初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車用サブウーファーおすすめ人気ランキングTOP11!設置方法で選べ【2019年最新版】

車用ウーファーの2019年版おすすめ人気ランキング!高い支持を集める各商品の特徴から、商品を選ぶ際のポイントまで解説します。

車用ウーファーとは?

車用ウーファーとは、カースピーカーの中でも中低音を担当するスピーカーユニットの一種です。正確には、中音域を担当するのが「ウーファー」で、低音域を担当するのは「サブウーファー」といいます。

サブウーファーは、大口径・大容量の空洞で音を増幅させるタイプを「ユニットサブウーファー」、小型でアンプを使って音を増幅させるタイプを「パワードサブウーファー」と大別することができ、少ないスペースで質の高い重低音を楽しめる後者が特に人気です。

この記事では、重低音を得意とし、アンプ内蔵型である「パワードサブウーファー」のおすすめ商品を紹介していきます。

車用ウーファーの選び方とは?スペックだけでなく形状も重要!

車用ウーファー(パワードサブウーファー)を選ぶ指標で重要なポイントの1つが、低音のパワーを決める"出力W(ワット)数"です。出力ワット数が高いほど、迫力のあるサウンドが楽しめる一方、ある程度は価格と比例しているので、コストと相談する必要はあります。

もう1つ重要なのは、ウーファーの形状や重量。軽自動車やコンパクトカーなど、室内スペースが狭い車には、場所をとらず設置しやすい"薄型タイプ"がおすすめです。スペースに余裕があれば、ウォークスルー(運転席と助手席の間)に置ける"ボックスタイプ"がおすすめで、薄型よりも重量がある分、音質を下げる原因となる振動ロスを抑えることができます。

車用ウーファーおすすめ人気ランキングTOP11

このおすすめ人気ランキングは、2019年5月時点のAmazon「車載用ウーファーの売れ筋ランキング」を元に作成しています。

【第1位】カロッツェリア パワードサブウーファー

人気カーAVブランドのカロッツェリア製「パワードサブウーファー TS-WX130DA」は、音楽のジャンルや、気分次第に2つの重低音が楽しめる新開発DSPイコライザー「DIGITAL EQ」搭載のパワフルウーファーです。コンパクト設計により薄型に仕上がったことで、さまざまな車種の座席下やウォークスルーに取り付け可能できる人気の商品です。

【第2位】ケンウッド チューンアップサブウーファーシステム

人気のカーAVブランド「KENWOOD」製の「チューンアップ・サブウーファー KSC-SW11」は、シート下にも搭載可能な高さ70mmのコンパクト設計で、限られた車内スペースを有効利用して本格重低音が楽しめる商品。お洒落な鏡面仕上げのボリュームコントロール付きワイヤードリモコンは、夜間でもブルーイルミネーション付きで操作性抜群です。

【第3位】パイオニア パワードサブウーファー

参考価格: ¥ 19,177
(2019年05月29日現在)

「パワードサブウーファー TS-WH500A」は、パイオニアの最新技術により開発された「HVT方式」による高さ6cmの超薄型ウーファー。低域だけでなく中低域までカバーする広帯域再生能力により、臨場感あふれる上質な重低音を楽しめます。コンパクト設計により軽自動車やコンパクトカーにもおすすめです。

【第4位】カロッツェリア パワードサブウーファー

カーAV老舗ブランド「カロッツェリア」の「パワードサブウーファー TS-WX70DA」は、2つの異なる重低音を楽しむだけでなく、幅850mm奥行き323mm厚さ97mmの大きなフォルムを活かした、伸びのある重低音再生が実現可能。大音量でもクリアでパワフルなサウンドが車内に響きます。

【第5位】パイオニア 30cm パワードサブウーファー

参考価格: ¥ 21,365
(2019年05月29日現在)

迫力感たっぷりの個性的フォルムの「パワードサブウーファー TS-WX300A」は、衝撃的な重低音を車内に響かせるバスレフ型ならではのサウンドウーファーです。低音ブースト回路の搭載で音圧レベルの調整が可能。出力最大1300W出力音圧113dbの30cmコーンウーファーが大迫力サウンドを奏でます。

【第6位】ケンウッド チューンアップサブウーファー

カーAV老舗ブランドケンウッドの「チューンアップ・サブウーファー KSC-SW30」 は、クラス最大出力の「Class-Dアンプ」を搭載し、最大250Wのハイパワーで迫力のある重低音が魅力です。彩速ナビ「TYPE Z」+「XSスピーカー」+アンプ「XH401-4」とのシステム構築で、ハイレゾ音源が持つ本来の情報量をストレートに再現できる “真のハイレゾサウンド“ が車内に実現できるおすすめのウーファーとなっています。

【第7位】アルパイン パワードサブウーファー

自動車音響機器メーカー「アルパイン」の「パワードサブウーファー SWE-1500」は、車室内のどんな場所にもピッタリな、デザイン性にも優れたフォルムのルミナスチューブ採用で、夜の車内にブルーライトがお洒落に光ります。リモコンに搭載されたBassDTで、DeepモードやTightモードに音質の簡単調節ができます。

【第8位】カロッツェリア ブリッジャブルパワーアンプ

「ブリッジャブルパワーアンプ PRS-D800」は、現代のハイレゾ音楽にも対応した豊かな空気感と臨場感を感じられる音楽再生が可能。厳選された高音質パーツを使用したパワーアンプです。横幅255mm高さ50mm奥行き104mmのコンパクト設計により、さまざまな場所に設置可能で、コンパクトカーや複数台設置希望の方におすすめです。

【第9位】アルパイン パワードサブウーファーシート下設置型

アルパイン製「コンパクトパワードサブウーファー SWE-1080」は、高さ7.8cmの薄型コンパクト設計でありながら20cmの大型振動版を搭載したことで、迫力ある重低音が楽しめるウーファー。低音のビビり音を低減し、アンプ一体型で取付けやすいコンパクトボディ、操作性にも優れたリモコン付属でウーファー初心者におすすめの商品です。

【第10位】パイオニア 30cm パワードサブウーファー

参考価格: ¥ 21,697
(2019年05月29日現在)

チューブタイプの威圧的デザインが特徴的な「パワードサブウーファー TS-WX300TA」は、見た目の迫力だけでなく、大出力・大音圧で重低音を轟かすパワフルウーファーが魅力的です。瞬間最大出力280W出力音圧114dbの衝撃的サウンドが、車内に鳴り響きます。

【第11位】イネックス アンプ内蔵 薄型サブウーファー

入手しやすい価格帯のウーファーを探している方におすすめの「イネックス(INEX) 薄型サブウーファー el17-001」は、1万円以下で購入できるお財布に優しい商品です。安価でも迫力は最大出力160Wの本格派。4.7kgの重量は余分な音響振動を抑制する効果があります。高さ68mmの薄型設計でシート下にも設置可能です。

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す