初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ジャガー新型I-PACE(Iペイス) 日本受注開始!発売日は2019年でEV×SUVのスペックやデザインは?

ジャガーは初となる市販EV「I-PACE」を2018年3月1日に発表、欧州での発売を開始しました。ジュネーブモーターショーにてワールドプレミアとなる新型I-PACEは、電気自動車の5人乗りSUVです。新型I-PACE(Iペイス)性能やデザインから価格までご紹介します。

【最新情報】ジャガー新型 I-PACE(Iペイス)公式発表!

ジャガーは新型クロスオーバーEVであるジャガー I-PACE(Iペース)を3月1日にライブストリーミングで公開し、3月6日のジュネーブモーターショーでワールドプレミアします。
3月1日の発表と同時に欧州発売も開始されました。

コンセプトモデルの発表からスパイショットなどの目撃情報を経て、満を持しての登場となったジャガー新型I-PACE。
45分間以下でのフル充電や寒冷気候への適応など、SUVらしい実用的な面を備えつつ、スポーツカーであるジャガー F-TYPE SVRと同等のトルクやスポーツ走行モードなど走りの面でも一切妥協がありません。

ジャガー新型 I-PACEのデザインや性能から価格など最新情報をご紹介します。

ジャガー新型 I-PACEのデザイン

外装

運転席周り

後部座席

ジャガー新型 I-PACE(Iペイス)の外装はコンパクトながら、迫力のあるデザインとなっています。
一目でジャガーと分かるフロントグリルやヘッドライト、テールライトのデザインが特徴的です。

内装はシンプルかつスタイリッシュなデザインとなっています。
4つのディスプレイが採用されており、車両情報を簡単に確認できるようになっています。

ジャガー新型 I-PACEの特徴

ジャガー新型 I-PACEの主な特徴は

・ピュアEVのコンパクトSUV
・ジャガー史上最も優れたねじり剛性を誇る
・0-100km/hの加速は4.8秒
・最大航続距離は480km
・ワイヤレスアップデートにより常に最新の情報を入手可能

となっています。

ジャガー新型 I-PACEが北極圏での走行テストを実施

ジャガー新型I-PACEが世界初披露に先駆け、走行テストを実施しました。
今回、スウェーデンにあるジャガー・ランドローバーの寒冷地テスト施設で、摂氏マイナス40度という極寒の環境で厳しい走行テストをおこない、その様子を動画にて公開しました。

過酷な環境でも高いパフォーマンスを発揮するI-PACEの様子をご覧ください。

ジュネーブモーターショーについてはこちら

ジャガー新型 I-PACEの外装・エクステリアデザイン(テスト車両)

現在公開されているジャガー新型 I-PACEの外装デザインは、カモフラージュに覆われたもののみとなっています。
カモフラージュはかなり薄く、ボディのプレスラインも確認することができます。
特徴的なデザインのグリルを装着し、コンパクトながらも迫力のあるデザインとなっています。

新たな画像が公開され次第、更新していきます。

ジャガー新型 I-PACEの内装・インテリアデザイン(コンセプト)

ジャガー I-PACEのコンセプトモデル

ジャガー I-PACEのコンセプトモデル

ジャガー I-PACEのコンセプトモデル

ジャガー新型 I-PACEの内装デザインはまだ公開されていません。
以前公開されたコンセプトモデルからは近未来的で、解放感のある内装デザインとなっていることが分かります。
完全な電気自動車であるI-PACEは、エンジンやトランスミッショントンネルが不要となるため、そのスペースをラゲッジスペースや居住空間の拡大のために使用することができます。

ジャガー I-PACE コンセプトには運転席前方に1つ、センターコンソールに2つのディスプレイが装備され、さらにフロントガラスにはヘッドアップディスプレイが映し出されます。

合計4つものディスプレイは全てドライバーから見やすい場所に設置され、それぞれの場所に適した情報が表示されます。

【I-PACE コンセプトの内装寸法】
5人乗り
リアラゲッジスペース:530L
フロントラゲッジスペース:36L

ジャガー新型 I-PACEのボディサイズ(コンセプト)

ジャガー I-PACE CONCEPT 2017年

以前に公開された I-PACEコンセプトのボディサイズは

全長:4,680mm
全高:1,560mm
全幅:1,890mm
(欧州仕様車の数値)

となっています。

ジャガー新型 I-PACEのスペック・航続距離

ジャガー I-PACEは、エンジンを搭載しない完全な電気自動車(EV)です。
ジャガー・ランドローバーが設計した90kwのリチウムイオンバッテリーと2つのモーターは、合計最高出力400ps、合計最大トルク700Nmを発生し、0-100km/h加速は約4秒と、SUVとは思えぬ加速力を発揮します。

航続距離に関しては、一回のフル充電で500km以上の走行が可能だと発表しています。
また50kw充電であればおよそ90分で80%充電可能、さらに通常充電でも2時間で100%充電可能と言われています。

ジャガー新型 I-PACEに高性能な「I-PACE SVR」が登場か

ジャガー F-PACE SVR

2018年3月、ジャガー F-PACEの高性能モデル「F-PACE SVR」が発表されましたが、I-PACEに関しても「I-PACE SVR」を検討中という情報があります。

ピュアEVであるI-PACEは、エコなだけでなく走行性能が高いことが特徴です。
I-PACE SVRの開発についてはまだ検討段階ということですが、高性能モデルは速さを突き詰めたSVRではなく、高級感をアップさせたSVAやオフロードモデルのSVXなどの可能性もあり、プロジェクト自体の方向性がまだ確定していないと見られます。
いずれにせよ、F-PACE SVRに続く高性能I-PACEの構想があるようです。

ジャガーからの続報に期待しましょう。

ジャガー新型 I-PACEのこれまでの経緯

【2016年11月】 電気自動車SUVのコンセプトモデルを発表

I-PACE コンセプト

I-PACE コンセプト

2016年11月15日(現地時間)、ジャガーは同社初の完全電気自動車となる5人乗りSUV「I-PACE コンセプト」を世界初公開しました。

ジャガーI-PACE コンセプトの外装は、ジャガーデザインディレクター、イアン・カラム氏によってデザインされました。2016年6月に発売された同社のラグジュアリーSUV「F-PACE」とは全く異なり、またボディサイズも小型SUVサイズとなっています。
ボディ一体型のドアハンドルやボンネットのエアダクトは効率的な空力性能を実現し、航続距離の向上に貢献しています。
大径ホイールやリアウィンドウ上部のスポイラーなどにより、EVながらもスポーティな雰囲気に仕上がっています。

また、内装は近未来的で、解放感のある内装になっています。
合計4つものディスプレイが搭載されているのが特徴的です。

ジャガー I-PACE購入希望者の登録を開始

ジャガー新型I-PACE コンセプトの発表と同時に、公式HPで購入希望者の登録が開始されました。

必要事項をフォームに記入して登録することで、ジャガーI-PACEに関する、発売時期などの最新情報が優先的に案内されます。

「I-PACE」は日本では「E-PACE」と予想されていた

日本ではこれまで、ジャガーが開発中の完全な電気自動車が「E-PACE」の名称で発売されると予想してきましたが、実際の名称は「I-PACE」となりました。

【2017年4月】ジャガー新型 I-PACEのスパイショットがスクープ

ジャガーの新型「I-Pace」の開発車両と思われるスパイショットが報道されました。
こちらの開発車両はジャガー初のSUVである「F-Pace」のボディをつかったものであるため、ボディに関しては2016 ロサンゼルス国際オートショーにて発表されたI-Paceのコンセプトモデルと異なるようです。

ジャガー初の新型電気自動車であるI-Paceがコンセプトモデルと同じスペックで開発されているとの噂を入手しました。
出力はおよそ400hpで最大トルクが700Nmになると思われます。
また航続距離に関しては1度の充電で500kmほどと予想されています。

【2017年5月】モナコにてジャガー新型 I-PACEの全貌があらわに

2017年5月、ジャガーI-PACEのテスト車両がモナコで目撃されました。
これまで、公道を走ることはあっても必ず分厚いカモフラージュに覆われていた新型I-PACEですが、今回はシルバーのボディが全て見える形で捉えられました。

動画では、フロントライトやブレーキランプの光り方も確認することができます。

ジャガー新型 I-PACEのライバルは?

テスラ モデルX

現時点でジャガー新型 I-PACEのライバル車となり得るのは、テスラ モデルXです。
完全な電気自動車は他にも存在しますが、車格は違うものの、現在発売中の電気自動車×SUVはモデル Xのみとなっています。

モデル Xは7人乗りの大型SUVであり、大型のファルコンウィングが特徴的です。
外装、内装ともに近未来的なスタイリッシュなデザインになっており、センターコンソールには大型のディスプレイが搭載されています。

テスラ モデルXについてはこちら

ジャガー新型 I-PACE(Iペース)の発売日・価格・納期

日本のジャガー公式サイトでは「2019年デビュー予定」となっているジャガー I-PACE。
受注は開始しているものの、明確な発売日は未定です。
また、納期に関しても公式発表はありません。
2018年4月現在、価格も「現時点で未定」となっています。

ジャガー I-PACEのライバルになると予想される、テスラの小型SUV「モデルY」の価格は500万円以上になると予想されていることから、I-PACEに関しても500万円以上で発売される可能性が高いと考えられます。

電気自動車に関連するおすすめ情報はこちら

ランドローバーの最新情報はこちら

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!!