初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

日産がリーフの中古バッテリーを再利用した外灯を福島県浪江町に設置

2018年3月22日、日産は自社の関連会社「フォーアールエナジー株式会社」と電気自動車リーフの使用済みバッテリーを再利用し、製作した外灯を設置するプロジェクト「THE REBORN LIGHT」を発表しました。外灯は福島県浪江町に開所する4Rのバッテリー再生工場にて製作されます。

日産がリーフのバッテリー再利用した外灯を設置することを発表

2018年3月22日、日産は自社の関連会社、フォーアールエナジー株式会社(4R)と共に電気自動車「リーフ」の使用済みバッテリーを再利用し、外灯を製作する、というプロジェクトを発表しました。

プロジェクト発足の背景には、世界が本格的なEVの時代へとシフトしていくに伴い、近い将来にバッテリーの多量生産・多量廃棄という問題に直面するだろうとの予測があります。

そこで東日本大震災からの復興に向けて新しいインフラを必要とする浪江町が、日産と4Rの協力の元、リーフの中古バッテリーを再利用するというプロジェクト「THE REBORN LIGHT」を実現するしました。
浪江町と日産・4Rは「THE REBORN LIGHT」プロジェクトを発端に、今後の浪江町の更なる活性化と新たな産業の誕生に期待しています。

「THE REBORN LIGHT」は、まず3月26日に福島県浪江町に開所する4Rのバッテリー再生工場にて試作品を試験的に点灯し、その後2018年度内に順次設置場所を増やしていくという予定です。

「THE REBORN LIGHT」のコンセプトムービーはこちら

「THE REBORN LIGHT」の公式ホームページはこちら

日産の新型車についてはこちら

この記事の執筆者

元田 秀この執筆者の詳細プロフィール

車好きのMOBY編集部員。憧れの車はR34 GT-Rで、好きな映画はワイルドスピード。最初の愛車は18の頃購入したキューブキュービック。現在の愛車はレヴォーグ。日々支払いに追われながらカスタムを楽しんでいます。...

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す