保安基準法の第四十四条で定められている後写鏡とは、フェンダーミラーもしくはサイドミラーを指していますので、実はルームミラーがなくても車検には問題なく通ります。

外している分には問題なくてもルームミラーを付け替えていた場合、視界を遮ると判断されてしまったものや、取りつけが頑丈で簡単には外せなくなっているものについては
事故の際、乗務員を保護できないと判断されて、車検に通らない場合があるので注意してください。

道路運送車両保安基準法の詳細

第四十四条
自動車(被牽引自動車を除く。)には、後写鏡を備えなければならない。

自動車(ハンドルバー方式のかじ取装置を備える二輪自動車、側車付二輪自動車及び三輪自動車であつて車室(運転者が運転者席において自動車の左外側線付近の交通状況を確認できるものを除く。次項、第五十八条第百十一項及び第六十四条の二において同じ。)を有しないものを除く。)に備える後写鏡は、運転者が運転者席において自動車の左外側線付近及び後方の交通状況を確認でき、かつ、乗車人員、歩行者等に傷害を与えるおそれの少ないものとして、当該後写鏡による運転者の視野、乗車人員等の保護に係る性能等に関し告示で定める基準に適合するものでなければならない。

トラックのルームミラーって後ろが見えないタイプでもなぜついているの?

後方が確認できないのにトラックに付いているルームミラーの謎は、キャビンが出荷される際、荷台部分が未定のまま出荷されるから、そもそもルームミラーが設置された時点で後ろが見えるかどうか確定していないからなのです。

荷台が取り付けられた結果ルームミラーが無用の物となってしまうだけであって、ルームミラーが使用できなくても車検などで必須だから付いているというものではありません。

車検や保安基準でのルームミラーの決まりは?

ルームミラーは納車時にはすでに取り付けられていますが自分で外しても違反にはなりません。車検や保安基準にはサイドミラーについての決まりはありますが、ルームミラーについての記載はありません。つまりルームミラーは存在そのものがあってもなくても構わないということです。

ルームミラーはなくても車検に通るのは本当

後方が見えない車にもついていたり、何かと必須だと思いがちだったルームミラーが、車検には必須ではありません。

外せば車検に通るからと不必要に長いものや、視界の邪魔になる程の大きな物を付けてしまうと危険です。事故の際に、安全確認のためのルームミラーでケガをしていては本末転倒なので気を付けてください。

車の内装に関するオススメ記事はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す