初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【投票受付中】Uber完全自動運転車で実験中に死亡事故!自動運転に賛成/反対?

2018年3月、アメリカで大手ライドシェアリング会社・Uberの完全自動運転テスト車両が、歩行者をはねて死亡させるという重大事故を起こしてしまいました。テストドライバーの前方確認不十分やよそ見運転が原因として挙げられていますが、レーダーシステムやテスト方法の改善など、多面的な解決が行われる必要があるでしょう。あなたは完全自動運転についてどう思いますか?

米国でUberの完全自動運転車が実験中に歩行者をはねる事故

事故の瞬間を記録した映像も公開

2018年3月、アメリカで大手ライドシェアリング会社・Uberの完全自動運転テスト車両が、歩行者をはねて死亡させるという重大事故を起こしてしまいました。

動画にはヘッドライトに一瞬照らされる、自転車を引いた歩行者と、テストドライバーの驚く表情が映っています。Uberはアリゾナ州、カリフォルニア州、オハイオ州での完全自動運転車の走行テストを中止しました。

テストドライバーの前方確認不十分やよそ見運転が、事故の原因として挙げられていますが、事故現場は暗く、通常運転であっても横断する歩行者に気づくことは困難にも見えます。

ネットの反応

・これ生身でもよけれんやろ
・私があのビデオの状況なら99%はねてると思ってる
・何だAI悪くないじゃん、これマナーの悪い歩行者が轢かれて死んだだけじゃん
・手動なら防げただろこれ
・動画見たけど、人間が運転していたらハイビームにしていたら避けることが出来た。
・Uber事故、ほかにミリ波レーダーとか赤外線とか積んでなかったのかしらと思う
・人間だったら、事故を起こした人もいるし、起こさなかった人もいる。が、今のUBER自動運転だったら、同条件で100%人を殺すことにある。だから問題になってるんだと思う。
・ああ、歩行者や自転車も道路交通法を守らないと、自動運転車に未来は無いよ
・事故はとても残念だけど、自動運転には頑張って進んで行って欲しい

事故原因について、ネットの声は大きく分けて4つ見られます。

・真っ暗な道に飛び出してきた歩行者が原因
・テスト走行中によそ見をしていたドライバーが原因
・真っ暗な道にも関わらずハイビームにしていなかったシステムまたはドライバーが原因
・Uber車両のレーダーの性能不足


事故原因は究明中のようですが、今回は上記のような様々な要因が合わさって起きてしまった事故とも言えます。今後完全自動運転車を開発するにあたり、事故が起きないようにレーダーシステムやテスト方法の改善など、多面的な解決が行われる必要があるでしょう。

完全自動運転車についてどう考える?

自動運転 コネクテッドカーのイメージ

©Shutterstock.com/ jamesteohart

完全自動運転車の開発においては、完全なシステムだけでなく運転手自身の過失(ヒューマンエラー)が起きる可能性も考慮しなければならないのかもしれません。

現行の自動運転車には、全ての操作や判断を車に任せる「完全自動運転車」はありません。つまり、自動運転車といえどドライバーの注意義務が存在するため、事故を起こした場合は通常の車と同様に、ドライバーにも責任が発生する可能性が高いです。

しかし、現在の交通事故はヒューマンエラーによるものですので、完全自動運転車が公道を走るようになれば事故の大幅な減少が期待できるでしょう。

開発が進められている完全自動運転車についてあなたはどう思いますか?

【みんなの意見】投票受付中!あなたは多数派?

Q. 【完全自動運転は賛成?反対?】事故は残念ですが、未来のために開発を続けるべきでしょうか。

Uberの完全自動運転テスト車両が、歩行者をはねて死亡させるという重大事故を起こしてしまいました。こんな問題が起きてしま...

  • 完全自動運転に賛成
  • 完全自動運転に反対
回答せずに結果を見る
ご回答ありがとうございました。
アンケート結果を見る
Powered by

自動運転についてはこちら

自動運転の新型車・新技術についてはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す