初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

メルセデス・ベンツEクラスが一部改良!「E450」の追加や内装デザインの変更など

2018年8月22日、メルセデス・ベンツ日本はEクラスの一部改良を発表しました。従来のV6搭載モデル「E 400」をパワーアップさせた、「E450」が新たに導入されました。またステアリングやエアコン送風口などのデザインが変更。一部改良されたEクラスを徹底解説します。

メルセデス・ベンツEクラスが一部改良

E 450 4MATIC セダン

新デザインのステアリングを採用

2018年8月22日、メルセデス・ベンツ日本はEクラスの一部改良を発表。今回の一部改良の最大のポイントは、新グレード「E 450 4MATIC」の追加であり、セダン/ステーションワゴン/クーペ/カブリオレ全モデルが対象となります。

セダン/ステーションワゴンのみが対象となるのは、一部モデルの本革シート標準化です。今までオプション設定であった「E 200 アバンギャルド 」、「E 200 4MATIC アバンギャルド」、「E 220 d アバンギャルド」、「E 250 アバンギャルド スポーツ」、「E 350 e アバンギャルド スポーツ」に本革シートを標準装備したことにより、Eクラスは全モデルで本革シートが標準装備となりました。

クーペ/カブリオレのみが対象となるのは、「イルミネーテッドエアアウトレット(前席)」の採用です。「イルミネーテッドエアアウトレット(前席)」は新型CLSから採用されるスポーティなデザインの送風口であり、タービンエンジンがモチーフになっています。エアコンの温度を上げるとライトが赤く、温度を下げると青く光るなど、操作が直感的に感じられる工夫が施されています。

「E 400 4MATIC」を廃止し、「E 450 4MATIC」を新たに導入

E 450 4MATIC ステーションワゴン

今回の一部改良で「E 400 4MATIC」が廃止となり、代わりに「E 450 4MATIC」が導入されました。「E 400 4MATIC」からの変更点は、エンジンのダウンサイジング化&最高出力の向上と、新デザインのホイールの採用です。

パワートレイン面では、従来のV6 3.5Lエンジンを3.0Lへとダウンサイジングがなされました。排気量は小さくなったものの、最大出力は34PS、最大トルクは20N・mの向上が図られ、最高出力367PS、最大トルク500N・mを発揮します。

デザイン面では、セダン/ステーションワゴンのみに設定される「E 450 4MATIC エクスクルーシブ」にて、新デザインのホイールが採用されました。新ホイールは、新たに空力を考慮した「18インチ 5スポークアルミホイール」です。

ベンツの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

下取りより平均16万円も高く売れる!
複数の買取業者で一括査定「ズバット車買取」

おすすめポイント

  • たった1分で愛車の査定額がわかる
  • ガリバー、カーセブンなど最大10社から最高額で売れる業者が無料で分かる
  • 下取りより平均16万円も高く売れる!