初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【360度動画】路肩は超危険!高速道路で降車した人の目線をVRで体感

路肩停止時に、ドライバーはどこで待機していれば安全なのでしょうか。JAFが高速道路上での事故を防止するために、高速道路上での救援待ちを疑似体験できる360度のVR動画を公開しました!

高速道路はどこにいれば安全なのか? JAFが360度VR動画を公開!

高速道路上でトラブルがあった際、道路の本線上や路肩に出て歩き回ることは危険な行為。交通事故や車の故障でやむなく車を停車させたドライバーが、本線上や路肩ではられてしまう事故は後をたちません。こういった路肩停止時に、ドライバーはどこで待機していれば安全なのでしょうか。

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)では、こういった高速道路上での事故を防止するために、高速道路上での救援待ちを疑似体験できる360度のVR動画を公開。JAF公式youtubeアカウントには3つの高速道路上での360度VR動画がアップされています。

VR動画の視聴ができない場合は、スマートフォンではYoutubeアプリ、PCではChromeなどの対応アプリないしはブラウザでご覧ください。また、VRゴーグルを使うとより臨場感あふれる動画を体感できます。

①走行中の車両から救援待ちの見え方

路肩でタイヤの交換作業が行われていた場合、走行車からはどのように見えているかもダミー人形で再現。かなり視認しづらく、非常に危険であることが分かります。

②救援待ちを疑似体験!【避難場所の違い】

③救援待ちを疑似体験!【時間帯の違い】

JAFは360度を見渡すことができるVR動画を用いることで、高速道路上でトラブルに見舞われた際の、“安全な場所へ避難することの大切さ”、また“車内に留まることへの危険性”を運転手に訴えています。

3つの360度VR動画は、高速道路上での危険性が効果的に伝わる動画となっています! 車からの視点と、高速道路の路肩に停車している人の視点は臨場感が溢れており思わずヒヤヒヤ……。車からの視点と、高速道路の路肩に停止し降車した人の目線を体感して、危険性を知っておきましょう!

こちらの記事もおすすめです

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す