初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

BMW新型Z4ロードスターが世界初公開!ソフトトップ採用で「M40i」グレードの設定も

2018年8月24日、BMWは「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018」にて、新型Z4ロードスターをワールドプレミアしました。新型Z4ロードスターは3代目となり、初代のみに採用されていたソフトトップが復活することとなります。また、高性能グレード「M40i」の設定もあるとのこと。

BMW新型Z4ロードスターが世界初公開!

新型Z4ロードスター M40i フロント

新型Z4ロードスター M40i サイド

新型Z4ロードスター M40i リア

2018年8月24日、BMWは「ペブルビーチ・コンクール・デレガンス2018」にて、新型Z4ロードスターを世界初公開。新型Z4ロードスターは3代目へとモデルチェンジを果たしました。

新型Z4ロードスターはアグレッシブなグリルを採用し、先代モデルよりスポーティな印象を受けます。また、高性能グレードとして、BMW M社が手がける「M40i」が設定されます。「M40i」グレードの設定は新型X3、X4に続き3モデル目です。

新型Z4ロードスター「M40i」のパワートレインには、直列6気筒3.0Lガソリンターボエンジンを採用。最大出力は340hpで、0~100km/h加速では4.6秒という性能を発揮します。「M40i」にはパワートレインだけでなく、専用サスペンション、新開発のフロントアクスル、専用アルミホイールなどさまざまな専用装備が装着されます。

ソフトトップが復活!クーペはどうなる?

新型Z4ロードスターに採用されるソフトトップ

新型Z4ロードスターには、2代目に採用されていたハードトップではなく、初代モデルのみに設定のあった「ソフトトップ」が再び採用されます。ソフトトップの採用は、車体重量の軽量化を図った結果とのこと。

新型Z4に、初代モデルで設定のあったクーペタイプも追加されるのかということは、明らかになっていません。ただトヨタと共同開発される「新型スープラ」と住み分けを図るために、クーペモデルは設定されないとの噂もあります。また、ソフトトップが設定されることから、2代目に設定のあったハードトップはラインナップに追加されない可能性が高いでしょう。

BMWの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す