初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

ホンダが「アシモ」の後継ロボットを開発中か、介護支援などで実用化にも期待

アシモの開発は続いていた!ホンダが2足歩行人型ロボット「アシモ」の開発を取りやめていたという報道後、ホンダ広報が公式にコメント。アシモの技術を盗用した量産製品の開発が行われており、今後は介護分野などでの実用化を目指すといいます。アシモ開発終了報道を受けてのネットの声も紹介します。

ホンダ「ASIMO(アシモ)」技術の転用や応用製品を開発中とコメント

ASIMOとUNI-CUB β

2018年6月28日、"ホンダが2足歩行人型ロボット「アシモ」の開発を取りやめていた"、"すでにアシモ研究開発チームも解散している"という報道がありました。
同日、ホンダ広報が「Hondaのロボティクス研究の取り組みについて」という公式コメントを発表。その中に「アシモ開発取りやめ」の文字はありませんでした。

コメントによれば、アシモの技術を転用、応用した量産製品の開発、実用化に取り組んでおり、ヒューマノイドロボットの研究も継続中とのこと。これにより、アシモの後継ロボットが開発中である可能性も高くなりました。

報道にあった「実用的なロボットの開発に力を入れる方針」「アシモの開発で培ったバランス性能や運動制御技術を応用して、介護支援ロボットや転倒防止機能を持ったバイクなどを開発していく」という内容も含め、アシモの後継ロボットの登場には期待できそうです。

ASIMO(アシモ)は、2000年に第1号が発表。当時は高い技術が必要とされていた本格的な2足歩行ロボットとして注目を集めました。
アシモは引き続き、Hondaウェルカムプラザ青山やHonda Collection Hall(ツインリンクもてぎ内)、日本科学未来館で毎日デモンストレーションを行っています。

*ホンダ広報の発表を受け、2018年6月29日に更新

ネットの声

「なんとなく察してたけどアシモの開発終了してたんか、、、」
「実質的にここ10年くらい動き無かったですもんね...」
「アシモの制御技術が実用化に達したということかな」
「寂しい気もしますが、アシモの役目は終わったという事なのでしょうね。」
「最初は下半身だけだったのに今じゃ130cmのヒト型ロボット。 HONDAはよく頑張ったよ」
「介護用ロボットは割と真面目に早く現場に導入すべき。」

ネットではアシモ開発終了を惜しむ声が多く聞かれました。
とはいえホンダはロボットの開発自体を終了するわけではありませんので、今後の新しいロボットの期待したいですね。

こちらの記事もおすすめです!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す