初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

マツダ 新型CX-3のビッグマイナーチェンジが本日発表!

2018年5月17日、マツダがコンパクトSUV「CX-3」のマイナーチェンジを発表しました。マイナーチェンジでありながら、新開発エンジンの搭載や予防安全装備の強化など、大幅な進化が見受けられます。新型CX-3の最新情報をご紹介します。

マツダがCX-3のマイナーチェンジを本日発表!

新型 CX-3

2018年5月17日、マツダはCX-3のマイナーチェンジを発表しました。CX-3はマツダのSUVラインナップの中で最もコンパクトなモデルです。

今回はマイナーチェンジでありながら、外装・内装の質感向上、新開発エンジンの搭載、予防安全機能の強化など大幅な改良が見受けられます。マイナーチェンジの主な特徴について解説します。

①外装・内装デザインの変更

フロント

リア

運転席・助手席

新型CX-3の外装は、グリルデザイン・ヘッドライト・テールランプのデザインの変更やフォグランプベゼルやピラーガーニッシュの塗装の変更などが行われ、より迫力のあるデザインに。

また、内装では電動パーキングブレーキを標準採用し、センターコンソールの設計が見直されました。以前から要望の多かったアームレストやその下の収納スペースが設置され、使い勝手が向上。デザイン面ではシート、ドアトリムなどの素材やカラーコーディネーションの見直しが行われ、上品なデザインとなりました。

②新開発エンジンを搭載

新開発の1.8L クリーンディーゼルエンジン

今回のマイナーチェンジの一番の目玉は、新開発の1.8L クリーンディーゼルエンジンの採用であると言えます。実燃費や環境性能の向上を狙いとして、従来の1.5Lエンジンから、新開発の1.8Lエンジンに置き換えられました。

また、ガソリンエンジンにも「CX-5」で採用された「エッジカットピストン」や「低抵抗ピストン」などの新技術が投入され、トルクアップや実用燃費の向上を実現します。

③予防安全装備「i-アクティブセンス」の強化

i-ACTIVSENSE

新型CX-3には、マイナーチェンジ前のモデルに搭載されていたマツダの先進安全技術、「i-アクティブセンス」を改良したものが搭載されます。

今回新たに追加された、または改良が行われた機能はマツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(全車速追従機能付)、アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(夜間歩行者検知機能付)、360°ビュー・モニターです。

マツダの新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...