初めて車と出会う人の為の車情報メディア MOBY [モビー]

【米トヨタ】レクサス LSベースの新型自動運転実験車を発表

米トヨタがレクサス LS600hLをベースとした新型自動運転実験車「Platform 3.0」をCESにて発表。全周200mの認識が可能なセンサーを搭載した、スマートなデザインの実験車両です。Platform 3.0の本格的な製作は2018年春から始まります。

レクサス LSベースの新型自動運転実験車「Platform 3.0」

Platform 3.0

トヨタはラスベガスで開催される2018 International CES(2018年1月9日~12日)に、新型自動運転実験車「Platform 3.0」を出展します。

米トヨタの子会社であるToyota Research Institute, Inc.は、業界をリードする性能を持つ自動運転車両開発を目指し、外部認識能力の向上と高いデザイン性を追求しました。

全周200mの認識が可能なLIDARシステム

高性能なセンサーを搭載

「Platform 3.0」はレクサス LS600hLをベースとした実験車両で、全周200mの認識が可能なセンサーを搭載しています。

全周監視においては、レーザー光線を用いて周辺環境の立体的な様子を捉えることができるLIDARシステムを使用。
高解像度のLIDARや短距離LIDARにより、非常に見にくい暗い色の物体や小さな子供、道路上の障害物など、車両の周囲の物体を正確に検知できるようになっています。

センサー類をコンパクトにまとめたスマートなデザイン

オフロードバイク用ヘルメットを模したルーフトップカバー

小さくまとめられたトランク内のコンピュータシステム

トヨタは自動運転に関するセンサーやカメラ類を車のデザインと調和させ、スマートで美しいエクステリア(外装)となるようこだわりました。
実験車両といえど複雑な機器を目立たせないために、部品の最小化やセンサー類のパッケージングに努めています。

ルーフトップカバーも、リアにかけて空力特性も踏まえた流れるようなデザインとなっており、ボディラインとの一体感があります。
このカバーは耐候性・耐温性があり、オフロードバイク用のヘルメットのデザインをモチーフとしています。

「Platform 3.0」の本格的な製作は2018年春から始まります。

トヨタが公開した「Platform 3.0」のイントロダクション

自動運転技術の最新情報はこちら

自動運転車に関する他のニュースはこちら

関連キーワード
キーワードから記事を探す


関連する車種/メーカー
車種/メーカーから記事を探す