初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

車内のおすすめティッシュケース・ホルダーランキングTOP10|置き場所に意外と悩む?

車用の人気・おすすめティッシュケースとホルダーを紹介します。ほとんどの人が車に置いているボックスティッシュをケースに入れたりホルダーに装着したりするだけでガラリと印象が変わります。価格の安いものやヘッドレストに装着できるもの、高級感をプラスしてくれるものなど種類も多くあり、選ぶだけでも楽しいでしょう。車用ティッシュケース・ホルダーの2018年最新版人気ランキングです。

車内にティッシュケースがあると便利!

車内の消耗品として欠かせないテッシュ。鼻をかんだり、お菓子を食べた手を拭いたり、汚れを落としたりと、様々な用途に使える万能アイテムですね。
ボックスティッシュは生活の必需品であり、ほとんどの人が車にボックスティッシュを常備しているでしょう。

しかし、このボックスティッシュ、決して小さくないので意外に置き場所に困ってしまうものです。
常に運転席以外の席やダッシュボードに置いていたり、カーブするたびに位置が変わっていくような置き方がよく見られます。
そのような問題が、ティッシュケースやホルダーを使うだけで解決します。

ティッシュケースやホルダーの良さは、見栄えだけではありません。
むしろ、最大のメリットは使い勝手の向上にあるとも言えます。
もちろん、ボックスティッシュがあからさまに車内に置いてあると、生活感が出てしまうので、それを防ぐという意味でも、費用対効果は大きいです。

それでは2018年現在、人気の高いティッシュケースやホルダーはどの商品でしょうか。

おすすめティッシュケース&ホルダー【第1位】

ナポレックス 車用ティッシュカバー ティッシュホルダー JK-61

コストパフォーマンスの良さで並ぶならこちらの商品ががおすすめです。
ケースではなくホルダーのみのシンプルな製品ですが、ヘッドレストやサンバイザーなど、用途に応じて使い分けができます。

購入者の評価は比較的良いものが多いですが、固定するゴム部分はやや伸びやすいとの声もあります。
ゴム部分のみ別途購入できたりすると、なお使い勝手が良くなりそうですね。

おすすめティッシュケース&ホルダー【第2位】

ヤック ホルダー ティッシュサスペンドホルダー

車のスペースを有効活用したい方におすすめのティッシュケースです。
スポーツカーなどルーフの低い車で使用すると圧迫感があるかもしれませんが、一般的な車で、ティッシュの設置箇所が思い浮かばない人にはおすすめです。

よくあるヘッドレストに取り付けるタイプは後部座席の人向けですが、こちらはフロントシートに座る人も使いやすい位置に設置ができます。

ただし、利便性は高いですが、中には設置がうまくできなかったというレビューもあるので、購入前に取り付け条件を確認しておきたいところです。

参考価格:602円(2018年3月)

おすすめティッシュケース&ホルダー【第3位】

graceヘッドレストティッシュケース

スタイリッシュな見た目と使い勝手の良さが魅力のヘッドレスト取り付けタイプティッシュケースです。
この手のティッシュケースは種類が多いのですが、やはりレザー調のシックな外観が人気の秘密です。
今回ご紹介するケースの中では最高値ですが、作りも良く長く使えそうです。

黒基調でほとんどの車のインテリアに溶け込み、スポーツカーやレザーシートの高級車との一体感はピカイチです。

参考価格:2,700円(2018年3月)

おすすめティッシュケース&ホルダー【第4位】

ナポレックス 車用ティッシュカバー ブラック LF-142

420円という価格の安さと使い勝手の良さが光る商品です。
車内のいたる箇所に装着が可能になっており、写真のようにシートの間やアームレスト、ヘッドレストとさまざまな箇所に設置できます。

色が黒なのでダッシュボードに置く際もフロントガラスへの映り込みが少ないことも特徴です。
ボックスティッシュは長期的に使っていると箱が潰れたり使用感がどうしても出てきてしまいますが、カバーにはそういった欠点を隠すというメリットもあるのです。

参考価格:420円(2018年3月)

おすすめティッシュケース&ホルダー【第5位】

車用 ティッシュケース

ヘッドレストに取り付けるタイプのティッシュケースです。
レザー素材がインテリアに高級感を加えてくれます。
収容可能なティッシュのサイズは240×120×50mmで、市販の箱ティッシュをそのまま入れることも可能です。

参考価格:1,480円(2018年3月)

おすすめティッシュケース&ホルダー【第6位】

ナポレックス 車用ティッシュカバー JK-96

肉厚レザー調のティッシュケースです。
ヘッドレストにリングで取り付けるタイプのため、走行中に落ちてしまう心配がありません。
また、裏側がファスナーになっており、ティッシュの交換も簡単です。
ただし、背もたれとヘッドレストが一体化しているシートには取り付けできないためご注意ください。

参考価格:1,281円(2018年3月)

おすすめティッシュケース&ホルダー【第7位】

Smilemall(スマイルモール)ティッシュカバー 本革調

高級感のただよう本革調のティッシュケースです。
付属品のベルトを使用することにより、ヘッドレストポール(縦置き・横置き)、サンバイザー、アームレスト、グローブボックス、シートバックフックへの取り付けも可能です。

参考価格:305円(2018年3月)

おすすめティッシュケース&ホルダー【第8位】

メルセデス・ベンツ ロゴ入り ティッシュケース

メルセデス・ベンツのロゴが入ったティッシュケースです。
メルセデス・ベンツのマークが入っており、素材もレザーのため、インテリアに高級感をプラスできます。
価格は他の商品より少々高めですが、価格以上の上質感を持つ商品です。

参考価格:2,980円(2018年3月)

おすすめティッシュケース&ホルダー【第9位】

セイワ(SEIWA) 車用 4WAYティシュカバー

「4WAY」の名の通り、4通りの設置ができます。
ヘッドレストやサンバイザーなど、どんな車でもどこかしら取り付けが可能です。

カーボン柄に赤いステッチがスポーティーさを表現しています。
スポーツカーにボックスティッシュが無造作に置いている方もいらっしゃるかもしれませんが、、このようなケースを被せるだけで印象が大きく変わるでしょう。

参考価格:786円(2018年3月)
外観のデザインだけでなく、車内の見た目にも気を配りたい方におすすめです。

おすすめティッシュケース&ホルダー【第10位】

星光産業 ティッシュケース 車用 ブラック EH-170

参考価格: ¥ 333
(2018年11月18日現在)

ヘッドレストに掛けて使用するティッシュケースです。
価格は安価で品質もそれ相応ですが、シンプルなデザインと便利さが評価されています。

ケースが黒なので、目立つこともなく、使いたいときにさっと使えるお手軽さが魅力です。
ティッシュボックスを面ファスナーで固定しているだけなので、交換も手間がかかりません。

参考価格:455円(2018年3月)

車内が快適だとドライブがもっと楽しくなる

ティッシュケースやホルダーの魅力の一つに価格の安さがあります。さらにサンバイザーやドアポケット、ヘッドレストなどボックスティッシュ単体では取り付けが難しい部分に設置ができるようになるというのは大きなメリットです。

ボックスティッシュの置き場所に困っている、定まらないという人はぜひ、導入してみることをおすすめします。
きっと使い勝手の良さを実感できるはずです。

ドライブを快適にしてくれるグッズは、ほかにもたくさんあります。
快適・便利グッズを増やして車内をもっと快適にしていけば、車でのお出かけがもっと楽しくなるはずです。

もっとドライブを快適にするおすすめ記事

車内を綺麗にしたい方におすすめの記事

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す