初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

後続車に“動く絵文字”でメッセージ!車用デバイス『CarWink』が便利そう

誤解を招きがちな運転中のジェスチャーを使わずとも、後続車に意思を伝えることができる世界初のカーデバイス「CarWink」を紹介!

後続車に絵文字で意思表示!車用デバイス『CarWink(カーウィンク)』

絵文字でドライバー同士のコミュニケーションをサポートする世界初のカーデバイスが登場すると話題です。この車用ガジェットの名前は『CarWink』。

操作は音声認識かペアリングしたスマホで行います。そのため運転中に誤解を生みがちなハンドジェスチャーを使わずとも、後続車とのコミュニケーションを取ることが可能に。感情や意思を表現する動く絵文字で、前方の状況を伝えたり、車線変更した際の感謝のメッセージを表現することができます。

『CarWink』の製品情報

『CarWink』は、現在クラウドファンディングで資金を調達中。価格は、¥15,500(税込み)となっており、2018年3月30日より先行予約が開始されるとのこと。製品自体の配送は2018年の11月頃になるそうです。

サイズは120mm×120mm×260mmで、重量は600gとなっており、ライトな設計になっています。電源もソーラー充電によって賄われているので、給電の必要はありません。

製品が普及すれば、良かれと思ったコミュニケーションが誤解を生んで、煽り運転だと勘違いされることも減少するでしょう。また「サンキューハザード」などのアクションを行う必要も無くなり、運転に余裕もできそうですね!

こちらの記事もおすすめです!

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す