初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【速報】ニューヨークモーターショー2018開催!日本でも発売される新型車は?

2018年3月28日に、ニューヨークモーターショーのプレスカンファレンスなどで発表された新型車の内、日本でも発売されるモデルをまとめてご紹介します。

ニューヨークモーターショー2018開幕!

2018年3月28日から開催されたニューヨークモーターショー(*)では、日本でも発売される人気モデルが続々とモデルチェンジ、新型車の発表が一般公開に先駆けて各メーカーのプレスカンファレンスでアナウンスされました。

北米で高い人気を誇りつつも国内では販売が中断されていたトヨタ RAV4は、ハイブリッドをラインナップに加えてフルモデルチェンジし2019年春に日本で発売、復活します。スバルからはフォレスターがフルモデルチェンジして今年の秋にも北米で発売、マツダはCX-3をビッグマイナーチェンジし今春からグローバルに発売、ホンダ インサイトもフルモデルチェンジ、国内発売は名言されませんでしたが日本での発売の可能性が高い様子です。

それでは、ニューヨークモーターショーで公式発表された国内販売されるモデルをご覧ください。

(*)正式名称は「New York International Auto Show(ニューヨークインターナショナルオートショー)」。プレスデーは3月28日および29日、一般公開日は3月30日から4月8日まで。(日付は現地時間)

ニューヨークモーターショーについて詳しくは下記の記事をご覧ください。

【トヨタ新型RAV4】フルモデルチェンジし日本国内でも復活!

1994年、初代RAV4がデビュー。当時は車高の高い4WD車はオフロード向けで「SUV」ということばは浸透していない中、街乗りにもふさわしいデザインのクロスオーバーの誕生は、いわばSUVのパイオニアでした。木村拓哉を起用したCMでも注目を集め、高い人気と販売台数を誇りました。しかし、その後のモデルチェンジで大型化、北米市場をターゲットにしたパッケージングとなったRAV4は、続々と登場するSUVに押される格好となり日本国内での発売を中止しました。
復活を望む声は大きく、日本国内導入が期待されていましたが、ここでついに日本国内発売が正式発表されました。
迫力のあるエクステリアデザイン(外装)にハイブリッドを追加してのフルモデルチェンジ、日本国内のSUV勢力図を塗り替えてくれるのではないでしょうか。

トヨタ新型RAV4について、さらに詳しくは下記の記事をご覧ください。

【スバル新型フォレスター】キープコンセプトでフルモデルチェンジ

北米で最も売れているスバル車はフォレスター、5代目にフルモデルチェンジされました。フォレスターは世界戦略車となるコンパクトSUVで日本国内でも高い人気を誇っています。
今回のニューヨークモーターショーでの発表は、2018年秋に北米で発売開始と伝えられ、日本国内での発売について言及されませんでしたが、ほぼ同時期か少し遅れて国内販売が開始されるでしょう。

スバル新型フォレスターについて、さらに詳しくは下記の記事をご覧ください。

【ホンダ 新型インサイト】クラストップクラスの燃費でフルモデルチェンジ

日本国内では発売が中止されていたホンダのコンパクトハイブリッドハッチバックセダン「インサイト」は、フルモデルチェンジして北米で2018年夏から発売を開始すると発表されました。日本国内での発売については言及されませんでしたが、年内中に日本での販売が開始されると予想しています。
新型インサイトのプラットフォームは10代目現行シビックと共用、現行アコードに搭載される第3世代の2モーター式を採用して、ハイブリッドハッチバックセダンではトップクラスの低燃費を誇るとのことです。

新型インサイトのさらに詳しい情報は下記をご覧ください。

【日産 新型ティアナ】初の4WDを採用してフルモデルチェンジ

日産ティアナは世界戦略車で、北米では「アルティマ」の名称で販売されています。ティアナは6代目にフルモデルチェンジ、世界初の可変圧縮比テクノロジー採用の2.0ℓ直4 VCターボ・エンジンをラインナップに追加、V6エンジン並みのパフォーマンスを発揮しながら高い環境性能を実現しています。また、先進安全技術「プロパイロット」を機能強化して採用、ティアナでは初となる4WD「インテリジェント4x4」もラインナップに加えています。

日産 新型アルティマについてさらに詳しくは下記をご覧ください。

【マツダ新型CX-3】改良型エンジンを搭載しマイナーチェンジ

マツダのコンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を2度目となるマイナーチェンジを行い、ニューヨークモーターショーで発表しました。
今回のマイナーチェンジでは、エクステリア(外装)、インテリア(内装)をブラッシュアップ、質感を高めたほか、SKYACTIV-G 2.0Lガソリンエンジンを改良、乗り心地や静粛性を向上させたとのことです。
マツダの発表では、マイナーチェンジされたCX-3をグローバルに2018年春から順次導入と伝えており、日本国内での発売も早くて4月中には開始される見通しです。

マツダ新型CX-3について、さらに詳しくは下記の記事をご覧ください。

ニューヨークモーターショーについてさらに詳しくはこちら