初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

レクサスが新型ESに量産車として世界初の「ミラーレス」を採用!

2018年9月12日、レクサスは10月下旬に発売予定の新型ESに、量産車として世界初となる「ミラーレス」を採用することを発表しました。ミラーの代わりに小型のカメラが装着された「デジタルアウターミラー」が装備されます。

レクサスが新型ESに世界初のミラーレスを採用決定!

2018年9月12日、レクサスは10月下旬より発売予定の新型ESに、ミラーレスを採用することを発表。

サイドミラーが位置する部分には小型のカメラが設置された「デジタルアウターミラー」が装備されます。この技術は量産車として、世界で初の採用となります。

特徴①:斜め前方の視界の拡大と風切音の低減

従来の工学ミラーから大幅に小型化

カメラ部は雨滴が付着しにくい形状に

デジタルアウターミラーは従来の工学ミラーから大幅に小型化。斜め前方の視界の拡大と風切音の低減を実現しました。

特徴②:映像を車内のディスプレイに表示

目線移動を最小限に抑える

夜間の視野性を向上

雨天時の視野性を向上

車両左右後方の映像を車内のディスプレイに表示することで、目線移動量を最小限に抑えることができます。また、夜間や雨天時の視野性が従来の工学ミラーと比べ、大幅に向上されています。

特徴③:表示エリア拡大で周辺監視をサポート

ウインカー作動時に表示エリア拡大

後退時に表示エリアを拡大し安全性を向上

ウインカー作動時、後退時にカメラが連動し、自動的に表示エリアを拡大します。また、ドライバーが任意で表示エリアを調整することも可能で、運転状況に応じた最適な周辺監視をサポートします。

レクサスの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...